スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マシンガンズ inエンタの味方! 爆笑ネタ10連発』

マシンガンズ in エンタの味方! 爆笑ネタ10連発マシンガンズ in エンタの味方! 爆笑ネタ10連発
(2008/10/29)
マシンガンズ

商品詳細を見る

 今年に入ってから盛り上がってきたショートネタブームの中で、じんわりとその芸風が評価されてきているコンビ、マシンガンズ。『爆笑レッドカーペット』では、女性に対するボヤキをコンビ名通りのマシンガントークで繰り出し、人気を得ている。

 そんなマシンガンズが『エンタの味方!』の第二期メンバーに、髭男爵・三拍子とともに選出されたという話を聞いたときは、正直、無茶な話だと思った。当時のマシンガンズの、女性に対するボヤキ以外のネタを見たことがなかったので、すぐに行き詰ってしまうだろうと高を括っていたのだ。

 ところが、マシンガンズのボヤキネタの幅は、僕の想定範囲をあっさりとブチ壊していった。彼らのボヤキは女性だけではなく、居酒屋のバカな客、同窓会の席での無神経な同級生、ホラー映画でバカな行動を起こす登場人物に至るまで、様々な事物をターゲットにしていた。今年で結成十年目になるマシンガンズ。長く売れなかった時代の鬱屈とした憤怒を、溜め込んだ分だけ、どんどん漫才として吐き出している様だ。

 その中でも、強烈なインパクトを感じさせたのが『2008』をテーマにしたボヤキ漫才(未放送)。テーマ通り、2008年の出来事に関するエピソードをボヤきまくっていたのだが、これがとにかく面白かった!

 最初はいつものマシンガンズのノリで、日常のボヤキを繰り出すんだけど、それが、だんだんと笑える批判へと展開していくんだよね。平和の祭典であるオリンピックでの暴動という矛盾をボヤき、船場吉兆の関係者たちの無茶苦茶な言動をボヤき(裏切った従業員を「運んだのはお前だろ!」は味わい深いボヤきだった)、X JAPANを巡るネタばらし的な報道を笑っていく。勢いとノリで展開する、ちょっと危ないボヤきの連発に、太田プロのツービート的遺伝子がここにきて蘇ってきたのかと、思ったりなんかしてみたり。

 ゴールデンタイムでのマシンガンズだけを見て、その評価を決めている人は、是非、このDVDを見るべきだろう。ちょっとイメージが変わるんじゃないかと思う。……というか、マジで今年のM-1グランプリのラストチャンス枠、狙えるんじゃないか? 今回のDVDは、そう思わせられるほどの勢いを感じたなあ。

 特典映像の「Piccolo Live」は『居酒屋でのバイト』をテーマにした漫才を披露。国際サミットのデモなどの小ネタを絡めて、傍若無人に吠えまくる。ああ、面白い。


・本編(51分)
『出会い』『期待はずれ』『結婚』『青春』『2008(未放送)』『夏休み』『過ち』『夜』『運動会』『昔話(未放送)』
・特典映像(26分)
『女だらけの覆面座談会』『Piccolo Liveネタ(未放送)』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。