スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひみつのひでお日記』(吾妻ひでお)

ひみつのひでお日記 (単行本コミックス)ひみつのひでお日記 (単行本コミックス)
(2014/09/30)
吾妻 ひでお

商品詳細を見る

吾妻ひでおの日記マンガといえば『失踪日記』などの代表されるレポート作品が知られているけれど、個人的には本作の様な絵日記形式で淡々と日常の出来事を描いている作品の方が好きだったりする。じゃあ、どうしてそういう作品の方が好きなのかというと、そこには個人の視点しかないからだ。レポート形式のマンガは読者という第三者に伝えることを目的としているため、どうしてもそこに客観的な視点が必要となるんだけれど、日記マンガにはその趣が薄い。ゼロではないけれど。まあ、そういうところが面白くて、ついつい買ってしまうのだ。が、帯に“これが最後の単行本…かも!?”という悲しいお知らせが。なんとも寂しい話じゃないか。感想……は、特になし。理由は先に書いた。他人の日々の綴りの感想を書くほどわたしゃ偉くない(過去作品の感想は書いてるけど!) ああっ、でも「呉智英がダンディ過ぎるぞ」「光代社長が美人過ぎるぞ!(実際美人だけど)」「何の脈絡もなくハライチが!」「ビーグル38懐かしいなオイ」「2014年の日記は画風が『カオスノート』に引っ張られてる!」などのことを思った。以上。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。