スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』10月12日放送感想文

■BLUE RIVER【433kb/1,812票】
5戦全勝、今期3勝目。漫才『ハロウィン』。秋のイベントといえばハロウィン。子どもになってハロウィンをやってみたり、大人としてお菓子をあげてみたり。見た目の重厚感と同様に、どっしりと地に足着いた喋りが魅力の彼ら。今回もベーシックなネタを、その剛腕でしっかりと見せつけてくれた。ただ、そろそろネタの方にも、個性を見出してほしいかなあ……という欲も少し。彼らが目指している場所はサンドウィッチマンだと思うんだけど、比べると、どうしても内容にクセが無さ過ぎるんだよなあ……あ、もしかして、だから急に下ネタを放り込んできたのか?「毎年、この日が来るのがイヤなんです……」

■ジェラードン489kb2,260票】※投票1位
2戦全勝、今期2勝目。コント『ハチ公前にて』。渋谷のハチ公前で友達と待ち合わせをしていると、異国の言葉で会話しているカップルがやってきて、写真を撮ってくれないかと頼まれる。外国人特有のハイなテンションで徹底的に不条理な言動を取り続けるという、割とありがちなシチュエーションのコント。ただ、その不条理な言動の数々が、じわりじわりと笑いのツボをくすぐるからたまらない。変なタイミングでプロポーズしたのも面白かった。でも、だからこそ、あのちょっとネガティブな後味のオチは、個人的に少し引っ掛かった。決してダメというわけではないんだけれど、ハッピーな雰囲気のままで終わっても良かったんじゃないかなあ……と。「ワオ!マッスル!ワオ!」

■メンソールライト【409kb/2,258票】※投票2位
11戦9勝、今期2勝目。落語『Twitter』。とある立ち飲み屋にて、Twitterでのつぶやきの話をじっくりと。着物姿で高座に上がれば落語というわけではないんだけどね、なんて落語フリーク気取りなことを思いつつ。Twitterでの近況をネタにしていくスタイルは、落語というよりも、落語が始まる前のマクラに似ている(社会を切るようなくだりは特にその趣が)。せっかく落語家じみたスタイルでやっているんだから、落語を聴かせてくれ……と思いつつも、けっこう笑った。前にも言った気がするけれど、メンソールライトのこのスタイルでのネタを見て、奮い立つ落語家さんが出てくればいいのになあ、と思う……のだけれど、なかなかなあ。「結果的に、女の子はちょっと急ぐから肌の露出が多くなることが分かった!」

■わらふぢなるお【389kb/1,060票】
5戦3勝、今期2勝目。コント『タクシー』。とあるタクシーに乗り込んでみると、運転手がとてつもない出っ歯で、言っていることが聞き取りにくい……。「言っていることが聞き取れない→聞き取れる→ボケに気付いてツッコミ」という展開が、かなり好み。ボケそのものの面白さを、ボケに気付けなかった状態が底上げしているというか。出っ歯がニセモノだったと分かってからの展開もなかなか。すぐにバレるウソをつくテキトーさは、オテンキのコントに通じるところがあるかも。時間の都合で後半の展開はけっこうカットされていたみたいだけど、出来ればフルで観たかった。「あ~っ! あれはとんでもない悪口なんでっ!」

■ラブレターズ【453kb/1,939票】※投票3位
10戦5勝、今期初オンエア。コント『飛行機のハンドル』。飛行機の搭乗中、機長がアナウンスで「当機のハンドルがキレイに取れました」と告白し始め……。『オンバト+』では珍しく、ブラックな色合いの強いコント。取れたハンドル、狂った機長、それに踊らされる乗客という笑いどころの見当たらない絶望的な状況にも関わらず、なんだか妙に可笑しいのは溜口のツッコミとしてのポテンシャルが故か。終盤、憎まれ口を叩きながらも、機長の言うことを聞かざるを得ない乗客の姿に笑いが起きていたが、よく考えてみると凄い。普通は笑えないぞ、あのシチュエーションは。「テメェ、助かったら覚えとけよ!」という前向きなセリフが、かろうじて後味を良くしていたが、なかなか攻めたネタだったな。「前傾姿勢!」「はーいっ!!!」

■ボルトボルズ【389kb/966票】
3戦全勝、今期3勝目。漫才『甲子園』。松坂大輔と同世代で、自身も野球をやっていたという弓川。甲子園について熱く語ろうとするのだが、話の内容と動きにズレが……。これまでと同様、言葉と動きのズレを多用した漫才を披露していたが、まさか前半があんなにもウケないとは。甲子園というテーマが伝わりにくかったのか、それとも弓川の動きに観客がついていけていなかったのか。河口のツッコミにも、はっきりと焦りが。しかし、動きを力強くオーバーに表現することで、中盤あたりからどうにか観客を呼び戻すことに成功。なかなか珍しい光景だったな、あれは。ネタのクオリティが落ちているようには見えなかったので、先にネタを演じたランチランチが空気をかき乱したのではないかと勝手に思い込んでいるのだが、実際はどうだったんだろう。「平凡なショートゴロ!」

■今回のオフエア
381kb:ドリーマーズ
301kb:GAG少年楽団
233kb:ランチランチ
185kb:ぼーなすとらっく

今期3勝目がかかっていたGAG少年楽団、残念ながらおあずけ。彼らはここぞというところで調子が落ちるイメージがあるので、早急に復活を願いたいところ。ランチランチはこれで3連敗。『爆笑オンエアバトル』時代の連勝ぶりはどうしたのか? 個人的に好きなコンビなので、こちらもいつかリベンジを果たしてほしい。

■次回
エレファントジョン
カンフーガール
Gたかし
ジグザグジギー(1)
【初】シリフリ
ピーマンズスタンダード(1)
風藤松原(1)
ボーイフレンド(1)
真夜中クラシック
ライス(1)

次回も東京収録。今期3勝目を狙う芸人はいないが、エレファントジョン、Gたかし、風藤松原など、実力者が揃っている印象を受ける。また、ピーマンズスタンダード、ボーイフレンド、ライスなど、若い世代の活躍も気になるところ。個人的に注目しているのは、ちょっと変わった漫才でオンエアを勝ち取ったピーマンズスタンダード。コツコツと連勝を重ねて、じわじわと認知されていくタイプだと思うので、ここはしっかりと勝ち星を増やしたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。