スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“リトルトゥース”たちに混ざって(二日目)

午前11時、起床。

この日は新宿末広亭の昼席(正午~)を観に行く予定だったので、けっこうな寝坊である。それでも、一人で行くのなら、そこまで問題は無かったのだが、9時に人と待ち合わせの約束をしていたのだがたまらない。いや、たまらないのは、待ち合わせている相手の方なのだが。慌てて服を着替えて、ホテルを飛び出す。上野御徒町駅から大江戸線で新宿西口駅へ。早歩きで末広亭に向かうと、待ち合わせ相手のイシダドウロさんがしゃがんで待っていた。その画が面白くて、少し笑う(サディスティック!) 窓口で当日入場券(3,000円)を購入し、中へ。

この日の末広亭は【十代目金原亭馬生 三十三回忌追善公演】を開催しており、高座に上がる落語家は全て先代馬生門下の人たちだった。以下、当日の香盤。なお前座さんは見逃した模様。

金原亭馬吉『子ほめ』(十一代目馬生門下)
天乃家白馬『狸の札』
初音家左橋『目黒の秋刀魚』
浮世亭とんぼ・横山まさみ『漫才』
吉原朝馬『替り目』
金原亭馬好『蜘蛛駕籠』
松旭斉美智・美登『奇術』
金原亭駒三『後生鰻』
金原亭馬の助『小噺・百面相』
むかし家今松『近日息子』
ペペ桜井『ギター漫談』
金原亭馬生『安兵衛狐』
 【仲入】
座談会(朝馬、世之介、馬生、池波志乃、中尾彬)
五街道雲助『新版 三十石』
金原亭伯楽『猫の皿』
和楽社中『太神楽』
金原亭世之介『明烏』


特に良かったと感じたのは、雲助師匠。……ひいき目が入っていることは否定しないけれど、実際に一番ウケたのはここだったように思う。客席が笑いでうねっていた。他に気になった人もいたけれど、忘れてしまった。以前、確か立川談四楼師匠がTwitterで「立川流には(漫才やコントの様な)イロモノがいないのが弱み」とツイートしていた記憶があるが、イロモノさんの登場によって全体のバランスが取れる分、落語の面白さの記憶も合わせてフラットにさせられてしまっている気がしないでもない。漠然とした記憶の中では、どの落語家さんも正しく面白かったようにも思うけれども。ただ、馬の助師匠の落語は、ちょっと聴いてみたいと思ったかな。百面相もメチャクチャ面白かったけれど、そのフリの喋りが凄く軽快で、落語でも聴いてみたいなあと。座談会では、先代馬生師匠の随筆を中尾彬が朗読する一場面が。流石はプロの俳優、さっきまで演芸にまみれていた空間を、一瞬のうちに随筆の世界へと変えてしまった。

16時、イシダさんとお別れ。ミュージックテイトへ移動し、ここでしか買えないと思われる『立川談四楼 大工調べ・抜け雀』『アヴァンギャルド昇々』を購入する。末広亭の袋を持っていたため(手ぬぐいをお土産に買ったのだ)、店番をしている人に「末広亭に行ってきたの?」と尋ねられたので、その話について少し。それから、近くのつけめん屋「麺処 古武士」に行き、遅めの昼食を済ませる。ネギのシャリシャリ感がたまらなく美味しかったけれど、ちょっと店員同士が会話しているのが気になった。せっかく美味しい料理を出しているのだから、そこはもうちょっと控え目に……。

食後、上野のホテルに戻り、休憩。今日はこのまま寝てしまおうかと思ったが、寄席の公演を一回観ただけで東京二日目を終えてしまうことに危機感を覚え、ホテルから歩いてほど近い場所にあるカレー屋「デリー」に出向いて、ドライカレーを食べる。今となっては、鈴本演芸場の夜席にでも行けば良かったのではないか、という気がしないでもない。まあ、そう一日に何本も観るモノでもないような気がするけど、落語って。あ、ちなみにデリーのドライカレーは、これまでに食ってきたドライカレーの中で最も衝撃的な味でした。美味いなんて単純な言葉で処理したくない!

再度、ホテルに戻って風呂に入り、20時ごろ就寝。……するも、寝付けず。思えば、この日は9時間しか行動していない(しかも、そのうち4時間は寄席)のだから、当然といえば当然だ。とはいえ、これといって何処かに行くあてもなく、強引に眠ろうとし続けた結果、寝たり起きたりを翌朝まで続けることになってしまった。困ったもんだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。