スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『THE MANZAI2013』決勝進出組の発表!

『THE MANZAI 2013』決勝戦のメンバーが発表された。

ウーマンラッシュアワー(3年連続)
千鳥(3年連続)
東京ダイナマイト【初】
風藤松原【初】
天竺鼠【初】
オジンオズボーン(2年連続)
チーモンチョーチュウ【初】
レイザーラモン【初】
NON STYLE(2年連続)
銀シャリ(2年ぶり2回目)
学天即(2年ぶり2回目)


こうして見ると、なんだか面白いバランスだ。3年連続で決勝進出しているのが2組(ウーマンラッシュアワー、千鳥)、2年連続で決勝進出しているのが2組(オジンオズボーン、NON STYLE)、2年ぶり2回目の決勝進出が2組(学天即、銀シャリ)、そして残りは全て初の決勝進出と。とはいえ、チーモンチョーチュウと風藤松原は以前から評価の高い漫才師として知られていたし、天竺鼠はキングオブコントファイナリストで東京ダイナマイトはM-1ファイナリストとしての実績があるので違和感は無く、そこまで驚くような選出にはなっていない……え? レイザーラモン? まさか、彼らが賞レースの決勝戦に進出するなんて、そんなバカなこと……ホンマや!(明石家さんまトリビュート)

組み合わせはこんな感じ。

【Aグループ】
レイザーラモン、チーモンチョーチュウ、オジンオズボーン、千鳥
【Bグループ】
学天即、風藤松原、銀シャリ、ウーマンラッシュアワー
【Cグループ】
天竺鼠、NON STYLE、東京ダイナマイト、(ワイルドカード)


え? 1組目がレイザーラモン? まさか、彼らが賞レースの決勝戦でトップバッターを選ぶなんて、そんなバカなこと……ホンマや!(明石家さんまトリビュート) と、ついついそこに目がいってしまうけれど、なかなか面白い割れ方になったのではないかと。Aグループはオジンオズボーンが有力候補だと思われるものの、同じグループにいる千鳥の存在が恐ろしい。3年連続で決勝進出、手の内が分かっている彼らが今度はどんな世界を見せてくるのか。浅さと深さの戦いになりそうな予感がします。Bグループは今大会の優勝候補であるウーマンラッシュアワーがとにかく目立つけれど、右肩上がりの学天即、センス重視の風藤松原・銀シャリという対抗馬もなかなかに魅力的。ポスト・アルコ&ピースの登場なるか。Cグループは混沌の様相。剛速球を投げるNON STYLEが強いような気がする一方で、昨年大会では千鳥に負けていることから、天竺鼠や東京ダイナマイト、或いはワイルドカード組に抑え込まれる可能性も否定できません。とどのつまりは読めない。……いつものことじゃねーかっていうツッコミは無視だ!

その大事な大事なワイルドカード枠に挑戦するのは、こちらの方々。

ジャルジャル
和牛
【決】テンダラー
流れ星
【決】磁石
どきどきキャンプ
相席スタート
スパナペンチ
【決】囲碁将棋


9組中3組が決勝進出経験組という、なかなか楽しそうなメンツですね。ジャルジャルとスパナペンチはサーキット上位に1度名前が挙がっていたけれど、もう1つのサーキット戦で評価されなかったみたい。個人的には、こういう場で流れ星の名前を見られることが、けっこう嬉しかったりして。あと、どきどきキャンプの漫才師としての急成長っぷりに、ちょっと驚いた。そういうイメージがまったく無かったのになあ。凄いぞ。もっと凄いのは相席スタート。なんと、今年結成!

と、今年もなんだか波乱の予感がする『THE MANZAI2013』決勝戦の模様は、2013年12月15日午後7時からの放送となるようです。お見逃しなく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

よしもと多いですね…。

No title

風藤松原とオジンオズボーン以外は全組よしもとですね。
確かに多いです。
でも、よしもとの層の厚さを考えると、仕方がないのかもしれません。

改めて見ると、見応えがありそうなメンバー

結果、決勝進出者に20代が一人もいないことが、ちょっと気になりましたが、いざ全組並んだ画を見たときに、「これは見応えがありそうだなあ」と思いました。
個人的には、チーモンチョーチュウ、天竺鼠、東京ダイナマイトに期待しています。

No title

おおっ、それは気付きませんでした<20代が一人もいない
M-1の様な結成年縛りが無いので、仕方がないことなのかもしれませんが…。
若手の高齢化について、改めて考えたくもなります。
チーモンチョーチュウがどう評価されるのかは僕も気になるところです。
ある意味、天竺鼠や東京ダイナマイトより読めません。

No title

個人的に学天即は、何度か生で見たせいか… 右肩上がりというより、 ビミョーに変えないと 来年きびしいかな?と、素人なりに思いますが。。。

流石にノープランではないでしょうw
そこの進展もまた楽しみなところです。

No title

個人的にはやっぱり、オジンオズボーンとあとワイルドカードに回っていますが磁石に行ってもらいたいと思います。

あと、個人的にですが前評判の良かった三四郎とウエストランドが入っていないのはビックリでした。スパナペンチの漫才も面白いのでもしかしたら…。

No title

どうなんでしょうねえ、磁石。
昨年大会からの急降下っぷりが、どうも気になります。
今度出るDVDでしかと確認しなくては…。
三四郎は未確認なのでアレですが、ウエストランドの不在はビックリです。
メタなボケがあんまり評価されなかったのかしら。
スパナペンチは僕も楽しみです。

No title

去年よりも癖が強い人たちが集まったかな?

学天即にはなんとかリベンジしてほしいところです。国民ワラテンワースト記録!!(>A<)

それにしても東京吉本若手勢が今年はなんかふがいないというか
去年は存在感を見せてNHK2冠のトレンディエンジェルはどうしちゃったんでしょうか?

No title

今の学天即なら、きっと大丈夫…な筈です!
トレンディエンジェル、すっかり成りをひそめてしまいましたねえ…。
今年のTHE MANZAIでも、当然の様にいると思っていたんですが。
…ていうか、自分の中からも少し消えかけていたり…。
チャンピオンになったのに露出がないってどういうこっちゃーっ!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。