スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インパルス単独ライブ 丘の上の木の下で』

インパルス単独ライブ 丘の上の木の下で [DVD]インパルス単独ライブ 丘の上の木の下で [DVD]
(2013/09/04)
インパルス

商品詳細を見る

2012年8月8日・9日に俳優座劇場にて開催された単独ライブの模様を収録。ライブ全体に漂うダウナーな空気が人間の陰湿な部分を笑いに変えるスペシャリスト・板倉の作風と見事に合致していた前作『地下室』(2011年5月開催)と比べると、少し物足りなさを覚える。とはいえ、コントとしてのクオリティそのものが落ちているわけではなく、いつものインパルスを楽しめる一枚になっている。

木で首をくくろうとしている男を止めたホームレスだったが、実は男はブランコを設置しようとしているだけで……『オープニングコント』、悪霊に憑りつかれた少女を救うために派遣されたエクソシストが思わぬ真実と向き合う『悪魔祓い』、ピクニックに出かけるというクラスメートたちをバカにしていた男が、メンバーの中に意中の女性がいることを知って態度を一変させる『ピクニック』などは、いかにもインパルスらしい厭らしさがつきまとっていて、面白かった(※褒めています) 『ピクニック』のオチが、ちょっとイイんだよなあ……。

個人的に好きだったのは『かくしごと』。未成年の息子の部屋でタバコを見つけてしまった母親に頼まれて、帰宅した息子に父親が「隠していることはないか?」と訊ねる……そんな、どこの家庭でも起こり得るシチュエーションを、実にドラマチックに描いている。そのギャップが面白いし、なにより、ありきたりな説教で物事を収めようとしていた堤下演じる父親が激しく戸惑う姿がたまらない。町工場の面接風景を描いた『居たい場所、居るべき場所』(『地下室』収録)を彷彿とさせつつも、まったく違った見せ方をしてみせた秀作といえるだろう。

……と、ここからまとめに入る予定だったのだが、なんとなくパッケージを眺めていると、本編には収められていないVTRがあることに気が付いたので、慌ててチェック。……メニュー画面に「本編再生」と「チャプター」しか表示されなかったら、そりゃ特典映像があるなんて気が付くわけないだろ!(「チャプター」をクリックすると、本編のコントタイトルとともにVTRのタイトルが表示される) 肝心の映像は、堤下扮する幻の昆虫“ツツムシ”を捕獲する様子を追いかけたドキュメンタリー。ライブの幕間に使用された映像をまとめたもので、股間にモザイクが入りっぱなしの堤下が子どもにイジメられている姿を堪能することが出来る。……そのスジの人にはたまらないだろうなあ。

2010年の『村雨~むらさめ~』、2011年の『地下室』からの流れを汲む“3部作完結編”を銘打っている本作(実際は特に繋がりがあるわけではなく、板倉曰く「マネージャーの勘違い」らしい)。次に彼らの新作コントが観られるのは、果たしていつの日か……。


■本編【109分】
「オープニングコント」「エナジーゴールド」「悪魔祓い」「ピクニック」「かくしごと」「特殊能力」「丘の上の木の下で」「VTR 幻の昆虫を探して~森はぼくらのたからもの~」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも楽しく拝見させて頂いております。

「かくしごと」は北野演芸館が初見だったんですが、あまりのクオリティの高さに「KOCの決勝でやったら絶対ハネたのに!」と非常に惜しい気持ちになったのを覚えています(実際2012年の2回戦でやったそうですし)。

Twitterの方で初心者にオススメのお笑いDVDの一つに地下室を挙げられてましたが同感です。
ブラックだったりシニカルなんだけどわかりやすいところがインパルスの魅力だと思います。

No title

コメントありがとう!

僕はこのDVDで『かくしごと』を初めて観たんだけれど、とっても面白かったよ! しずるの能力者のコントなんかもそうだけど、こういうマンガっぽい凄い背景が垣間見えるコントって凄くワクワクするし、なんだか現代的な印象を受けるのがイイんだよねえ(『特殊能力』はそれを逆手に取っていたという意味で上手かったなー)。

Twitterのはその時その時で変わっていくと思うので、あんまり注目されると照れてしまう。ただ、インパルスのコントは、シチュエーションがディープになりがちなのにちゃんとエンターテインメントとしての特性を無視しない絶妙なバランス感覚が、本当に初心者向けでイイなーっと。『取り調べ』から、この基本的なスタンスはまるで変わっていないと思う。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。