スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五街道雲助『雲助、悪名一代 芸人流、成り下がりの粋』

雲助、悪名一代 芸人流、成り下がりの粋 (落語ファン倶楽部新書008)雲助、悪名一代 芸人流、成り下がりの粋 (落語ファン倶楽部新書008)
(2013/09/25)
五街道 雲助

商品詳細を見る

立川談志が“江戸の風が吹いている”と評した実力派、五街道雲助の人生を振り返った一代記。雲助師匠は私も大好きな落語家で、朝日名人会シリーズからリリースされている音源の『お直し』(夫の博打によって身を持ち崩した夫婦が最下級の女郎屋を始める噺)を始めて聴いたときは、その壮絶な物語も然ることながら、男と女のどうしようもないおかしみを浮き彫りにした内容に、強い感銘を受けたものである。そんな雲助師匠の人生を振り返っているというのだから、読まないわけにはいかない。というわけで発売直後、近所の書店で速やかに購入して読み始めたのだが、序盤の文章にまず面食らった。

 ピラミッドの頂点を目指して、上へ上へとだんだん狭くなる道を登ってゆくのが世間での「成功」、「成り上がり」です。
 芸人の世界ではどうか。落語は、お殿様から貧乏人、生意気な子どもや絶世の美女から人殺しまで、ありとあらゆる人間を舞台上で演じてみせる商売です。
 ピラミッドの三角の、いちばん広い底まで深くもぐらなければ、そこからでなければ、全部を見ることができない。それで、わたしは「成り下がり」と呼ぶのです。

(本文12頁より)


芸人という職業が一般の人よりも下に見られる立場にある理由を、こうして明確に言葉にしていること、江戸時代に使われていた蔑称“河原者”という言葉を未だに振りかざしている人間が存在する現在、ここまではっきりと、その必然性を説いてくれていること、それに私は思わず感動してしまった。もっと野暮ったい言い方をすると、シビれてしまった。低いところにいるからこそ、一般の世界がよく見える。これは落語家に限らず、全ての芸人にいえることではないだろうか。

本書には、そんな雲助の「成り下がり」な人生が赤裸々に綴られている。そば屋を切り盛りしている両親の元に生まれ、大して構われることなく一人で空想・妄想を繰り広げていた少年時代。教師に「無理だ」と断言されて一念発起、明治大学に入学。落語研究部に入って寄席狂いの毎日。おかげで単位が足りずに、しかし実家を継ぐ気にはなれず、どうしたもんかと考えていた時期に実家が離婚の危機、そのどさくさで落語家になることを許してもらう。五代目柳家小さんに弟子入りしようとするも断られ、次の候補であった十代目金原亭馬生に弟子入り。馬生という落語家を肌で感じる前座修行、飲み屋「かいば屋」で出会った第二の師匠との出会いと別れを経験した二つ目時代、そして真打へ。どこを切っても芸人・五街道雲助を考える上で切り離せない話ばかりで、そのあまりに濃密な内容に、買ったその日に読み終えてしまった。

現在、雲助一門には三人の弟子がいるのだが、いずれも違う亭号を名乗っている。一番弟子は「桃月庵白酒」、二番弟子は「隅田川馬石」、三番弟子は「蜃気楼龍玉」。いつだったか、「古い変わった名前を掘り起こしている」と聞いていて、なかなか面白いことをしているんだなあと感心したものだが、本書にはその真意(のようなもの)も語られていた。

 全員が真打となった記念に、伊勢丹新宿店の写真館で一門写真を撮影してもらいました。
 黒紋付に羽織袴の正装で、四人が彼方を見据えています。
 同じ方向ではなく、みんな少しずつ違うところを。
 これからは、「五街道」一門ではなく、「五街道」×「桃月庵」×「隅田川」×「蜃気楼」の四門として、己の道を行こう、という決意の写真です。
 江戸・日本橋を起点に五つの街道が全国へのびてゆくように。

(本書192頁より)


普段、私は「芸人とはこうあるべき」という言い回しを、決して好ましく感じていない。そういった言い方をする人間が、往々にして自身にとって理想の芸人像をそのまま言葉にしているだけであるように思え、そんな軽薄なことはしたくないと思っているからだ。だが、この本は紛れもなく、“芸人”による最高の一冊であったと断言する。もし、自分がまだ学生だった頃に読んでいたら、間違いなく影響を受けていたことだろう。……これもタイミングか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。