スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アニメ映画ベストテン」に参加します。

「男の魂に火をつけろ!」さんが年に一度のペースで開催している映画のベストテン企画。今回はアニメ映画でやっているということなので、幼い頃からアニメ映画が大好きな私としては居ても立っても居られず、参加することにした。……本当はこんなことしている場合じゃないんだけどな!(私的な理由で)

「アニメ映画ベストテン」(男の魂に火をつけろ!)

というわけで、自分なりのベストテンを考えてみた。
 
10位は世界の宮崎駿監督の作品。自分のアニメ映画に対するイメージの基礎を築いているのは、やっぱり『天空の城ラピュタ』なんだよね。物心ついていなかった頃から今に至るまで、もう何十回も何百回も観返している。でも、まったく飽きない。いつも同じシーンを楽しんでいる。……「バルス」のことじゃないぞ。あんな「皆で一緒に盛り上がろう!」みたいなことじゃない。例えば、飛行石を身に着けたパズーが見事に落っこちるシーンとか、海賊のバアさんがハムを食べるシーンとか、そういうさりげないシーンだ。それが飽きない。いつも楽しい。でも、あまりにも思い入れが強すぎるので、ここ。

天空の城ラピュタ [DVD]天空の城ラピュタ [DVD]
(2014/07/16)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る


9位の理由は単純明快、エロいから。ミラージュの脚がエロいから。もちろん、映画としてのクオリティも最高だけど、やっぱり女性キャラクターたちの造形を無視することは出来ないでしょう! ヘレンやヴァイオレットが男のヒーローが履くような黒パンツで暴れ回る姿は、実にたまらないものがあります。ちなみに、同監督による『レミーのおいしいレストラン』も、リングイニと恋に落ちるコレットがエロいです。リングイニがコレットの身体を下から上へと眺めるシーンのエロさは、そんじょそこらのガキには分かるめぇ。

Mr.インクレディブル [Blu-ray]Mr.インクレディブル [Blu-ray]
(2011/07/06)
ディズニー

商品詳細を見る


8位はいい作品なんだけど、DVDが高いからって理由で手元に置いていない作品。本当なら、もう何度でも観返したいところなんだけど、DVD持ってないからそれが出来ない。いっそブルーレイで出してくれれば思い切って買っちゃおうって気になるんだけれど、まったく出る気配がない。同監督による『マイマイ新子と千年の魔法』が話題になったタイミングで出してくれていたら……。あ、作品の話してねーな。単純に説明すると「城の中で知識だけを身につけた姫様が魔法使いに捕らえられてどうこうする話」。とはいえ、いわゆるファンタジー冒険モノではなく、作品全体には凄く静かな時間が流れている。時間の使い方が凄く贅沢で、でも必要不可欠。地味だけど傑作なんだぞ。

アリーテ姫 [DVD]アリーテ姫 [DVD]
(2002/12/21)
桑島法子、小山剛志 他

商品詳細を見る


7位は観ろ。何も聞かずに観ろ。作品そのものは軽やかだけど、それ故に内容の重みが深く突き刺さる。

ハーヴィー・クランペット [DVD]ハーヴィー・クランペット [DVD]
(2005/11/25)
Big Time Entertainme

商品詳細を見る


6位。今敏監督のことは、今でもたまに思い出して、とても悲しい気持ちになる。もっと面白い映画を作ることの出来た人だと思うんだよな。『パプリカ』もサイコーだったし。これから、宮崎駿にも押井守にもなれる監督だったと思うんだよな。一般的には『東京ゴッドファーザーズ』の方がとっつきやすいんだろうけど、映画ならではの重厚感を楽しめのはこっち。鑑賞後に古い邦画を観たくなる。

千年女優 [Blu-ray]千年女優 [Blu-ray]
(2014/02/21)
荘司美代子、小山茉美 他

商品詳細を見る


5位は入れざるを得ない。近年のジブリ作品、より具体的にいうと『コクリコ坂から』以降のジブリ作品は名作しかないと思っているんだけど、その中でもこれは別格。『かぐや姫』という誰もが知っている物語を独自の視点から切り取っていて、鑑賞後はただひたすら胸が苦しくなる。その不条理に、或いは、理不尽に涙が止まらなくなる。他のジブリ作品も泣けるんだけど(特に『思い出のマーニー』は大号泣)、心……というか心臓をえぐられたような気分になる映画は本作だけだった。ジブリの真の怪物は宮崎駿じゃなくて高畑勲なんだなあ、としみじみ。

かぐや姫の物語 [DVD]かぐや姫の物語 [DVD]
(2014/12/03)
不明

商品詳細を見る


4位。これも観ろ。とにかく観ろ。鑑賞後は魂が吠えるぞ。

マインド・ゲーム [DVD]マインド・ゲーム [DVD]
(2004/12/22)
今田耕司、山本精一 他

商品詳細を見る


3位。これもラピュタと同様、ついつい何度も観てしまう作品。まあ、ラピュタほど観返してないけれど。でも、やたらと観てしまう。極端にクセを強調されて描かれたキャラクターたちがあーだこーだと動き回っている姿を観ているだけで、なんだか楽しい。自転車レース出場中に誘拐された孫を救出するために奮闘するおばあちゃん(with飼い犬)という冒険活劇なストーリーもいい。それでいて、ラストシーンが泣けるんだ……。グロテスクで悪質でサイコーに面白い傑作。

ベルヴィル・ランデブー [DVD]ベルヴィル・ランデブー [DVD]
(2007/07/18)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る


2位。とりあえず「なんか映画が観たい」という気持ちを解消してくれる映画。明確な目標はあるけれど、いわゆる熱血系のストーリーにはならず、人々は動いているんだけれど、なんだかローテンションで汗をかかない感じがいい。……そういうトーンだから、あんまウケなかったんだろうか。押しつけがましくないストーリーの向こうに見える世界観がたまらなく愛おしい。僕にとってのオネアミスはそういう映画なのだ。

王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force-The Wings of Honneamise] [Blu-ray]王立宇宙軍 オネアミスの翼 [Royal Space Force-The Wings of Honneamise] [Blu-ray]
(2008/07/25)
森本レオ、弥生みつき 他

商品詳細を見る


1位。冬になると観たくなる。第1弾も好きだけど、あれを夏になったら観たいかというと、そうでもない。でも、この作品は、冬になると観たくなる。色んな方法で冬の寒さが描かれていて、ああ、今年もパトレイバーで冬を感じる季節になったなあ……と思いながら観たくなる。

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]
(2008/07/25)
Windows

商品詳細を見る


まとめ!

1位:機動警察パトレイバー THE MOVIE2(1993年・押井守)
2位:王立宇宙軍 オネアミスの翼(1987年・山賀博之)
3位:ベルヴィル・ランデブー(2003年・シルヴァン・ショメ)
4位:マインド・ゲーム(2004年・湯浅政明)
5位:かぐや姫の物語(2013年・高畑勲)
6位:千年女優(2002年・今敏)
7位:ハーヴィー・クランペット(2003年・アダム・エリオット)
8位:アリーテ姫(2001年・片渕須直)
9位:Mr.インクレディブル(2004年・ブラッド・バード)
10位:天空の城ラピュタ(1986年・宮崎駿)


とにかく思い浮かんだ作品を挙げて、当てはめてみた。ちなみに次点は『立喰師列伝』(2006年・押井守)。

こちらからは以上です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

他にものび太の恐竜、トイ・ストーリー、オトナ帝国の逆襲などは
かなりランクインする可能性が高そうですね。
個人的にピクサーは人間が主人公じゃないほうが面白いと思うんだけどなあ。
あ、でもカールじいさんと空飛ぶ家は面白かったなあ。
人間が主人公の映画としてはこれが一番よかったです。

No title

ドラえもん系は魔界大冒険を候補に入れてたよ。中盤でいきなりエンディングを始めようとするドッキリ演出が好きでねえ…。あー、でも今思い返すと、大魔境とか竜の騎士とかもいいな。ピクサーの人間じゃないパターンのヤツは、個人的には「面白いんだけど…」止まり。ただ『ウォーリー』は候補に入れてた。終盤の展開、ベタに泣いちゃうんだよね。クレしん映画を選ぶなら『オトナ帝国』よりも『ヘンダーランド』かなー。原恵一の人情路線も嫌いじゃないけれど、本郷みつるの白昼夢の様な世界観が好きなんだ。

僕の中ではかぐや姫ですね。ジャパンアニメーションの一つの到達点と感じましたし、この映画に出会えて本当に良かったと心から思えた作品でした。

No title

そうだねえ。誰もが知っている物語だからこそ、映画化することで生じるハードルはかなり高かった筈なのに、見事に飛び越えてきたどころか、とにかく凄かった。やっぱりジブリはスゴい。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。