スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「上野広小路亭 立川流広小路寄席」(8月17日)

立川寸志(前座)『寄合酒』
立川笑二(前座)『かぼちゃ屋』
立川吉乃進『肥瓶』
立川獅子丸『高砂や』
立川キウイ『らくご公社』
立川雲水『二人癖』
立川龍志『船徳』
  仲入り
立川こはる『ナースコール(三遊亭白鳥・作)』
立川志のぽん『権助魚』
土橋亭里う馬『富士詣り』
立川談幸『元犬』
立川ぜん馬『黄金餅』


「開場11時半・開演12時」という触れ込みに合わせて、開演15分前くらいに入場したら、既に前座さんの口演が始まっていた。……もしかして、寄席というのは本来、開場時間と同時に前座さんが登場するものなんだろうか? 高座に上がっていたのは、立川談四楼門下の寸志さん。若い衆が酒の肴を持ち寄る『寄合酒』を演じていた。どんなもんかと集中して聴きたかったのだが、チケットを事前に取っていたから予約席に座った方がいいのか、それとは別のルートからチケットを予約している人向けなのか、客席の脇の幕の中で考えているうちに終わってしまった。続いて出てきたのは、立川談笑門下の笑二さん。ネタは、落語スター・与太郎がかぼちゃ売りをやらされる『かぼちゃ屋』。与太郎のヌケっぷりが上手く表現出来ていて、面白かった。続く、立川談幸門下の立川吉乃進さん、立川志らく門下の立川獅子丸さん(ともに二つ目)は、あまり記憶に残らず。悪い印象はなかったと思う。

ここからは真打。立川キウイ師匠は新作『らくご公社』を披露(勝手に命名)。ネットでは「下手」の代名詞として語られている印象の強いキウイ師匠だが、客ウケは悪くなかったし、実際に面白かった。演目は自身の落語ベタを逆手に取った新作(改作?)で、その意味では実力の見えにくい口演だったが、軽妙な語り口で非常に楽しかった。続く立川雲水師匠は上方の落語家さん。演目も上方落語で『二人癖』。二人の男がお互いの口癖を治すために賭けをする噺で、初めて聴いたのだが、とてつもなく面白かった。キウイ師匠が搦め手の面白さなら、雲水師匠はド直球の面白さ。個人的に、三遊亭百生師匠や桂小南師匠など、東京で活動する上方の落語家さんには好きな人が多い。雲水師匠の名前も、その並びにきちんと記録しておかなくては。仲入り前は立川龍志師匠。船宿に居候する若旦那が船頭になると言い始める『船徳』の世界を、しっかりと骨太に演じていた。

仲入り後は、立川談春門下の二つ目、立川こはるさんから始まり始まり。立川流の数少ない(唯一?)女流落語家は何を演じてくれるのだろうと期待に胸をふくらませていたら、これがまさかの三遊亭白鳥原作の新作落語『ナースコール』! どうしようもない新人ナースが巻き起こす騒動を描いた作品で、白鳥師匠特有のウザいくらいのぶりっこキャラが見事に再現されていた。……ちなみに、普段は古典落語を演じてらっしゃるそうです。続く立川志のぽんさんも二つ目の落語家さん。以前、岡山で開催された「立川志の輔独演会」で、前座を務めてらした方である。演目は、田舎者の権助が主人のアリバイ作りのために、あんまり詳しくない魚を買いに行かされる『権助魚』。正直、この演目は、春風亭昇太師匠のイメージが強すぎるため、ちょっと個人的に相性が良くないかなあ……と思っていたのだが、これがなかなか面白かった。志のぽんさんの口演は、はっきりと分かりやすい特徴はないんだけれど、じわりじわりと浸透してくる面白さがあった。いずれ、とんでもない化け方をするんじゃないか。

ここからは再び真打ち。立川流の総領弟子・土橋亭里う馬師匠は、富士詣りにやってきた男たちが山の神に懺悔する『富士詣り』を披露。以前に鑑賞した某快楽亭ブラック師匠のDVDでめったくそにこき下ろされていた時の印象が強い里う馬師匠だが、なかなか聴かせる口演だった。低く、静かに、落ち着いているという意味で、先代三遊亭圓楽師匠のことを少し思い出したな。続けて高座に上がったのは、立川談幸師匠。演目は犬が人間になってしまう珍妙な話『元犬』だ。始まった当初は、やや口調が急ぎ足な印象を受けたのだが、そのテンポに慣れていくにつれて、どんどん噺の世界に引き込まれていった。また、犬の素朴な表情が、談幸師匠の顔に合ってるんだよなあ……。トリを飾ったのは、立川ぜん馬師匠。銭に対する人間の欲望を描いた『黄金餅』を演じていた。これが面白いくらいに、以前に聴いた若き日の談志師匠の口演に似ていた。個人的には、それは単なるモノマネというよりも、むしろ継承であるように思えた……のだが、どうだろう。一度聴いただけでは分かりかねる。いつか、また聴く機会を得られればいいのだが。

同じ一門でありながら、それぞれ個性豊かな立川流一門の面々。いつかまた、観に行きたいもんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。