スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『第2図書係補佐』(又吉直樹)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)
(2011/11/23)
又吉 直樹

商品詳細を見る

「読書は僕の中にあるあらゆる欲望を凌駕した」と語るピース・又吉直樹によるエッセイ集。虚実の入り混じった不思議な文章とともに、これまでに又吉が読んできた本について紹介した、異色の本である。批評や解説の様に作品の実像を明確に表そうとせず、読後に感じられるぼんやりとした姿をそのままエッセイに反映することで、その風味を表している。それ故に、エッセイと紹介している作品の繋がりは一見すると希薄だが、『江戸川乱歩傑作選』や『人間失格』(太宰治)、『変身』(フランツ・カフカ)など、時たま作品に対する愛情の深さが感じ取れる文章なども見受けられる。そういった文章を見つけると、一定の距離を保とうという理性を作品を語りたいという感情が乗り越えてしまったように感じられて、なんだかたまらなくわくわくした。

 小説の楽しみ方は色々とあるが、僕が文学に求める重要な要素の一つが、普段から漠然と感じてはいるが複雑過ぎて言葉に出来なかったり、細か過ぎて把握しきれなかったり、スケールが大き過ぎて捉えきれないような感覚が的確な言葉に変えて抽出されることである。そのような発見の文章を読むと、感情の媒体として進化してきた言葉が本来の役割を存分に発揮できていることに感動する。多くの人が、自分との共通点を太宰文学に見出すのも太宰がその感覚に長けているからだろう。

(太宰治『人間失格』の紹介文より)


とはいえ、どちらが優秀かと感じることはなかった。どちらの文章も、とてもお笑い芸人が書いている文章とは思えないほどに、洗練された美しさで溢れていた。この圧倒的な文章力の理由を、安直に“数多くの本を読んでいるから”では片付けられないだろう。本書の巻末には又吉と芥川賞作家・中村文則氏との対談が収載されているのだが、そこで中村氏は「又吉くんには“気遣い”というキーワードもあてはまりますね」と語っている。「又吉くんはきっと優しいんでしょうね。だから、人の空気を汚したくないんですよ」と。これらの美しき文章は、読みやすくて余計な違和感を与えないようにと心がけた、又吉の“気遣い”精神によって生み出されているのではないだろうか。

面白くて、読みやすくて、読後には文章を貪りたくなる。そんな一冊。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。