スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『LIVE!清水ミチコのお楽しみ会“リップサービス”』

LIVE!清水ミチコのお楽しみ会“リップサービス”LIVE!清水ミチコのお楽しみ会“リップサービス”
(2008/09/17)
清水ミチコ

商品詳細を見る

 清水ミチコのライブを観た。言うまでもないが、実際に観に行ったわけではない。ライブDVDが発売されたので、それを購入したのである。いちいち説明するのも面倒臭いが、たまに「ライブに実際に行ったわけでもないのに、偉そうに語るなよ」などと言うバカがいるので、こういうことを書いてみた。そういうことを言いたくなる気持ちは分かりますが、それはそれでDVDに失礼だということを分かっていないんでしょうね。バカだから。映像媒体をバカにするな!

 ……ただ、今回の作品に限っては、ライブを直に観に行ったほうが得だったんじゃないだろうか、とは思った。なんでかっていうと、まあ、単刀直入に言うと……とにかくカットが多いから! 『オープニングの歌』は強制的に早送りにされるし、『LIP SURVUCE』は一部カットされているし(これは同名のCDアルバムを聴けば良いのかもしれない)。その他、具体的には挙げないけれど、カットされているだろうことが予測できるシーンが多く観られた。多分、モノマネの対象となっている人の許可が下りなかったのだろう。或いは、ネタが過激すぎたか。それらカットされた場面を知るためには、ライブに行くしかない。現地主義者の勝利である。無念。

 とはいえ、今作が清水ミチコの本芸を堪能するに足らない作品なのかというと、そんなこともなく。テレビで見かけることのある清水さんの芸よりも、ちょっとだけディープな芸を楽しむことの出来る内容ではあった。まあ、ぶっちゃけた話、元は取れる。ちょっと高い気はするけど。4,500円。4,500円か。4,500円ねえ。うーん……高いよなあ。面白いんだけど、高いよなあ。

 芸は間違いなく面白いんだよ。フランス語の某曲で親子の会話を繰り広げる『イエル・ケ・クク』とか、某有名シンガーソングライターの楽曲を勝手に作るという無礼千万な『リキュールの恋人』とか、ピアノの演奏までも当人に似せてしまうという極上芸っぷりを見せつけている『みっちゃんみちみち ~いもむしごろごろ』とか。単なるモノマネ芸とはちょっと違う、妙な悪意を感じさせられる芸のオンパレード。

 その悪意が頂点に達したような曲が『MY BLACK EYES』『A SONG FOR ME』。前者は、某有名女優の歌唱力をテーマにした楽曲。歌詞の内容も然ることながら、ちょっと歌唱力をアレな感じにして歌っているところが、素晴らしく悪意に満ちていた。わざとアレな感じにしてしまっているところが、実に悪意。後者は、某有名チャリティ番組を意識して作られた楽曲。まあ、とにかく……凄い。ストレートに受け入れると、ただ単に我が道を行ってるだけの様に聴こえるんだけれど、その楽曲が醸し出すチャリティ感(偽善的な感じ?)が凄くて……そこに尋常じゃない悪意を感じるんだな。その悪意が、清水ミチコの(平気でYUKIやCharaや宇多田やUAを歌い上げてしまえるほどの)とてつもない歌唱力で歌われるわけだから、たまらない。

 だから、入り口としては良いと思うんだよね。清水ミチコという芸人のことを知るための。ただ、入り口の割には値段が高いという……ネックだよなあ、そこが。内容はイマイチ(中途半端に収録されている副音声が、イマイチ感を強調)、芸は極上、値段は高め。ある意味、とってもバランスの悪い作品だったかもしれない。む。

・本編(85分)
『タイトル』『会場でのマナー』『オープニングの歌~MC』『私のフォーク・メドレー』『目マン』『アンケート紹介』『LIP SURVICE』『イエル・ケ・クク』『CM』『MY BLACK EYES』『リキュールの恋人』『ロシア賛辞』『みっちゃんみちみち ~いもむしごろごろ』『プカプカ』『スピッツ作曲法』『歌姫メドレー』『A SONG FOR ME』『エンディング』
・特典:副音声(『オープニング』『私のフォーク・メドレー』のみ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

矢野さんが歌う○○シリーズ、細かすぎるモノマネでエハラさんに取られちゃいましたねー
まあいつか二人でハモってやってほしいです

No title

でも、清水さんはピアノの演奏まで似せますから。エハラさんはまだまだです。
いつか二人で共演…するのかしら。清水さんの性格だと、やらなそうな気が…。

No title

以前のブログの丁寧かつ冷静な口調が好きだったのですが
最近はバカとか口調が汚かったり、女芸人に対して卑猥な事を書いたり残念です。

お気持ち、お察し致します。では、こう考えられては如何でしょうか。人間の表情は一面ではありません。家庭での表情、仕事場での表情、友人たちとの表情…色々な表情があるわけです。

つまり、私がこのブログで汚い罵りを口にしたり、猥褻なことを言ったりしているのは、全て人間の多面性を文章で表現するという前衛的試みなんだという…無理がありますか、すいません。

ぶっちゃけた話、冷静な文章を書くのは意外としんどいんですよ。出来るだけ客観的にならなくちゃいけないし、文章に粗があったら情けないことになるし。だから、たまにこういう感情ムキダシなことを書かないと、ややストレス的なものが…オホホ。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。