スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「川柳川柳 昭和音曲噺 夏のガーコン祭り」(2013年8月15日)

三遊亭わん丈『八九升』
春風亭一之輔『黄金の大黒』
林家彦いち『神々の唄』
  川柳つくし・真打昇進披露口上(のようなもの)
川柳つくし『終焉の地』
  仲入り
川柳川柳『大ガーコン』


わん丈さんは三遊亭圓丈門下の前座さん。『八九升』は圓丈師匠から最初に習ったネタで、他所でやる機会が無いので、ここで演るんだと(笑) 噺そのものは面白かったけれど、ちょっとオチが伝わりにくかったかも(こちらの知識不足によるところが大きい?)。一之輔師匠の『黄金の大黒』は、彼が提唱する“部活落語”の本道を行くモテない男臭さ満載の一席。オチも川柳祭りに合わせたモノになっていて、非常に充実していた。勢いが違うな、やっぱり。彦いち師匠『神々の唄』は新作落語。ウソつきな男とそれに付き合わされる妻の騒動を描いていて、かなり強引な展開を見せながらも、最後には清々しい程に美しいオチへと流れていく。繊細かつ力強いナンセンスな笑いは、これも彦いち師匠ならではの素晴らしい口演だった。

そのまま休むことなく、間も無く真打ち昇進となる女流落語家・川柳つくしさんの真打昇進披露口上の練習の様な催しへ。川柳師匠が真打ちになった頃の話や、彦いち師匠・一之輔師匠の真打昇進時のエピソードなども聞けて、非常に面白かった(語彙が少ないな、どうも)。更に、立て続けに、川柳つくしさんの新作落語『終焉の地』へ。新築一戸建てを購入した中年独身OLに起こった悲劇を描いたもので、これがとにかく下らなかった! もしかしたら、つくしさんは川柳川柳という落語家のことを後世に伝えていく、彦六師匠に対する木久扇師匠の様なポジションになるのではなかろうか……と、思った。川柳川柳師匠は、いつもと同じと言われ続けている『大ガーコン』。以前にDVDで観たときよりも随分と年老いたように思えたが、歌声には張りがあったし、なにより立ち上がってからの動きがカクシャクとされていた!

まだまだ破天荒の落語家・川柳は健在なんだと大笑い、そして感動した。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。