スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ENGEIグランドスラム』(5月30日)

ブラックマヨネーズ『格闘技を習いたい』
オードリー『ハワイ旅行』
博多華丸・大吉『ゆるキャラになりたい』
ロバート『シャーク関口ギターソロ教室』
ナイツ『小』
サンドウィッチマン『友人代表スピーチ』
NON STYLE『オオカミ男』
矢野・兵動『漫才』
ピース『ハンサム男爵』
どぶろっく『もしかしてだけど・○○な女』
バカリズム『女子と女子』
笑い飯『オリジナル童話・給食センター』
パンクブーブー『引っ越しの掛け声』
東京03『家族会議』
ウーマンラッシュアワー『漫才』
TKO『裏口入学』
日本エレキテル連合『運命の再会』
フットボールアワー『すぐ焼く』
爆笑問題『コンプライアンス・ゆとり世代とブラック企業』


特に期待するでもなく見てみたら、なかなか面白かった。賞レースでチャンピオンになった経験のある芸人が大半であるにも関わらず、ベテラン特有のマンネリ感が漂うことなく、エンターテインメント番組として不自由なく楽しめたのが良かったな。司会がナインティナインと松岡茉優だったのも好印象の理由だろう。ナインティナインの前に出過ぎない姿勢と松岡茉優の程々に素の状態を見せている感じが、視聴者の気持ちを程々に安心させられていたように思う。ブラックマヨネーズとフットボールアワーの漫才、ピースのコントが懐かしかったな。バラエティで売れちゃうと、なかなかこういう番組で見られなくなるからな。

印象に残っているのは、オードリーとウーマンラッシュアワー。どちらの漫才も観たことのあるネタだったけれど、ところどころに見覚えの無いボケが放り込まれていて、まったく違うネタの様に楽しめた。あと、こういう安定感のあるラインナップに放り込まれた日本エレキテル連合のクセの強さ! 他が手堅かったおかげで、彼女たちの特殊で異常な世界観がより浮き彫りになっていたと思う。あ、あと松岡ちゃんが「(ピースのコントは)女子が絶対に好きなヤツ」とコメントした後に、女子のことを大好きなどぶろっく、女子のことをイジり倒したコントをやったバカリズムと続いたのが、個人的にけっこうツボだった。バカリズムのコントは番組放送後にちょこちょこ批判があったみたいだけど、ああいう女性は男女問わずに苦手とされている気がしないでもない。……ただ、批判されても仕方がないネタだとも思う(笑)

次回の放送は七月に決定済、視聴率も上々だったということで、次回も楽しみだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。