スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『そこそこチャップリン』(2015年12月27日)

ニッチェ「踊る親友」
ロッチ「ハラオドリスク」
ブルーリバー「自転車の乗り方」
オジンオズボーン「桃太郎」
しゃもじ「ラーメン屋」

【ふきだまり芸人】
スーパーニュウニュウ
アキラ100%
サンシャイン池崎「手品」
ハリウッドザコシショウ「ハンマーカンマー」

東京03「万引きの謝罪」
ヤーレンズ「病院」
ジャングルポケット「テープカット」
ナイツ「素晴らしき師匠」
オテンキ「小ボケ先生」

【ふきだまり芸人】
うしろシティ「テンションのピークを間違えたアントニオ猪木」
マツモトクラブ「ボウリングモニカ」
ジグザグジギー「ジュースで乾杯」
お侍ちゃん「江戸時代のアントニオ猪木」

ハライチ「スープ」


「こそこそチャップリン」から勝ち上がった5組を含めた、全11組によるネタ番組。やたらと攻めたネタ選びだったニッチェと、あまりにもいつも通り過ぎてキングオブコントの記憶が宇宙の彼方へと消え去ってしまいそうだったロッチの不穏な雰囲気に最初は不安を覚えたが、以後はそれなりにまとまっていて、ちゃんと楽しめた。印象に残っているのは、いつでもどこでも確実に笑いを重ねる安定感は流石なブルーリバー、ここぞという舞台でどうして仕掛けで笑わせるタイプのネタを持ってきてしまったのか分からないしゃもじ、何年も前のネタなのに角田・豊本の技術の向上で更にバカバカしさが増しているように見えた東京03、ニッチェと同様に攻めたネタ選びだったのにそれがさも当然のことであるかのような妙な説得力に満ちていたジャングルポケット、なんだかんだでやっぱりちゃんと面白いハライチ。ハライチといえば、ああいう構成にするのであれば、ピースのネタも観たかったよなあ……という気持ちも少なからず。又吉が大忙しなのは分かるけど、たまには彼らのなんともいえないコントが観たい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。