スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近観た映画の感想。

愛のむきだし [DVD]愛のむきだし [DVD]
(2009/07/24)
西島隆弘、満島ひかり 他

商品詳細を見る

09年作品。とある理由によって、毎日懺悔を強要するようになった神父の父親・テツに対し、“股間の盗撮”という罪を重ねることでその繋がりを保とうとした少年・ユウ。その行為は狂気的な聖職者たるテツに手を上げさせるほどの激昂を誘い、その暴力にユウは父親の愛を感じていた。そんな日々の中でも、かつて亡き母親に「いつかマリア様のような人を見つけなさい」と言われたことを忘れていなかったユウ。ある日、そのマリア様のような女性と、遂に出会った。たくさんの不良少年たちをボッコボコに叩きのめしていた女子高生、ヨーコである。しかしヨーコは、父親の影響で全ての男性に対して不信感を抱いていた。そんな二人の間に、新興宗教団体「ゼロ教会」信者のコイケも加わり、事態はとんでもない方向へとなだれ込んでいく。園子温監督の映画を観たのはこれが初めてだったが、非常に面白かった。4時間という長大な作品なのに、センセーショナルな映像とシンプルで肉厚的なストーリーでまったく飽きない。また役者の演技も素晴らしい。ユウを演じる西島隆弘の純朴さ、ヨーコを演じる満島ひかりの美しさ、コイケを演じる安藤サクラの狂気、それぞれが思う存分スパークしている。中でも安藤サクラは凄かった。いわゆる美人とはいえないけれど物凄く魅力的で、だけど絶対にお近付きになりたくない。テツが崩壊するきっかけを作った女を演じていた渡辺真起子も凄かったなあ。安藤は火薬庫みたいなキャラクターだったけど、渡辺は完全に爆発していた。板尾創路、岩松了、吹越満など、存在感がキョーレツな役者がところどころで顔を出しているのも、アクセントになっていて良かった。盗撮、勃起、自慰行為など、ちょっと性的な表現が激しいので、そこに嫌悪感を抱かなければ間違いなく楽しめると思う。あ、グロ表現はそこまで激しくないのでご安心を。

もらとりあむタマ子 [DVD]もらとりあむタマ子 [DVD]
(2014/06/25)
前田敦子、康すおん 他

商品詳細を見る

13年作品。東京の大学を卒業し、父親が一人で暮らしている甲府の実家へと戻ってきたタマ子は、外へ働きにも行かず、家の手伝いもせず、何もしない毎日を過ごしていた。そんなある日、父に再婚の話が持ち上がり……。『リンダ リンダ リンダ』『天然コケッコー』『苦役列車』などの作品を手掛けてきた、山下敦弘監督による作品。ストーリーを必要最低限に控え、タマ子を演じている前田敦子の気怠い魅力を映し出すことに専念している印象。とはいえ、いわゆるプロモーションビデオの様な、あざとさや不安定さは感じられない。淡々と過ぎゆく日々の中で、淡々と日々を貪り続けているタマ子のみっともない一年を、しっかりと映画監督の矜持でもって丁寧に撮影している。とはいえ、その圧倒的な日常性が故に、時たま前田の肉体にエロティシズムを感じることも。なるほど、考えてもみれば、エロスというのは常に日常に潜んでいる。

ベイマックス [Blu-ray]ベイマックス [Blu-ray]
()
不明

商品詳細を見る

14年作品。サンフランソウキョウに暮らす14歳の少年ヒロ・ヤマダは、その科学的な才能を持て余し、学校にも行かずに自作のロボット同士で競い合うロボット・ファイトに熱を入れていた。そんなヒロのことを心配する兄のタダシは、彼を自らが所属している工科大学へと連れていく。そこでタダシが開発した介護用ロボット“ベイマックス”や彼の友人たちの研究を目にしたヒロは、この大学に入りたいと願うようになる。ヒロが大学に飛び入りするためには、大学の研究発表会でロボット工学の第一人者であるロバート・キャラハン教授に認められるような発表をして、入学の許可を貰うしかない。そして見事、ヒロは結果を収め、大学への入学を許されるのだが、その研究発表会の会場で火災事故が発生し、タダシとキャラハン教授が亡くなってしまう。大切な人を同時に二人も失ってしまったヒロは意気消沈し、家でふさぎ込むようになるのだが、ふとしたことからベイマックスが起動し……。普通の人間がスーパーヒーローへと変貌を遂げる過程を描いたヒーローアクション映画。『スパイダーマン』『アイアンマン』と重なる場面も多い。調べてみると、なるほど原作はマーベルコミックスとのこと。王道のストーリーを個性豊かなキャラクターや洗練された映像で描いており、とっても魅力的な作品だ。ベイマックスとヒロが空を飛ぶシーンは、サンフランソウキョウという街の広さと良い意味での猥雑さが楽しめて、とても魅了された。広告内容が偏っているということで話題になった作品でもあるが、いわゆるヒーローものとして宣伝されたら、ここまでウケなかったのではないかと思う。何も知らずに、ちょっとした興味だけで鑑賞するのが一番……って、この感想文を根底から覆しているけど、まあ、うん。

LEGO (R) ムービー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付)  [Blu-ray]LEGO (R) ムービー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
(2014/08/02)
クリス・プラット、ウィル・フェレル 他

商品詳細を見る

14年作品。何もかもがレゴブロックで出来た街、ブロック・シティで暮らしているエメットはごく普通の建設作業員。決まった時間に決まったことをする、マニュアルで定められた暮らしに何の不満も抱いていなかったエメットだったが、ある日、建設現場に出来た大きな穴に落っこちてしまい、そこでうっかり“奇跡のパーツ”を手に入れてしまう。その瞬間、単なる平凡な作業員でしかなかったエメットは、世界を救うことが出来る「選ばれし者」になってしまったのであった。“レゴブロックで出来た世界”であることを最大限に利用した映像が、とにかく魅力的。海をレゴブロックで表現しているシーンでは、その美しさに思わず感動してしまった。それに加え、何かを壊して新しい何かを作り出してしまう自由さが、とてもクリエイティブで楽しい。それはレゴブロックの楽しさそのものと通じている、ともいえる。様々な映画の名物キャラクターやパロディも随所に散りばめられていて(あの二人の老人を同じ画面に入れてはいけない!)、その意味でも自由さを感じられる作品だった。しかし、本当に自由だったのは、終盤の展開である。そうか、そうくるか! 楽しくて、バカバカしくて、あらゆる創作を肯定する、全てのクリエイティブに捧げる傑作。素晴らしい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同監督の冷たい熱帯魚は観ましたか。
語りがいがある作品という意味ではこれに勝る作品はありませんよ。
まあ、決して無理には勧めませんが。

レゴムービーはトイストーリー3と内容が少し似ていたような気がします。
大人も子供も楽しめる、そしてメッセージ性的にも完璧な出来だと思いました。

ベイマックスは火災事故が誰の仕業か最後までよくわからなかったのが
ちょっとスッキリしなかったかな。

No title

「園子温監督の映画を観たのはこれが初めてだったが」って書いてあるでしょうが! まだ子供が食べてる途中でしょうが! ……『冷たい熱帯魚』で監督の名前を知ったんだけど、あのストーリーの不穏さから避けていたんだよね。これを機会に監督の作品をちょこちょこチェックしていきたいとは思っているけれど、まだまだ、なかなか。

んー。『トイ・ストーリー3』って、あんなストーリーだったっけ? けっこう前に観たから忘れているだけかもしれないけど、印象はまったく違った気がするんだけどな。

『ベイマックス』、確かにそこはちょっと気になったな。まあ、本当に事故だったんだろう、うん。或いは続編で語られるのか。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。