スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠らない夜に泉谷しげる

昭和の歌よ、ありがとう昭和の歌よ、ありがとう
(2013/08/07)
泉谷しげる

商品詳細を見る

今年の紅白歌合戦に泉谷しげるが初めて出場するとのこと。

そんな話を初めて聞いたときは、正直ちょっとビックリした(主に「“初”なの!?」という意味で)。けれど、冷静になって考えてみると、イズミヤは今年『昭和の歌よ、ありがとう』というアルバムをリリースしていて、しかもこれが日本レコード大賞の優秀アルバム賞を受賞している。だから、恐らく今回の紅白出場は、このアルバムに収録している楽曲が披露されるんだろうなあ……と思っていたんだけれど、後になって『春夏秋冬』を歌うことが発表されて、ちょっとズッコケそうになった。結局そこなのね。


『春夏秋冬』は1972年に発表された泉谷しげるの代表曲だ。テレビ番組でイズミヤが歌を披露するというときには、必ずと言っていいほどにこの曲が歌われている。過去にはSION、福山雅治、松崎ナオなどのすんばらしいアーティストたちがこの曲をカバー、現在も70年代フォークを代表する楽曲の一つとして強い人気を誇る一曲だ。私自身、とある音楽番組で福山雅治が『春夏秋冬』を歌っている様子を耳にして、泉谷しげるというミュージシャンに興味を抱くようになったクチである。だから、それなりに思い入れの強い曲でもある。でも、「泉谷しげるが紅白歌合戦という国民的な舞台で、今更『春夏秋冬』を歌う必要があるのか?」という考えも、少し。先にも書いたけれど、イズミヤがテレビで歌う楽曲といえば『春夏秋冬』だと断言してもいいくらい、この曲はメディア媒体で披露される機会が多い。そういう曲を、わざわざこういう場で……と、そんなことを考えてしまうのは、私がゾクブツだからなんだろうか。

とはいえ、この名曲が紅白歌合戦で歌われることで、若い人たちには温故知新の意味で、老いた人たちには懐古の意味で、しっかりと伝わるところには伝わっていくんだったら、それはそれで素晴らしいことじゃないかなーってなことも思ってみたり。……って、わたしゃ関係者か。

突然炎のように!突然炎のように!
(2014/01/08)
泉谷しげる

商品詳細を見る

ちなみに、年明け早々、イズミヤが2012年から自主レーベルで販売していたオリジナルアルバム『突然炎のように!』が、一般流通されるご様子。なんでも、自主レーベル盤をそのまま発売するわけではなく、幾つか楽曲を追加するらしく、そのうちの一曲が『春夏秋冬』の2014年バージョンが収められている予定……って、なんだか狙ったようなタイミング! もしかして、これを売るためにイズミヤがNHKと談合して……?(ナイナイ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。