スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『柳家喬太郎のピロウトーク』

柳家喬太郎のピロウトーク柳家喬太郎のピロウトーク
(2013/09/18)
柳家喬太郎

商品詳細を見る

人気落語家、柳家喬太郎がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組『柳家喬太郎のピロウトーク』より、2010年~2011年12月までのトーク傑作選と録りおろし音源を収録したCD。いつもの落語に登場する振り切れたキャラクターそのままのテンションで、師匠の根底にさらりと触れる“ピロウトーク”、三分間の三題噺を即興で創作する“3×3トーク”、師匠の持ちネタ(古典60・新作40)について紹介する“落語大全集”などのトークを展開している。

これまで、観客の前で落語を演じる師匠しか聴いたことがなかったこともあって、ラジオパーソナリティとしての佇まいはとにかく新鮮だった。また、客を相手にしているわけではないからなのか、話の内容が妙に振り切れていて、落語のマクラを更に濃密にしたような話がイチイチ面白い。『食べもの』についての話なんて、落語家としてのエアー蕎麦食いのスキルを存分に発揮、下品だけれどやめられない業の肯定(そんな大袈裟なコトでもない)が如実に語りこまれていて、非常に面白かった。ちょっとしたラジオコントが収められているのも嬉しい。基本、師匠の自虐というか、番組の宣伝というか、その程度の内容なんだけれど、いっちいち下らない。なんだよ『ツンパマン』って! なんか想像しちゃったじゃないか! 。……あ、あと、最初の落語大全集が『諜報員メアリー』だったのには笑った。新作の中でもかなりブッ飛んだネタが一発目って!

柳家喬太郎落語秘宝館3柳家喬太郎落語秘宝館3
(2006/10/30)
柳家喬太郎

商品詳細を見る

↑『諜報員メアリー』収録。

そんなこんなでけっこう面白かったんだけど、編集でトークが細かくカットされているが故の物足りなさも少し。第二弾のリリースも検討中ということなので、次はもうちょっとじっくりトークが聴ける(贅沢をいうと10分超くらい)時間を設けてくれていると嬉しいな。三題噺も落語紹介もコントも楽しかったけど、やっぱりディープな自論が一番面白かったから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。