スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』11月30日放送感想文

■S×L517kb/3,787票】※投票2位
4戦全勝、今期3勝目。漫才『マナー』。先日、図書館に行ったら大きな声で電話をしている人を見かけたという酒井。今度見かけた時にはビシッと注意してやろうと思うので、相方の加藤にマナーの悪い人を演じてもらい、ビシッと注意するコントを始めようとするのだが。ネタの展開はこれまでと同じなのに、いちいち面白い。二人のやりとりも面白いし、時たま加藤さんが酒井さんの私生活での言動を暴露するくだりも外すことなく面白い。やっぱり今期はこのスタイルで乗り切ることが出来そうだ。しかし、終盤の展開では、酒井さんが加藤さんの私生活での言動を暴露する、逆襲を試みる場面を。成功していたかどうかはともかく、そういう変化を加えていこうという姿勢がいい。この先、どう変わっていくのか本当に楽しみなコンビです。「俺が浜ちゃん、お前が松ちゃん」

■ニッチェ【429kb/5,183票】※投票1位
10戦8勝、今期3勝目。コント『海女さん』。彼氏に浮気されてしまった近藤。彼から貰ったネックレスを衝動的に海に投げ捨ててしまうが、すぐさま仲直り。しかし、海に投げてしまったネックレスをどうしたものか……と思案に暮れている彼女の前にやってきたのは、ネックレスをつけた海女さんだった。海女さんの格好をした江上さんがとにかく強烈。ネックレスの入手ルートを追求されるたびに貪欲な感情を剥き出しにする姿は、なんともいえない迫力があった。ただ、ボケの数も展開も少なく、鑑賞後に物足りなさを感じた。正直、最近はネタの完成度という点で、以前よりも格段にパワーダウンしているように見受けられるので、ここらで一つ精進してもらいたいところ(このコントはそもそもちょっと古いネタだったけれど)。「お母さん! あれはカニです……」

■スマイル【445kb/3,451票】※投票3位
6戦5勝、今期3勝目。漫才『歌詞』。日本人の歌の中に歌詞に英語が出てくるものがあるが、日本人なら全部日本語で歌うべきだと主張するよしたか。そこで、様々な日本の歌で使われている英語を、次から次へと日本語に翻訳して歌っていく。漫才としてはかなり手堅いネタ。こういう漫才はソツなくウケるけれど、コンビとしての持ち味が出しにくくもあるように思う。実際、前回のオンエアに比べて、よしたかさんの良さがあんまり活かされていない内容だった。チャンピオン大会を視野に入れて、ネタを温存している可能性も否定できないけれど。ところで、こういうネタで取り上げられている曲が一昔前のモノばかりだと、ちょっと興醒めしてしまうのは私だけなんでしょうか? AKB48とか入れても良かったんじゃないかしらん……。「すごいたましい!」

■ボーイフレンド【413kb/2,027票】
5戦2勝、今期2勝目。漫才『インパクトのある自己紹介』。ただ自己紹介をするだけではなく、もっとインパクトのある自己紹介をしていきたいという黒沼。それを聞いて、宮川が普段から考えているカッコイイ自己紹介ラップを披露し、これを二人でやってみるのはどうだろうかと提案する。本格的なラップをネタに取り入れている時点で、ちょっと好感を抱いてしまう。こういう現代性の強いネタに弱いんですよね。ただ、ネタそのものはまだまだ発展途上。中盤、宮川さんの自己紹介ラップに黒沼さんの中華料理ラップが重ねられてしまうところが聞き取りづらくて、その後のやりとりがいまいちピンとこなかったのが、本当に勿体無かった。あそこは宮川さんが声のトーンを落として、中華料理ラップを聞き取りやすくしないと……偉そうですね。ただ、このスタイルは本当に稀少なので、丁寧にしっかりと育んでいってもらいたい。覚醒の時は遠くない! それはそうとして、楽しそうに漫才するのもいいよね。「俺も八王子だよ!」

■夜ふかしの会【381kb/2,302票】
3戦全勝、今期3勝目。コント『謝罪』。たるんでいる野球部部員に呆れて、怒鳴って練習を早々に切り上げてきた顧問の鬼頭先生。そこで3人の部員がやってきて揃って頭を下げるのだが、先生は許そうとしない。その結果、「宜しくお願いします!」「ダメだ!」「宜しくお願いします!」「ダメだ!」というやりとりが繰り返されることになり……。イチからパターンを作り上げて、そのパターンも中で笑いを創造するタイプのコント。リズムを崩せないからと水が飲めなかったりトイレに行けなかったりして、かなりバカバカしくて面白かったんだけど、ここもニッチェと同様に内容の充実感がイマイチ。設定上、どうしても冗長になってしまう時間があるのが痛いです。ただ、こういう笑いの取り方、個人的には嫌いじゃなかったり。「ばちこい!」

■今回のオフエア
377kb:阿佐ヶ谷姉妹
373kb:こぶし
373kb:チキチキジョニー
353kb:アイデンティティ
353kb:トミドコロ

今期3勝目を狙っていた阿佐ヶ谷姉妹とチキチキジョニーが揃ってオフエア。アクロバットなディナーショー、久しぶりに観たかったなあ。オープニングを仕切っていたトミドコロも、オフエアに。初オンエア以降、勝っては負け勝っては負けを繰り返していたが、これで遂に連敗を経験することに。当たれば大きいアイデンティティ、ちょっと不調気味?

■次回
オテンキ(1)
学天即(2)
巨匠(1)
ケチン・ダ・コチン(2)
ジェラードン(2)
シロハタ
スーパーマラドーナ(3)
【初】煮物女子
ピーマンズスタンダード(1)
メンソールライト(2)

次回は鳥取収録。今期初の4勝目を狙うのはスーパーマラドーナ。『THE MANZAI 2013』決勝進出を逃した悔しさをここで晴らしたい。一方、今年は新人演芸大賞を受賞、『THE MANZAI 2013』決勝進出が決まってノリノリな学天即の名も。この2組がオンエアされるのはもはや決定といっても過言ではない? 個人的に注目しているのはメンソールライト。ちょっと芸風に変化が生じている様な気が……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。