スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『M-1グランプリ2015』準決勝進出者が決定。

とりあえずまとめてみた。

■M-1ファイナリスト
銀シャリ(05年結成/『キングオブコント』ファイナリスト)
ジャルジャル(03年結成/『キングオブコント』ファイナリスト)
ダイアン(00年結成)
タイムマシーン3号(00年結成/『オンバト+』二代目王者)
東京ダイナマイト(01年結成)
ナイツ(01年結成/『THE MANZAI 2011』準優勝)
ハライチ(05年結成)
POISON GIRL BAND(00年結成)
モンスターエンジン(07年結成/『キングオブコント』ファイナリスト)

■「THE MANZAI」ファイナリスト(※M-1決勝未経験)
囲碁将棋(04年結成)
学天即(05年結成)
スーパーマラドーナ(03年結成)
チーモンチョーチュウ(01年結成)
天竺鼠(03年結成/『キングオブコント』ファイナリスト)
トレンディエンジェル(04年結成/『THE MANZAI 2014』準優勝/『オンバト+』三代目王者)
馬鹿よ貴方は(08年結成)
和牛(06年結成)

■その他
相席スタート(13年結成)
アインシュタイン(10年結成)
尼神インター(07年結成)
かまいたち(04年結成)
さらば青春の光(08年結成/『キングオブコント』ファイナリスト)
笑撃戦隊(08年結成)
セルライトスパ(09年結成)
ダイタク(08年結成)
とろサーモン(02年結成)
メイプル超合金(12年結成)


こんな感じ。こういう賞レースでは確実に食い込んでくる「さらば青春の光」の底力には改めて感心させられる。以前に観たネタは『NASA』だったけど、今はどういうネタをやっているんだろう。あと、地味に気になっているのが「とろサーモン」。大阪では数々の賞を獲っている彼らだが、上京してからはまったくのなしのつぶて。ここらで一つドカンと当てたい。「相席スタート」「尼神インター」「メイプル超合金」など、最近よく名前を見かけるコンビもチラホラ。

さて、勝ち上がったコンビがいれば、負けてしまったコンビもいる。以下、主な敗退組。

■主な敗退組
アキナ
アルコ&ピース
井下好井
エレファントジョン
オジンオズボーン
タナからイケダ
ザ・プラン9
磁石
三四郎
三拍子
スリムクラブ
流れ星
風藤松原
藤崎マーケット
吉田たち
我が家


こちらも、けっこうなメンツが揃っている。とりわけ目立つのは、「アキナ」「アルコ&ピース」「オジンオズボーン」「磁石」「三拍子」「流れ星」といったTHE MANZAIファイナリスト組である。去年のTHE MANZAIファイナリストが今年のM-1で準々決勝敗退……って、根本的な審査基準とのズレを感じずにはいられない。それを否定するつもりはないが、ここでようやくTHE MANZAIが終わってしまったのだという事実を突きつけられたような気がした。あと、M-1ファイナリストの「スリムクラブ」の動きが、どうも気になって仕方がない。『M-1グランプリ2010』で笑い飯との激戦を見せた後、どうもあんまり良い結果が出せていないように感じる。もはや賞レースは眼中にない、というスタンスなら問題無いのだが、純粋に調子が悪いのだとしたら……うーん、心配だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく拝見してます。大分遅れてのコメント申し訳ありません。

準々決勝(東京)を観にいったのですが、僕が見た限りでは、通過者に共通する傾向(「尖った新しい笑い的なネタが通る」とか「オンバト的なネタが通る」とか)はこれと言って感じられず、会場の笑いの量に比例しているようにも感じられず、全く予想できない通過結果でした。敗退組のネタでも、これまでのTHEMANZAIの決勝ネタと遜色ないレベルのものもあったと思います。

「さらば」は1つのツッコミワードを繰り返すようなネタで、「NASA」と似た雰囲気のあるネタでした。菅家さんの仰る通り「底力」を強く感じました。様々なテンプレートを生み出し、且つ、そのネタを確かな技術力で演じきっていて凄いと思います。
「スリムクラブ」は、M-1の時と同じようなネタ(「変人にとまどう内間さん」みたいなネタ)でした。あまり昔と変わっていない(というか変える気が無い?)ように見えました。


大きな笑いをとりながら不合格の方々もいるので、今年の大会に賭けていた人にとっては辛い結果だろうなぁと思います。中々通過基準が見えにくいので、不合格者の「どんなネタ持ってけばいいのか教えてよぉぉぉ」という心の叫びが聞こえてくる気がします。

No title

>不合格者の「どんなネタ持ってけばいいのか教えてよぉぉぉ」という心の叫びが聞こえてくる気がします

どんな賞レースもそういう要素を孕んでいると思うけど、M-1やKOCみたいに影響力の大きい大会だと、余計にそう感じさせられるよね。まあ、結局はTVショーだから、枠組みというか決勝戦の組み合わせのバランスというか、そういう趣も強めに反映されるんだろうけど。結果、今年はああいう決勝戦になったけど、どうなるもんかねえ…。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。