スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『東京03第16回単独公演「あるがままの君でいないで」』(岡山)

『東京03第16回単独公演「あるがままの君でいないで」』岡山公演を観てきた。

会場は岡山駅から徒歩十数分のところにある“さん太ホール”。東京03の単独公演では、もはやお馴染みの場所だ。とはいえ、その会場を包み込むようにそびえ立つ、山陽新聞社のビルの高層にはいつも驚かされる。このビルを見るたびに「都会に来たな」と、田舎者丸出しの感想が思い浮かぶ。ひっそりと私の心を蝕んでいる田舎コンプレックスが、静かに顔を出そうとするから気を付けなくては。

17時開場。ロビーでは、これまた毎度お馴染みのグッズ販売が展開されている。Tシャツ、タオル、ボールペン、クリアファイル、ポスターなどが売られているが、資料性重視の私は、いつもの様に公演CDとパンフレットを購入することにしていた。だが、この時は、更に過去の公演で使われたオープニング曲・エンディング曲を収録したベストアルバム(2枚組)と10周年記念ブックレット(劇団ひとり、おぎやはぎ、バカリズム、バナナマンなどの芸人仲間に加えて、堺雅人や早見あかりがコメントを寄せている!)も売られていたので、こちらも合わせて購入した。結果、1万円近く支払うことになったが、後悔はしていない。多分。

会場内で座席の確認。やや後方ではあるが、ド真ん中の席を取ることが出来た。嬉しい。一度、トイレに立って、しばらくして戻って、じっと開演を待っていると、あることに気が付いた。右隣の席に誰も座っていない。岡山公演のチケットは早々に完売したと聞いている。事実、私は先行予約でチケットを購入した上で、一般販売が始まった直後に某チケットサイトを確認したところ、既に完売扱いになっていた。でも、私の隣に、客はいない。仕事か何かの都合で行けなくなってしまったのだろうか。結局、開演時刻の17時30分になっても、その人は来なかった。何があったのかは分からないが、なんとも残念な話である。

公演の内容については、一応ネタバレを控える。まあ、残っているのは8月30日の北海道公演と9月13日の沖縄公演、東京での追加公演だけなのだが、念のため。ただ、つい昨日酷評した『露骨中の露骨』の様に、粗い内容ではなかった。……正直、今となっては、『露骨中の露骨』に対してあんなに厳しい言い方をすることもなかったような気がしているのだけれども。まあ、ライブで観た時点で「ちょっと粗いな」と感じていたので、仕方ないような気もしている。……何の言い訳だろうな、これは。

シンプルに思ったことをTwitterでツイートしたので、そのまま抜粋する。





敬称略。

19時45分ごろ終演。鑑賞後はお馴染みの握手会。時間が無かったのか、並んでいる人の数に配慮したのか、例年に比べて物凄いスピードで回されていた印象を受けた。本当に、ある程度話すことをまとめておかないと、何も言えないうちに終わってしまいかねないので注意だ。角田さんには「ベスト盤を買った」「オープニング曲が素晴らしかった」、飯塚さんには「具体的には思い出せないけど、面白いコントがあった」、豊本さんには「細かいところでの活躍ぶりが素晴らしかった」と告げた。……なんとなく分かる人もいるかもしれないが、前回の公演での握手会で豊本さんに上手く気持ちが伝えられなかったので、豊本さんに言いたいことを考えすぎた結果、飯塚さんに言うことをまったく考えていなかったのである。ああ、失敗。「『SHOW COM』でコラム書いてるの、自分なんッスよ!」って自慢も出来なかった。……それはしなくて良かった。

22時帰宅。笑い疲れた。楽しかった。以上。観れなかった人はDVDを待て!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

観れなかったのでDVD待ちます!

No title

コメントありがとう! DVDなら追加公演も観られるかも! ウッチャン回とか!
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。