スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラブレターズ単独ライブ LOVE LETTERZ MADE 「YOU SPIN ME ROUND」&ベストネタセレクション』

ラブレターズ単独ライブ LOVE LETTERZ MADE 「YOU SPIN ME ROUND」&ベストネタセレクション [DVD]ラブレターズ単独ライブ LOVE LETTERZ MADE 「YOU SPIN ME ROUND」&ベストネタセレクション [DVD]
(2013/11/27)
塚本 直毅、溜口 佑太朗 他

商品詳細を見る

『ラブレターズ単独ライブ LOVE LETTERZ MADE「YOU SPIN ME ROUND」&ベストネタセレクション』を観る。……長いタイトルだな。

ラブレターズはASH&Dコーポレーションに所属するお笑いコンビである。日本大学芸術学部で知り合った塚本直毅と溜口佑太朗によって、2009年に結成された。坊主頭の方が塚本で、声の高い方が溜口である。結成当初はアマチュアとして活動していたが、2011年にASH&D所属となる。同年、『キングオブコント2011』決勝戦に進出、その一本目で披露した『西岡中学校』が話題を集めた。2014年からは『ラブレターズのオ―ルナイトニッポン0』のレギュラー放送を開始、溜口がそのカリスマぶりを発揮しているとか、していないとか。本作には、そんな彼らが2013年8月12日に東京グローブ座で開催した、6度目の単独ライブの模様が収められている。

ラブレターズに対して強い興味を抱いたことのない私にとって、彼らは未知に近い存在だった。無論、『キングオブコント2011』はリアルタイムで観戦していたし、『西岡中学校』のバカバカしさに大笑いもしたが、そこから彼らの本質を感じることは出来なかった。ただ、個人的に敬愛して止まないシティボーイズを筆頭に、THE GEESEや夙川アトムといったクセモノが居並ぶASH&Dコーポレーションに所属しているという書類上の事実だけが、ラブレターズの存在を印象付けていた。そんな状況下でリリースされた本作。Twitterでの評判も上々で、「是非とも見てください!」とリプライが飛んできたこともあった。おかげで、否が応でも期待せざるを得ない状態になってしまったわけだが……なるほど。確かに、彼らを見る目が変わった。

ラブレターズのコントは危うい。下手に触るとピリッと破けてしまいそうな、張り詰めた緊張感がその世界を包み込んでいる。とはいえ、それは千原兄弟やかもめんたるのコントに見られるような、洗練された表現によるものではない。むしろ、それは愚直なまでにストレートに、観客の前へ差し出される。だからといって、ナンセンスには逃げない。まるで世の中の理をまったく理解していない青臭い若者によるシュプレヒコールの様に、捻りも守りもない素のままの危うさが投げ込まれる。

キラキラネームに対するムカツキをそのまま台本にぶつけたような『My name is…』、ウソの話を病的に作り続けている少年の哀愁がたまらない『ねぇ、聞いて??』、事故死した男が生前の行いのために色んなところを切り刻まれそうになる『天国と地獄』など、どれも実にスリリング。個人的には、『Koji Moriyasu』が印象に残っている。手術を嫌がっている少年の元にメジャーリーガーが訪れるという、ありがちな設定をとてつもなくブラックな内容に改変している。これはキングオブコントでもイケるんじゃないか? それでいて、『BATTLE』の様に、『西岡中学校』を彷彿とさせる音楽ネタもあって、非常に面白かった。

ただ、この本編以上にインパクトがあったのが、同年9月4日に新宿Fu-で収録されたという特典映像、「ラブレターズ ベストネタセレクション」だ。こういうライブでは、その芸人の魅力を大衆に分かりやすく伝えるようなネタが選ばれるイメージがある。事実、この特典映像には、先述の『西岡中学校』や、『キングオブコント2011』二本目で披露されたマスクマンのコント『follow up study』も収録されている。しかし、その存在が霞めてしまうほどに、この特典映像のコントはヤバい。具体的にタイトルを挙げると、好きなクラスメートの話をする少年の闇が舞台を染めていく『あの娘ぼくが笑顔見せたらどんな顔するだろう?』と、友達が出す心理テストが驚くべき真実を暴き出してしまう『Q&A』の二本がヤバい。とんでもない。テレビじゃ絶対に放送できない。でも、『あの娘~』は、『キングオブコント2013』の準決勝で披露されたネタだというのだから、いよいよもってとんでもない。勝負ネタがコレか! 凄いな!

『キングオブコント2014』、ラブレターズはどんなネタをするのか。もう彼らから目が離せない。


■本編(68分)
「オープニングアクト」「My name is…」「…ちょっと待ってて」「ねぇ、聞いて??」「短歌」「…WASHMAN」「BATTLE」「…ためぐち劇場4コマ格言」「Koji Moriyasu」「…オセロ」「天国と地獄」「…陸上水泳大会」「秘密の青春~僕らのPNT大作戦~」

■特典映像「ラブレターズ ベストネタセレクション」(37分)
「西岡中学校」「裏切り白書 ~UNO編~」「あの娘ぼくが笑顔見せたらどんな顔するだろう?」「Q&A」「Discount Man」「follow up study」「数奇な双子の運命」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。