スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京へ行く。最終日。

午前9時起床。昨夜、狂乱のオフ会を終えてホテルに戻ってくる時間がかなり遅かったので、もう少しゆっくりと眠っていたかったのだが、午前10時チェックアウトだから仕方が無い。両手で頬を打ち、強引に覚醒する。書籍、落語CD、洗濯物など、室内に放り出してあった荷物を無理やりトランクに詰め込んで、午前10時にホテルを退出する。

この日は午後から立川流寄席を鑑賞する予定だったので、広小路亭のある上野へと山手線で移動する。駅のコインロッカーにトランクを収めて、ひとまず朝食を取ることに。駅からすぐのところにある富士そばへ行く。東京に居る間、朝食はずっと富士そばを食べていた。地元ではあまり食べられない立ち食い蕎麦を堪能したかったからだ。四日間、ひたすら蕎麦を食べ続けてきたが、個人的にはそこまで好きにはなれなかった。が、また東京に来た際には、食べに来ようと思う。きっと、こういう味のことを、飽きない良さというのだろう。

食後、喫茶室ルノアールで一息つく。モーニングセットがあることに気付き、悔やむ。

午前11時半、お江戸上野広小路亭にて「立川流広小路寄席」を鑑賞する。名前だけは見聞きしたことがあったものの、音源も映像も未知な落語家さんの口演を御堪能。下手だと聞いていた立川キウイ師匠、土橋亭里う馬師匠も割といい印象が持てたのだが、もしや波長が合っただけだろうか。立川雲水師匠、立川談幸師匠はけっこうハマった。いつかCDを出してくれないものか。

午後5時、吉原を覗く。

なんやかんやで午後8時、東京駅に到着する。何故かは分からないが、高速バスの出発時刻まであと1時間しかない。まったくもって不測の事態だが、とりあえずお土産を探すため、コインロッカーにトランクを預ける。不条理な時間不足に伴い、とにかくお土産の類いを駆け足で探し回るも、うっかり地下のテレビ番組グッズの売店に迷い込む。そのまま各局を探訪。『相棒』の紅茶キャンディだの、『ピカルの定理』のローズキャンディだの、ふなっしーのクッキーだの(何故に日テレフロアに……?)、あれこれ見ているうちに「お時間です」。

午後9時前、乗り込んだ高速バスが出発する。お疲れさん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。