スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オンバト+』2014年1月18日放送感想文

■スマイル【421kb/4,527票】※投票2位
7戦6勝、今期4勝目。漫才『生まれ変わったら』。生まれ変わったらなりたいモノについて話をする二人。生まれ変わったら映画俳優になりたいという瀬戸に対し、よしたかがなりたいのはゴリラ……? よしたかの珍妙なキャラクターに対し、オーソドックスな漫才に走りがちなイメージのある彼らだが、今回は一風変わった内容でなかなか面白かった。思えば、ゴリラってお笑い的には使い勝手の良いワードではあるけれど、そこを掘り下げようとする芸人は今までいなかったかもしれない。いい発見だ。ただ、ちょっと掘り下げが甘かったような。パンチがあるテーマなんだから、他の部分を剪定して、もっと話を絞り込んでも良かったような気がする。「お先です~!」

■あばれる君【361kb/4,197票】※投票3位
9戦6勝、今期3勝目。コント『公園』。夜中の公園に出没する露出狂。今日もまた見知らぬ人の前で自らの裸体を晒す……が、その日彼が襲い掛かった相手は、なんと幼い頃に生き別れた母親だった。相変わらずドラマチックにバカバカしい方向へとフルスピードで落っこちていく展開がたまらない。キロバトルが伸びなかったのは、全体的に下ネタの趣が強かったからだろうか。個人的には、家族が大集合してしまう結末から、裁判所への場面転換が堪らなかったんだけどなあ。ただ、露出狂を演じるのであれば、もっと説得力のある服装であってほしかったとも。露出狂といえば、やっぱり裸にコートだよなあ。NHKに配慮したのかなあ。「良かった!コイツは家族じゃない!」

■アルミカン【433kb/3,016票】
初出場初オンエア。漫才『男におごってもらう』。「見た目の悪い方と中身の悪い方」のコンビ、アルミカン。見た目の悪い方こと赤阪が、男にご飯をおごってもらうためのテクニックを中身の悪い方こと高橋に教わるのだが。ビジュアルによるコンビ間の格差を取り入れたネタを演じる女性コンビは少なからず存在するが、その説得力という点において、アルミカンはかなりいいセンをいっている。きちんとモテなさそうな赤阪と、きちんとモテそうな高橋。テーマも二人のビジュアルに合わせたモノになっていて、ちゃんと等身大を理解していることが伝わってくる。ただ、肝心のネタに、その点が反映されていない。松竹芸能の若手に多い傾向だが、小手先のボケで片付けている印象を受けた。そこにどんな血を通わせていくかで、今後の展開を大きく左右するのでは……と思う一方、今回はあくまでも初出場なので、あえて一般ウケしやすいネタを持ってきた可能性も否定できない。とにかく、次が観たい。……ところで、赤阪の髪型はニッチェの江上とカブっているが、それでいいのか?「メガネかけてる方と人間性欠けてる方で覚えてください……」

■うしろシティ453kb4,585票】※投票1位
14戦13勝、今期4勝目。コント『入れ替わる』。ぶつかった衝撃で二人の中身が入れ替わった。このありえない状況に、色々な障害が生じることが予想されたが……。『うしろシティ単独ライブ「アメリカンショートヘア」』に収録されているコント。つまりは観たことのあるネタなんだけど、面白かったなあ。前半はドラマで起こりがちなシチュエーションの裏をかいた笑い、後半は前半をフリとしたギャグの笑い。違うタイプの笑わせ方が、良いバランスで成立している。ちょっとハッスルしている金子の演技も良かったなあ。大声が面白い芸人は良い芸人だ。「納屋!?」

■S×L【437kb/2,910票】
5戦全勝、今期4勝目。漫才『花嫁を奪う』。結婚式で花嫁を奪い去るシチュエーションをやりたいという酒井。相方の加藤を花嫁役にコントを始めようとするのだが、酒井の求めている通りに進めてくれない。これまでにS×Lが演じてきた漫才と比べると、ややパンチが弱い。やりとりの合間で放り込まれる加藤による酒井の暴露もキレがなく、オチもふわっとしていて、全体的に控え目な印象を受けた。酒井が花嫁以外の全ての役を演じる展開も、インパクトはあったものの、笑いには昇華されていなかったように思う。チャンピオン大会を意識して、ネタを温存して変化球に走ったのだろうか。個人的には、むしろネタの後のトークが印象に残っている。「漫才長以外に何か候補はあったんですか?」って、かなり切り込んだこと聞いてたよなあ。あれは凄かった。「マンザイチョウダ!」

■今回のオフエア
357kb:阿佐ヶ谷姉妹
345kb:トップリード
321kb:三四郎
301kb:囲碁将棋
301kb:わらふぢなるお

オンエアされるネタには定評がある阿佐ヶ谷姉妹はこれで二度目の連敗。低く安定しているキロバトル数が、どっかのゲッツを彷彿とさせなくもない。『オンバト+』初代チャンピオン、トップリードは自身初の連敗。叩き上げコント職人の彼ら、ここで終わるわけはないと思うのだが。とりあえず、曲がりなりにも初代チャンプなんだから、言い訳は止めてほしい。次世代の漫才師として注目を集める三四郎と囲碁将棋は揃ってオフエアに。スタイルが定着するまでに時間がかかるタイプ……なのかも。

■次回
エレファントジョン(3)
オテンキ(2)
ザンゼンジ(3)
タナからイケダ(2)
どんぴしゃ(2)
ニッチェ(4)
風藤松原(3)
BLUE RIVER(3)
ボーイフレンド(3)
ボルトボルズ(3)

次回は愛知県春日井市での収録。通常回も残りわずかということで、出場者がどんどん豪華になってきているが……観に行ける人が羨ましいね……次回も今期4勝目狙いが10組中6組という豪華な顔ぶれに。中でも、人力舎の新鋭・ザンゼンジと、前回惜しくも敗退となったBLUE RIVERの結果は気になるところ。一方、風藤松原、ボーイフレンド、エレファントジョンなどの勢いある漫才組の活躍も見ものだ。既に今期4勝をあげているニッチェは、合計キロバトル数の向上を目指しての参戦だろうか。注目は無傷の連勝を続けているタナからイケダとどんぴしゃ。今期3勝目を狙う彼らにも、まだまだチャンスはあるぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うしろシティの2メートル8センチって
実際の最も背の高い女性と同じだったんですね

Re: No title

そうなんですか!
その辺りもちゃんと考えられているんですねえ。
リアリティ大事。

金子さん変な人でしたね(笑)

こんばんは

今回は審査員を務めた回なので少し書きます。
三四郎は難しかったですね。
次回に期待しましょう。マセキの若手漫才師が心配です。

チャンピオン大会の詳細が未だに出ないですよね(´・ω・`)
気になる候補はいますか?THE GEESEやスーパーマラドーナが私は気になります。

No title

>waraさん
ちょっと天然っぽい見た目が、またイイ塩梅なんですよねえ。

>くりりんぱんさん
番組が終わるまでに再戦あるかな?
注目は次にオンエアされたら確実に大会出場だろうザンゼンジです。

お久しぶりです。

終わってしまうのですね、残念です。先程まで知らなかった私が馬鹿です。

No title

オンバトが終わるなんて悲しいです
復活を期待してます

オンバトで 審査員やること が夢だったので、終わるのが、ショックですガ━(ŎдŎ;)━ン。 まぁ、関西は よしもとは ともかく 松竹やとくにケーエープロの芸人にとっちゃは、試練でしょうね。芸人やファンスタッフがエアポケットに陥らなかったらいいと思いますが。

No title

>くりりんぱんさん
久しぶり…? まあ、そこはいいか。
本当に残念ですねえ。終わった後、どうなるんだろう。

>ワライロさん
復活するとなると、それはそれで違和感あるんですよねえ。
個人的に、終わるってんなら、きっちり終わっておくれと思うので。
ただ、新しい若手の受け皿となる番組が…。

>宇宙デコポンさん
僕も審査員やりたかったですねえ…。
これからの若手の行く末が気になるところです。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。