スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』2014年1月4日放送感想文

■ボーイフレンド497kb/2,073票】
6戦3勝、今期3勝目。漫才『女を落とすテクニック』。「気になる女性を落としたい」という黒沼に、既婚者の宮川が女性を落とすためのテクニックを伝授する。実際に使えそうなテクニックを教え込む宮川と、そのテクニックを見当違いに捉える黒沼のやりとりだけでも成立するのに、更にそれらのテクニックを集約したコントを終盤に持ってくることで、より高い満足感が得られる構成になっている漫才。個人的には品川庄司の『解散』を思い出す。完成度の高い、とても面白い漫才だったんだけど、ボーイフレンドらしさが損なわれていたような気もする。それと個人的に、相方の嫁さんとはいえ、女性のことを「あの程度」呼ばわりしていたのにちょっと引っ掛かった。ありがちなボケではあるけれど、でも、なあ……。「(ファミレスの店員に)おいで……」

■ニッチェ【481kb/4,532票】※投票1位
11戦9勝、今期4勝目。漫才『近藤の誕生日』。もうすぐ誕生日を迎える近藤、江上に「誕生日を祝って」とお願いするのだが、どういう風に祝えば良いのかが分からない……という流れから漫才コントへ。31歳なのに誕生日に一人で家にいる近藤をイジるくだりは、年齢が近い身としては、ちょっと素直に笑えない。年齢ネタって当たり前に横行しているけれど、結婚しない人が増えていると言われている昨今、そろそろデリケートな扱いになっていくんじゃないか。とはいえ、江上のオーバーリアクションには笑ったが。全体的にベタなボケが多く、それを力技で一気に乗り切った感。やっぱり以前に比べて、ちょっとメジャー志向になっているよなあ。それがダメとは言わないけれど、江上の卑屈なボヤキがたまに聞きたくもある。それはそうとして、女を落とす漫才の後で、孤独なアラサー女子の誕生日の漫才って、なんかアレな流れだよな。「トゥーユーの余韻で!」

■ワルステルダム【441kb/3,255票】※投票2位
2戦1勝、今期初オンエア。コント『老婆の強盗』。おばあちゃんが経営している駄菓子屋にやってきたおばあちゃん。その正体は……なんと、売上を狙ったピストル強盗だった! “ヒザが悪いおばあちゃんがピストル強盗”という、コントとしてはありがちな設定の面白さを如何無く引き出した名作。「補聴器」「筑前煮」「コンドロイチン」などのシンプルなワードに加え、お互いが同い年だということが分かった途端に距離を縮めるノリも実にリアルで良い。でも、ピストル強盗。このリアルと非リアルの絶妙なバランス感がたまらない。粗が無かったわけではないが、それを凌駕する面白さだった。人力舎所属とのこと。今年の人力舎は何かが違うな!「愛していたーっ!」

■アルコ&ピース【461kb/1,734票】
14戦10勝、今期3勝目。漫才『万引きGメン』。万引きGメンがカッコイイと思う平子。万引きGメンのコントを始めようとするのだが、万引き犯を演じる酒井の様子がなんだかオカシイ。『THE MANZAI 2012』で披露していた『忍者』のネタを彷彿とさせられる“コント師による漫才”。元来、このスタイルはジャルジャルが得意としていた筈なのだが、すっかり彼らのモノになってしまった。それにしても、規制がユルくなったとはいえ、NHKでよくこのネタをやろうと決意したものである。バカじゃないのか。バカだから出来るのか。嫌いじゃないけど、視聴者投票は見事に最下位だったぞ。その結果も含めて良し、なのか。いやー……しかし、面白かったなあ。「GメンのGはゴリゴリのG」

■ジンカーズ【473kb/2,585票】※投票3位
6戦4勝、今期初オンエア。コント『ねずみ小僧』。全身に怪我を負った先生が、授業の前に話をするという。斉藤くんの給食費が盗まれて、田中くんの給食費が増えていた。どうも、このクラスの中にねずみ小僧がいるらしい……。あからさまにねずみ小僧であることを主張しているビジュアルの樋口が、それでも白を切り通そうとする(切り通せると思っている)姿がなんとも面白い。教師と生徒という関係から、はっきりと名指しすることが出来ない状況が、その面白さを更に強めている。淡々としたやりとりの積み重ねは往年のキングオブコメディを彷彿とさせるが、起爆力という意味では少し物足りない感。ここから彼らがどのような進展を迎えるのか、気になるところ。「先生には全身が見えているよ?」

■今回のオフエア
429kb:ボルトボルズ
369kb:ケチン・ダ・コチン
361kb:Gたかし
333kb:囲碁将棋
317kb:ジャングルボーボー

無傷の3連勝中だったボルトボルズが初黒星。ますだおかだ、アメリカザリガニの後継にはなれなかった……が、これからだ。彼らと同様に今期4勝目を狙っていたケチン・ダ・コチンも、ここで足止めを食らう。視聴者投票の評判は良いのだが。『THE MANZAI』ファイナリストの囲碁将棋、番組になかなか上手くハマれない……。

■次回
ウエストランド(2)
エレファントジョン(2)
学天即(2)
グランジ(2)
THE GEESE(3)
GAG少年楽団(2)
チキチキジョニー(2)
パーマ大佐(2)
BLUE RIVER(3)
メンソールライト(2)

次回は大阪収録。今期4勝目を狙うのはTHE GEESEとBLUE RIVERの2組。どちらも無傷の連勝中。このままチャンピオン大会に一直線か。しかし、今回はいつもと勝手が違う。何故なら、残り8組全てが今期3勝目狙いという、なかなかにとてつもないことになっているからだ。誰が勝っても負けてもおかしくない次回、果たしてオンエア権を獲得するのは一体誰なのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。