スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいかげんブルーなレイになってくれ

このブログでは、過去に二度ほどブルーレイの販売形態に対して苦言を呈してきた。

■ブルーなレイにしておくれ(2012年2月25日)
■ますますブルーなレイにさせてくれ(2012年10月26日)

単純にブルーレイ単体でリリースすればいいところを、あえてDVDやブルーレイ(3D)とセット販売にして、ちょっとでも小銭を稼ごうという販売者の姿勢に対し純然たる怒りをぶつけたこれらの記事は、大した反響は得られなかったものの、コレクターとしての意思の表明として、絶対にすべきことであったと今でも思っている。そして、もう二度と、このような哀しい出来事は起こらないようにと、心から願ったのであった。いや、マジで。

ところが、ちょっとややこしい案件が出てきた。

『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』という映画がある。世界中で愛されているキャラクター・ムーミンたちが、彼らが暮らしているムーミン谷を飛び出し、リヴィエラ旅行へと繰り出す姿を描いたアニメーションである。私は本作を映画館で鑑賞したのだが、皮肉と風刺と面倒臭い感情がシンプルに描かれていて、非常に面白かった。日本語版の声優陣がテレビアニメ『楽しいムーミン一家』と同じメンツだったことにも感動した。こういう有名なアニメーション作品には声優改変がつきものなのに、そこを従来のままに押し通した裏方さんたちの活躍には、感謝しかない。有名人枠として呼ばれたさまぁ~ずと木村カエラの声にもさほど違和感がなく(というか、さまぁ~ずに関しては声を当てているキャラクターが当人にしか見えない!)、本当に、心の底から素晴らしい映画だったと断言できる。だから、ソフト化される際には、必ずブルーレイを購入しようと思っていた。

で、先日、その詳細が発表されたのだが……。


↑DVD(豪華版)


↑DVD(通常版)


↑ブルーレイ(通常版)

一見すると、何も問題がないように見える。しかし、大きな問題があるのである。その問題とは……ブルーレイには豪華版が存在しないのである!(2015年6月22日現在) 公式サイトによると、DVD(豪華版)には本編の他に特典映像としてメイキング、スタッフインタビュー、プレミア試写会舞台挨拶などが収録されているらしい。しかし、DVD(通常版)とブルーレイ(通常版)の特典映像には、予告&TVスポット集しか収録されていないらしいのである。

『劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス』に感動した身としては、メイキングやスタッフインタビューは観たい。でも、それを観るためには、DVD版を買わないといけない。しかし、思い入れのある作品だからこそ、高画質・高音質であるブルーレイで手元に置いておきたい。ならば、両方買うか……となると、流石に予算的に都合が悪いし、なにより理不尽で納得できない。選択肢すら存在しないって、どういうことだ!!!

まあ、これから仕様が変更されるのかもしれないけれど、本当にどうなってんだろうな、コレ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。