スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』12月7日放送感想文

■煮物女子513kb/2,624票】
初出場初オンエア。漫才『告白の演技』。剛力彩芽くらいの演技なら自分にも出来るというおけちゃん。その演技力を確かめるために、告白のシーンを演じてみることに。とりあえず、センターマイクを準備し忘れたスタッフは、1時間正座。登場から意図しないトラブルに巻き込まれる芸人の辛さを、君たちは分かっているのか! 肝心のネタは、いつかチキチキジョニーが演じていたネタと設定がもろ被り。ただ、内容をおけちゃんのおばさん臭さに絞ったために、より笑いどころが明確になっていたように思う。スパッツ上げて気合入れるくだりは面白かったなあ。若さ故のしっくりこない喋りも、丁寧なネタ運びできちんとカバーしていた。今後の展開次第では、けっこう面白いことになるかも。「なにかしらかゲット」

■ジェラードン【493kb/2,805票】※投票3位
3戦全勝、今期3勝目。コント『サプライズ』。友だちの海野に誕生日ドッキリを仕掛けようとしている二人。綿密に計画を立てて、しっかりと海野を迎え入れる。前半の計画シーンの最中に繰り出された不思議なワードの数々が、後半の本番シーンで大きな笑いへと昇華されていく展開がたまらない。こういうアンジャッシュ的な笑いも出来るトリオとは思わなかったな。ただ、個人的に一番笑ったのは、何の躊躇もなく始まった、独特のハッピーバースデーソング。また不思議な世界に逆戻りするとは思っても居なかったので、再び意表を突かれてしまった。何気に策略家だなあ。「はっぴのばぁすでぇの、とぅーゆー」

■ケチン・ダ・コチン【433kb/3,450票】※投票1位
12戦9勝、今期3勝目。コント『てるてる坊主』。雨降りの中、偶然にも同じ場所で雨宿りをしている男女。不意に女の方が『てるてる坊主』を歌い始めると、男がそれにコーラスを重ねてきて……。前回のオンエアネタ『いい湯だな』と同じパターンのネタだけど、ちょっとパンチに欠ける。新たに加えたハーモニカ演奏も、クオリティとしてはイマイチで、(凄過ぎて)笑えるという領域には達していなかった(相方が吹き始めるくだりも、あんまりウケなかったなあ……)。また、男女の関係性を取り入れたことで、変にロマンス色が強くなってしまったことも、笑いが弱まってしまった理由だろうか。個人的には、それを逆手にもう一捻りして欲しかった。「なかなかのブスだ~よ~♪」

■スーパーマラドーナ【493kb/3,052票】※投票2位
8戦6勝、今期4勝目。漫才『四コマ漫画』。たった四コマで物語を見せて、しかも最後にはオチる……そんな四コマ漫画は凄いと熱弁する武智。そこで今回は二人で協力して、舞台で四コマ漫画を再現してみることに。四コマ漫画をテーマにしているけれど、やっている内容はさほど四コマ漫画である必要性がなかったような……まあ、それは別に良いんだけど。設定が複雑なため、いちいち細かい説明が挟み込まれている点は気になったものの、それを凌駕する笑いの量に改めて感心する。特に後半の畳み掛けは素晴らしい。それまで武智さんの動ききっかけでボケていた田中さんが、今度は自分の動ききっかけでボケられるようになるから、妙に開放感を覚えるんだよなあ。「うーわヤバい遅刻やー!ん?遅刻か?やっぱ遅刻やー!」

■オテンキ【421kb/1,962票】
10戦7勝、今期2勝目。コント『足の怪我』。野球の練習中に怪我をしてしまった江波戸。落胆している彼の前に現れたのは、いちいち下らないボケを放り投げて来る小ボケ先生だった。最近の彼らがハマっている、ちょっと感動路線の入ったコント。ワンパターンのマンネリな展開は、そろそろ新喜劇の領域に突入しようとしているようにすら感じられる。ただ、今回は意図的に感動の時間を長めに取って、あえて小ボケ先生を泳がしてみる展開にシフトチェンジしていた。……あまり効果的に働いていなかったようだが。こういうトリオが一組くらいいてもいい……まあ、正直なところ、この路線には我が家がハマると思っていたんだけども。オチもいつものパターンだけど、あまりにベタ過ぎて笑ってしまった。久しぶりだから忘れてたーっ! 「わかんない」

■今回のオフエア
417kb:学天即
397kb:メンソールライト
309kb:ピーマンズスタンダード
289kb:巨匠
233kb:シロハタ

新人演芸大賞を受賞した学天即がまさかのオフエア。とはいえ、まだまだチャンピオン大会は狙える位置なので、なんとか勝ち上がってほしいところ。メンソールライトは7連勝がストップ。前回のオフエアも鳥取だったというのは、なにやら因縁めいたものが感じられなくも。個人的に好きなピーマンズスタンダード、なかなか勝てないなあ……。

■次回
あばれる君(1)
エリートヤンキー
オキシジェン
ザンゼンジ(2)
【初】自由気まま
タナからイケダ(1)
トップリード(2)
どんぴしゃ(1)
パーマ大佐(2)
や団(2)

次回も鳥取収録。2回連続オーバー500を叩き出している脅威の新人・ザンゼンジを筆頭に、初代『オンバト+』チャンピオン・トップリード、ピン芸の新鋭・パーマ大佐と、注目株が居並ぶ。その他のメンツも実力派揃いで、誰が勝ってもおかしくない。初出場の自由気ままは、松竹芸能所属の男女コンビ。煮物女子に続く大躍進なるか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。