スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白河の清きに魚も住みかねて

とあるミュージシャンがライブで話したトークが宜しくないってことで、炎上状態になっているという。来るところまで来たか、と思わざるを得ない。テレビに対してクレーム、深夜ラジオに対してクレーム、そして遂にはライブでの発言に対してクレームと。話の内容の是非に関してはとりあえず置いといて、この状況ははっきり言って芳しくない。テレビやラジオによる炎上は、まだ理解できる。電波を通して、誰もが触れることの出来る状況下にあるメディアには、その影響力の強さを背負う責任があるからだ。「大いなる力には大いなる責任が伴う」と言っていたのは『スパイダーマン』だったか。しかし、ライブという場は、極めて密室性の高いものだ。そこにはパフォーマーと観客の信頼関係が築かれている。だからこそ、発言はより軽率で、時に反社会的な内容になってしまうこともある。だが、それらが全て、その瞬間にのみ体感できる一瞬の煌めきと化してしまう……ライブとは本来、そういうものなのだ。ところが、此度それが世間に流出してしまった。もはや、地方ライブでの軽率な発言すら、ネットに蔓延る有象無象どもの格好の餌食となってしまう時代になってしまったのだ。そのうち、寄席で落語家が話したマクラですら、炎上の題材にされてしまうかもしれない。……いや、寄席の客層を考えると、ネットで炎上したところで屁とも思わないだろうが。

ちなみに現在、そのミュージシャンの公式アカウントには、純然たる野次馬たちによる罵詈雑言が多数寄せられている。アメリカが世界の警察なら、彼らはきっとインターネットの警察なのだろう。本件の裏事情をツイートした当事者の身内は反響の大きさに慌てたのか逃亡し、ライブMCの詳細をツイートしたファンは途方に暮れている。盛り上がっているのは(私を含めた)他人ばかりで、なんとも気色の悪い光景である。なんとなく、高橋優の曲を思い出す。
.

「人間でなく二次元が元気なこの国の居心地はどう?」

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

僕はそのミュージシャンのファンで
今回の騒動は言っていることはもちろんよくないことだとは思っているのですが、何だかあまりにもな広がりを見せているのでかなり困惑しています。
ライブの一瞬の煌めきはなくなってしまったのかなと感じました。

自分が傷つかない祭ほど楽しいものはないと聞いたことがありますが、今回もそのミュージシャンを外集団にして、ただ叩きたいだけの人が叩いてるのかなとも感じました。

二次元が元気な社会
何だか言い様のない恐ろしさを感じます。
(余談ですが高橋優さんもファンです。)

No title

おおっ、それはそれは…。どうでもいいようなことで(良くも悪くも)盛り上がれるのはインターネットの「あるある」だけど、最近は本当にそのハードルの低さに驚かされるというか、コピペサイトの扇動も加わって、潔癖な良識をグイグイ押し付けてくる人が多くなってきたなあと。…いや、むしろ炎上の素材を目にするきっかけが増えてきちゃっただけなのかな。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。