スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『こそこそチャップリン』第8回(2015年11月21日)

■ハリウッドザコシショウ【05】
「古畑漫談」。古畑任三郎を彷彿とさせる衣装に身を包んだザコシショウが、「ハンマーカンマー」などの奇声を上げながら“かめはめ波”を出そうとする。前回と同様、奇妙な言動を繰り広げた後、「ウケようと思った」と意図を説明することで緊張と緩和を生み出すスタイル。このネタは以前に『あらびき団』で観た記憶があるが、当時はしつこさと振り切れた姿が笑いになっていたと思うので、良くも悪くも安牌を取りに行ってしまった感。

■永野21
「TSUTAYAのテーマソング/サイレントコント「ヤンキー少年が親友の死をきっかけに東大に合格するまで」」。お馴染みの勝手に作ってきたオリジナル曲を披露した後で、サイレントコントを披露する流れ。以前にも書いたと思うが、先に手堅い手法の笑いで客の心を掴んでから本来の自身のスタイルを見せる構成に、芸歴の長さをしみじみと感じさせられる。前半はシンプルに、丁寧なフリを無視して極端にアホな内容のことを歌うギャップの笑い。後半は感動ドラマにありがちなストーリーをそのまま演じることで生まれる強引さ(特に「親友の死」から「東大合格を目指して猛勉強」)の笑いと、それらしく流れるBGMの正体が『ギンギラギンにさりげなく』だったことが発覚するギャップの笑いを合わせたもの。動きメインなので、ナマで見ているとまた印象は違ってくるかもしれない。ネタ後のトークで「芸術家肌が残っている」と告白していたのには笑った。

【ふきだまりのコーナー】
インポッシブル、サンシャイン池崎、横澤夏子、アキラ100%、スーパーニュウニュウ、とにかく明るい安村、ニューヨーク、5GAP、ピスタチオ、プー&ムー、マツモトクラブ、お侍ちゃん、うしろシティ。ピスタチオ、一回目から出ているのに選ばれていないプー&ムーにクローズアップ。

■三四郎【09】
「漫才:年とっても漫才してたい」。老人になっても漫才をしていたいという小宮の滑舌が悪すぎて、相方の相田に話がまったく通じていない。三四郎の漫才としては分かりやすいテーマを選んでいるが、それ故に物足りなさが生じている気もする。彼らの漫才の本来の魅力は、特殊なテーマの元に繰り広げられる漫才によってもみくちゃにされる小宮と、その姿をせせら笑う相田のやりとりにあると思うので、下手に分かりやすくない方が良いのではないか。とはいえ、小宮の高い語彙能力は相変わらずで、「囚人のように戻ってくるな!」「導かれる側やるなオイ!」「死んでる人と同じ固さだ!」など、どうかしているワードセンスは実に素晴らしかった。こういう部分を臆せずに出していった方が良いんじゃないか。……しかし、あれだけ客にウケていたのに、この結果というのは意外だ。

■新宿カウボーイ【01】
「漫才:うそ」。嘘をつく人が嫌いだという石沢に対して、かねきよが「私が嘘をつくと顔に出る」と言い始め……。前回のオンエアに比べて、だいぶ内容がシンプルで分かりやすくなったように思う。それでいて、かねきよの鬱陶しさとバカバカしさがちゃんと表現されていて、漫才のクオリティは間違いなく上がっていた……筈なのだが、どうしてこの結果になってしまったのか。途中、二人が顔芸に走ってしまうカオスな流れを、受け入れられない人が多かったのだろうか。それにしても、ここまで受け入れられないというのは、なんとも不思議だ。いや、審査員が30人だけで、そのうち29人が否定するという流れは有り得ないことではないか……。

次回の出演者は、うしろシティ、永野(1週勝ち抜き)、ニューヨーク、プー&ムー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ウケてた、と書いてありますが編集で笑い声を入れてる場合もありますからね…。
今回の結果を見て、スタジオの空気が良くなかったのかな、と思います。以前オンバトの審査員をやったことがあるんですが、ネタ順も含めて考えると、スタジオの空気によって審査が左右されてしまうんですよね。それで、帰宅途中に「この芸人を受からせてよかったのかな?」と思う時が出てくるんですよ。だから、瞬時にちゃんと審査するのは割りと難しいと思います。4本撮りというのもネックになっている(徐々に審査の基準が曖昧になってくる)と思いますし。
オンバトとは違うところは、審査も公開してるところですかね。ニコ動のコメントを見てると、納得がいかないとか書いてあるんですが、そのときのスタジオの空気は実際に行ってみないとわからないもんですからね。
長文失礼しました。

No title

あー、番組収録はそういうことがあるよね。ややこしいな。まあ、この納得できない気持ちも含めての、こういう番組だとは思うんだけどねえ。先日もうしろシティが…うーん…納得できない…できないが、まあ…うーん…
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。