スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『髭男爵 inエンタの味方! 爆笑ネタ10連発』

髭男爵 in エンタの味方! 爆笑ネタ10連発髭男爵 in エンタの味方! 爆笑ネタ10連発
(2008/10/29)
髭男爵

商品詳細を見る

 髭男爵の漫才が面白いということは、彼らが二度もM-1グランプリで準決勝に勝ち進んだ経験があることから、容易に想像できることだ(うち一回は「ショートコンツェルン」だったけど)。ただ、髭男爵の漫才の流れは、どの漫才においても殆ど同じであるため、如何せん、新しいネタを作ることが難しくなってしまう。結果、完成されていた当初の形式に、余計なものを色々と付け足してしまい、劣化させてしまうようなことも起こってしまう。

 そのことを考えると、この『エンタの味方!』の一コーナー“自由研究”の「定期的に番組が提示するテーマに合わせたネタを披露する」というルールは、髭男爵には適切だと言えるのかもしれない。短期間で新ネタを作るという無茶を要求されているので、少なからず視聴者のハードルが下がっているからだ。だからなのかは分からないが、このDVDに収録されている彼らのネタは、他所の番組で披露されているものよりも、かなり実験的だ。

 例えば、本作には髭男爵がワイングラスを持たないネタが収録されている。代わりに、ひぐち君が分厚い古書を片手にする読み物漫才を披露したり、「セクシーオリンピック」というショートコントを披露したりしている。後者は単にフザけているだけの様な気がするが、前者は髭男爵なりに新基軸として編み出している感がある。男爵がツッコミを入れるたびにページを破っていくスタイルは、ちょっとどうかと思ったけれど。

 それ以外にも、ひぐち君が犬に扮して舞台狭しと動き回り、男爵がツッコミを入れるたびにひぐち君から預かったワイングラスを一人で鳴らすスタイルの漫才や、ひぐち君が貴族あるあるを作ってくるというネタなどが披露されている。関東ローカルの深夜番組だからって、さすがに色々やりすぎな気がしないでもないが……彼等なりに切実なのだろう。うん。

 このDVDシリーズは、来年の春に第二弾を発売する予定らしい。その頃までに、髭男爵は新基軸を見つけ出すことが出来るのだろうか。ショートコンツェルンの一年後に貴族漫才のスタイルを開拓した彼らなら、何かを見つけ出すことが出来そうな気はするが……とりあえず、男爵の貴族じゃない部分を晒すスタイルに逃げるようなことはしないでもらいたい。うん。

 ちなみに、特典映像に収録されている「Piccolo Live」のネタは、ショートコンツェルン。そもそも、このショートコンツェルンネタがM-1グランプリで評価されたことがきっかけで、現在のポジションまで登りつめることが出来た彼ら。相変わらず、面白い。

 追記。拍手コメントさんによると「セクシーオリンピック」は結成当初のネタらしいです。うーん。なんというか、凄いネタをやっていたんだなあ。


・本編(53分)
『出会い』『期待はずれ』『結婚』『青春』『2008(未放送)』『夏休み』『過ち』『夜』『運動会』『昔話(未放送)』
・特典映像(26分)
『正しい髭男爵のススメ』『Piccolo Liveネタ(未放送)』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。