スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『次元大介の墓標』



2014年公開作品。依頼さえ受ければどんな人間でも確実に殺してしまう凄腕の狙撃主・ヤエル奥崎に命を狙われた次元大介の物語。2012年に放送されたテレビシリーズ『LUPIN the Third –峰不二子という女-』がなかなか面白かったので、その流れを汲んでいる本作にはかなり期待していたのだが、少し肩透かしを食らったような内容だった。ストーリーそのものは悪くない。『ルパン三世』ならではの娯楽性に、初期の作品に見られたエロスとカオスが混ぜ込まれている。万人向けではない、大人のエンターテインメントを意識していることがはっきりと伝わってくる。

だが、これを映画として見ると、些か物足りない。次元とゲストキャラクターが対決するストーリーは、過去のテレビシリーズでも何度か見られたパターンなので、それを一時間かけて見せられても、ちょっとした特別篇程度にしか感じられないからだ。物語に膨らみを持たせるために作られたであろう背景も、説明でさらりと流されているので、突貫工事的に付け加えられただけに見える。正直、そこに映画としての厚みはない。(ちなみに、レンタル版は前編と後編に分けられてしまっているので、その中身の薄さが余計に際立ってしまっていた) 余計な背景などを持ち出さず、純粋に、次元と奥崎の戦いだけで展開していれば、もうちょっと印象は違っていたかもしれない。ストーリーに不二子を絡めるために、そうするしかなかったのかもしれないが……。

終盤、ルパン一行の“粋”なやりとりが渋滞していたことも気になった。ある策略によって奥崎を撃退した次元だけで十分にかっこいいのに、その後にああだこうだとかっこつけさせられると、見ている側としては「もうかっこいいのはいいから!」という気分になる。空腹時に食べるファーストフードのポテトみたいなものだ。ちょっとだけ食べる程度だから美味しいのであって、そればっかり食べさせられると、飽きるばかりか苛立ちも覚える。

とはいえ、ラストシーンであの物語への繋がりを感じさせるやりとりが盛り込まれていたのには、やっぱりちょっとコーフンしてしまった。せっかくなので、オマージュに留まらずにリメイクしてくれればいいのに……と思うのだが、どうなんだろうか。

しっかし、クリカンの声も老けてきたな……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。