スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』12月14日放送感想文

■エリートヤンキー509kb/1,970票】
6戦3勝、今期初オンエア。漫才『朝の支度を手伝ってくれる装置』。『ピタゴラスイッチ』に出てくる“ピタゴラ装置”の要領で、朝の支度を手伝ってくれる装置があればいいという西島。そんな装置が実際にあればどういう風になるのか、コントでやってみることになったのだが……。とりあえず設定が楽しい。『ウォレス&グルミット』に実際にそういう装置が使われていたけれど、アレを参考にしたんだろうか。漫才コントにも関わらず、同じシチュエーションを何度も何度も繰り返そうとせず。シンプルに一回だけ繰り返す潔さもイイネ。卵を顔にぶつけられた時の橘さんの顔がたまらない。一方、歯磨き中にパンを食べさせられるくだりは、もうちょっと面白くなりそうな気も。あの不快感を上手く表せる表現があればなあ……。「卵は高く!歯ブラシは低く!志は強く!」

■あばれる君【485kb/4,097票】※投票1位
8戦5勝、今期2勝目。コント『監督』。海外での合宿を終えて、いよいよ試合に臨まんとしている高校の野球チーム。しかし、監督がうっかり時差のことを考え忘れていたために、試合に出場することが出来なくなってしまった。その時、監督がメンバーたちに伝えたことは……。取り返しのつかない失敗をしてしまった監督が、どんどん自らの立場が悪くなってしまう行動を取っていたことが発覚していく様子がとにかく面白い。また、こういうどうしようもない人って、実際にいるからなあ。キャンプで生徒たちを丸めこもうとする人間の小ささも、実にたまらない。「先生、さっき大会本部に向けて、勢いで書き殴った怪文書を投函しました!」

■どんぴしゃ【453kb/2,164票】※投票3位
2戦全勝、今期2勝目。漫才『電車のマナー』。電車の中で大音量で音楽を聴きながら歌っている、マナーの悪い人を見たという赤峯。それを聞いた森本は、そういう人を見かけたら自分はちゃんと注意するというので、赤峯をマナーの悪い人に見立てて注意をさせてみることに。福岡出身の漫才師の人って、やっぱりちょっと独特の世界を持っているなあとしみじみ。一つ一つのボケにはそこまで引き込まれなかったけれど、森本さんが醸し出す独特の雰囲気が漫才に味わいを沁み込ませていたような……表現が漠然としているな。王選手、志の輔師匠のモノマネ、美空ひばりなどのワードから否が応でも伝わってくるペーソスさが、漫才本来の面白さとはまた違った良さを引き出していた様に思います。マジメなコメントだ。今は漫才らしい漫才をやっているけれど、いずれ博多華丸・大吉みたいな自身の個性をしっかり反映した独自のフォーマットを開発してくれるのではないか、とか思ったり。「ロマンポルノとかいうな?」

■ザンゼンジ【493kb/2,082票】
4戦3勝、今期3勝目。コント『知らない人』。コンビニから帰って来た武田の前に現れたのは、まったく見覚えのない男。泥棒でもなければストーカーでもない、この男の正体は……? ミステリーというか、サスペンスというか、全体的に緊張感が高まっている状況を笑いに変えていくという、非常にオーソドックスな手法を用いているにも関わらず、その空気はあくまで独特。その原因は、謎の男がどういう目的で武田の前に現れたのか、まったく分からないためだ。理解できない存在ほど怖いものはない。でも、たまに間が抜けているというか、人間臭い瞬間があって、そこで空気がふわっと緩んで、笑ってしまう。同じ事務所の鬼ヶ島に似ているようで、しかし上手く住み分けが出来ている。前回のコント『声変わり』にも舌を巻いたが、今回のコントも面白かった! オチがとにかく素晴らしい。あそこで切っちゃう判断がイイ。チャンピオン大会まであと一歩。「あっ! 土禁か……?」

■タナからイケダ【465kb/2,551票】※投票2位
3戦全勝、今期2勝目。漫才『野球選手の引退・伝令』。引退試合の前に残る選手の前で挨拶するプロ野球選手がやりたいという田辺。池田に協力してもらい、そのシチュエーションをやってみる。一方の池田がやりたいのはベンチからの指示を伝える伝令。今度は田辺に協力してそのシチュエーションをやってみるのだが……。どんぴしゃと同様、こちらもやりとりに妙な味があってイイ。ツッコミの田辺さんが京都出身ということもあって、ちょっと柔らかな物腰で喋っているためだろうか。ネタはそれなり。パーキュットのくだりを推していたけれど、あれにそこまでハマらなかったからなあ。ただ、終盤のペンギンのくだり、あそこは好きだった。田辺さんのペンギンの動きが可愛かったなあ(笑)「田辺! 変身。」

■今回のオフエア
421kb:オキシジェン
397kb:トップリード
333kb:パーマ大佐
293kb:自由気まま
269kb:や団

『オンバト+』初代チャンピオン、トップリードがオフエア。今期は高得点も出しておらず、ちょっと調子が良くないのかも。高得点で無傷の2連勝中だったパーマ大佐は、ここで初めての敗退。チャンピオン大会が一歩遠のいたが……次の挑戦で取り返せるか? 個人的にイチオシのオキシジェンはこれで3連敗。キロバトル数は決して低くないので、きっかけがあれば再びオンエア戦線に舞い戻ることが出来るとは思うのだが……。

■次回
【初】かぎしっぽ
勝又(1)
THE GEESE(2)
ジェラードン(3)
ジグザグジギー(2)
チョップリン(2)
寅人
夜ふかしの会(3)
ラバーガール(2)
レモンティー(2)

次回は茨城県つくば市での収録。チャンピオン大会を目指して、ジェラードンと夜ふかしの会が今期4勝目を狙う。……夜ふかしの会はキロバトルの合計数を考えると、ちょっと厳しいか。2勝組では、THE GEESEを筆頭に、ジグザグジギー、チョップリン、ラバーガール、レモンティーが3勝目を虎視眈々と狙う。注目は未勝利の女性ピン芸人、寅人。こういう時に限って、意外なところがオンエアされるのよねえ。初出場のかぎしっぽはケイダッシュステージの女性コンビ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。