スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キングオブコント2013』終了直後の感想

『キングオブコント2013』が終わりました。

今回は、全体的にコントの作品性が求められていた大会だったように思います。大衆ウケを狙った、ただ分かりやすいだけではなく、コントの完成度というか、独自の世界観というか、唯一無二のスタイルというか……まあ、そういうのをひっくるめた作品性が。元々、そういう傾向の強い大会ではありましたが、今回はそれが煮詰まり過ぎたかと。だからこそ、割と大衆寄りなコント師が下位に落ち込んで、一般ウケというよりも猛烈な個性が強いコント師が上位に浮かび上がってきたのではないかと。無論、結果そのものには文句はありませんが、しかし観ている側としては、なんとも疲れる大会でした。お笑いを観ながら疲れる。それでいいのか、どうなのか。お笑いの賞レースとはそういうものなのか。ならば、ゴールデンタイムでの賞レースの盛り上がりのために、笑いの本質は無視されてもいいのか……。“大衆芸能”としてのコントについて、一度考え直す必要があるのではないかという気もした、そんな大会でした。

どうも最近、気持ちが老けてきたように思います。まだ早い、まだ早い……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

notitle

アホな私から見ても、同感です-д-;。今年は、何か 芸人通しビミョーな人間関係が 垣間見たので…。来年こそは、KOC 2010か2009年頃に 戻ってほしいですが…。

No title

THE MANZAIのご陽気さ(50組特番見ましたが、ちゅうえい、篠宮、インディアンス田渕、51位のプラスマイナス岩橋あたりが大活躍でした)とは対極でしたね…。
結果は納得ですが、視聴者に変な視点を広めてしまった玉ちゃんの罪は大きいと思います。

決勝に出た皆さんがさらに注目されるといいです。
うしろシティはまず「負けて笑える芸人になってねぇ~」((c)有吉)からかもしれないですけど。

No title

>宇宙デコポンさん
視聴率も芳しくなかったようです。
一度、原点回帰が必要かもですね。

>冷やかしさん
玉ちゃんは今回、余計なことしましたねーっw
あれでTwitterの一部が変な盛り上がりを見せてまして。
正直、ちょっとどうかと思いましたが。

うしろシティは来年バンガレーッ!

はじめまして

いつも楽しく そして勉強させてもらっています。
失礼なことかも知れませんが、僕は逆にうしろシティのは妥当かなと思いました。
理由はオチがなんかふわっとしていてうまく笑えなかったなぁとおもったからです。
でもここだといろんな理由が聞けて楽しいです
これからも頑張ってください!!

No title

あ、はじめましてです。
大丈夫ですよ、同じことを思いましたからw
あれやっぱりオチを変えたのがいけなかったと思うんですよねえ…。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。