スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』九月十四日放送感想文1(大阪)

■ザンゼンジ529kb/3,212票】※投票2位
二戦一勝、今期初オンエア。コント『問題の指名』。授業中、問題の回答を指名した生徒から「体育の授業中に先生の車のフロントガラスを割ってしまった」と告白された数学教師が、その報復として、分からないというその問題を同じ生徒に当て続ける。数学教師が生徒を追い込むために、強引に理由を付けて指名し続ける理不尽さが笑いどころ。その一方で、「復習ぐらいはしっかりしないとなぁ~!」などの、たまに挟み込まれる状況に即した上手い台詞がいいアクセントになっている。更に、終盤で観客を感心させる仕掛けもあって、高キロバトルも納得の出来……なのだが、個人的にはまったくハマらなかった。あまりにも丁寧に作り込まれているが故に、そのネタの構造が丸見えで、その流れを崩した自己主張が見受けられなかったことが原因ではないかと思われる。そういう状態で見せつけられる感心系のオチは、ちょっと厳しかった。次のオンエアに期待。「いや武田、割っちゃダメなんだよ!」。

■チキチキジョニー【453kb/1,646票】
四戦三勝、今期二勝目。漫才『喜怒哀楽』。ゆくゆくは女優になろうと考えている石原が、本当に演技力があるところを見せつけるために喜怒哀楽を演じ分けてみせる……のだが。「喜怒哀楽を演じ分ける」という前提から、どうしてもネタが四コマ漫画的に展開してしまうために、全体の構成がまる見えになっている。その上で、大きな笑いを起こすことが出来れば良かったのだが、如何せん「米騒動!米騒動!」がそこまでウケなかったため、大きな笑いには至らず。こういうボケがウケるには、もうちょっとベテランの味を身につける必要があるような。「「まくれまくれ!」」

■アイロンヘッド【425kb/1,984票】※投票3位
二戦一勝、今期初オンエア。コント『ふざけてマネするヤツ』。辻井のやることなすこと全てをマネする毛利。野球の試合を始めるくだりに「おおっ!」と思わず感動しそうになったが、その後はただただバカバカしさの応酬。その意味では、ちょっと期待外れではあったけれども、それはそれで良かった。こういうバカなノリは嫌いじゃない。惜しむらくは、ネタが短すぎたところ。もうちょっと見ていたかった。「な~んやお前~」

■ブランケット【461kb/1,430票】
二戦全勝、今期二勝目。漫才『ホスピタル合コン』。最近、変わった合コンが増えているというたくちゃが新しく提案するのは、病院の患者同士による“ホスピタル合コン”。試しにやってみるが……。テーマがなかなか面白かっただけに、もうちょっと病院と合コンを掛け合わせたボケが欲しかった。定番ボケのボイスパーカッションをどうしても入れたかった気持ちは分かるけれど、あそこで切り上げてしまうと、ちょっと病院である必然性が足りない。途中から、合コンの相手がおばあちゃんだけになっているから、余計にそう感じさせられた。発想は面白いので、もうちょっとセンスを色濃く反映すると面白くなるのではないか。「よく呼吸が止まるのでトメ子」

■アルコ&ピース【481kb/4,297票】※投票1位
十二戦九勝、今期二勝目。コント『逆銀行強盗』。銀行員を人質に取っている強盗。二人にピストルを向けている警察に対して、「銃を下ろせ!」と訴えかけるのだが、まったく下ろす気配を見せない。やがて、強盗よりも人質が警察に苛立ちを見せ始め……。とにかく平子のパワフルな演技がたまらない。コント自体は古いネタで、彼らのDVDでも鑑賞したことがあるのだが、その頃よりも格段に迫力が増している。全体の流れは簡単に想定できるのに、それを凌駕するパワーがあった。『THE MANZAI 2012』ファイナル進出は、彼らにとってとてつもない分岐点だったんだとしみじみ思う。「支店長ごめんなさーい」

■今回のオフエア
389kb:ぼーなすとらっく
353kb:マザー
257kb:響
241kb:フリータイム
137kb:千葉チューセッツ

前回の出場でオーバー500を記録した響の連勝がストップ。若者向けのチャラい世界観が大阪の気風には合わなかったか。広島吉本の星、フリータイムはここで初黒星。少しずつキロバトルが上がっていただけに、ここでの連勝ストップは手痛い。他の三組は未勝利組。千葉チューセッツは二回連続で最下位という厳しい結果となった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ザンゼンジはネタの作りがきめ細やかで感動しました。笑いには寂しい感じがありましたが。

アイロンヘッドはホントにバカバカしい感じで何も考えずに笑えました。
別の番組で「居眠りをしている生徒を声量だけで、倒そうとする先生」と言うネタを見たのですがやはりバカバカしかったです。

千葉チューセッツはジャッジペーパーがネタの中身に触れていない……ので、肝心のネタはもうお粗末な物だったのでしょうか。

No title

いやーひっさびさのオンバトだ・・・・待ちくたびれましたw
ここ最近はお笑いに触れる機会が少なかったので寂しかったです。
もうすぐキングオブコントの決勝も放送されるのでお笑い好きとしては楽しみだ。

No title

>甚平者水鳥さん
ザンゼンジのそういうところが、むしろ自分には合わなかったのかもしれません。
…笑えない理由を探すのは難しいです。
アイロンヘッドは面白かったですねえ。次の出場にも期待しております。
千葉チューセッツ…コンビ名はけっこう好きなんですけどねえ。

>タナカ商店さん
これからの季節、お笑い好きは大忙しですねー。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。