スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎上の理由を推測してみた

『キングオブコント2008』直後、バッファロー吾郎が一斉に叩かれた件について、僕はただ単に「大会内容に納得のいかないネットユーザーたちが、その矛先を“優勝者”であるバッファロー吾郎に向けた」だけの話だと考えていた。しかしながら、今頃になって、あの一斉暴動の要因に、『M-1グランプリ』に対する鬱屈とした不満もあったのではないか、という推論が頭に浮かんだ。以下、その推論の構図を書き留めてみる。

よく、漫才は「西高東低」であると言われている。東よりも、西に優秀な漫才師が多いとされているためだ。確かに、漫才というスタイル自体の発祥が関西(しゃべくり漫才の発端が関西系漫才師のエンタツ・アチャコであると言われていることを考慮した)であることを考えると、それは歴史的に正しい見解だと言えるのかもしれない。

それ故に、『M-1グランプリ』で優勝を果たしたコンビの多くが関西系であるということは、理に適っているということになる。しかし……それで納得のいかない人がいるのも、また然り。特にここ数年は、決勝に進出している漫才師の多くが関西系芸人を数多く抱えている吉本興業所属であるという独占的状況に対し、不満の声を漏らしている人も多く見受けられていた。

一方で、コントは「東高西低」であると言われている。西よりも、東の方に優秀なコント師が多いとされているためだ。これも確かに、時代に名を残しているコント師(コント55号、ザ・ドリフターズ、コントレオナルド等)の多くが関東から出てきていることを考慮すると、歴史的に正しい見解だと言えるのかもしれない。

そのため、『キングオブコント2008』という大会には、関東系の芸人が活躍できるだろうという、希望的観測が決勝メンバー発表前から漂っていた。そして同時に、関西芸人の独壇場と化していた『M-1グランプリ』での雪辱を、この『キングオブコント2008』で晴らしてもらいたいという、関東勢によるリベンジが、視聴者たちから少なからず求められていた。昨年に行われた『M-1グランプリ2007』で関東勢非吉本の漫才師サンドウィッチマンが奇跡的に敗者復活からの優勝を果たしたことも、この“関東勢によるリベンジ”への欲求を高めていただろう。

しかし、実際に優勝したのは関西系の、しかも吉本興業に所属している“バッファロー吾郎”だった。第一回大会であるために数々の不備が見受けられてしまったことも手伝って、『キングオブコント2008』を批判する声は倍増。結果、あの一斉暴動に発展したのではないだろうか。

もう一度書くが、これらは全て僕の推論でしかない。そもそも他人の動向を完全に紐解くことなんて、不可能なのだ。ただ、こういう理由もあったのではないかという、それだけの話である。今後、『M-1グランプリ』及び『キングオブコント』は吉本興業所属の関西芸人以外の漫才師を優勝させるべきだ、などということも思わない。事実、『キングオブコント2008』でバッファロー吾郎が優勝したことに対しては、僕はまったく不満に感じていない。あれは優勝すべく優勝したコントだと思うから。

とはいえ、『M-1グランプリ2007』でサンドウィッチマンが敗者復活戦を制し、そのまま優勝してしまったことによって、“審査”のあるべき姿が問われているのは、事実。果たして『M-1グランプリ2008』は、そして『キングオブコント2009』は、如何なることになるのか。楽しみではあるが、同時に、不安である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

炎上しますね~
実際私や私の周りの人もM-1の決勝に出る人が吉本ばりだということに不満を持っています。

正直ハリセンボンは去年の決勝を見ていて決勝に進んだことが納得出来ませんでした。

お笑いは見る方も賛否両論あるので色々問題があるのですが。

それにしてもM-1は毎回吉本の芸人ばかりが決勝にくるので不思議ですね~

去年は麒麟が出てこなかったことについて色々な噂もありますし。
とりあえず今年は三拍子か飛石連休が決勝に出れたらいいな~なんて思ってます。

優勝はそろそろ笑い飯に。。。

No title

>ハリセンボン
もう色んなところで書いてますけど、個人的に彼女たちは評価されすぎな気がしますね。いや、箕輪さんの大喜利での発想力は物凄いものがあると思いますが、その発想が漫才に活かされきれていない気がするというか。近藤さんのツッコミが、もうちょっと控えめになったら良いと思うんですけどねえ。

>見る方も賛否両論あるので
そうですねえ。もしも今年、吉本以外のコンビがM-1の決勝戦に多く進出したとしても、やっぱり「吉本ばかり優勝していると言われている風潮を無くすためだ」とか言い出す人が出てくるでしょうし。テレビショーとしての側面と、ガチンコの側面のバランスが程々に取れれば良いんでしょうけど。難しいですねえ。

>今年は三拍子か飛石連休が決勝に出れたらいいな~
個人的にはU字工事・流れ星・マシンガンズを推しているんですけど、サンミュージック勢からも一組くらい決勝戦に出てきてもらいたいというのも、分かります。特に三拍子は、ここ数年で一気に脂が乗ってきているので、今年こそは良い結果を出してもらいたいですね。

No title

単に「大企業の横暴が気に入らない」ってだけじゃないっすかねー。

でもサンドウィッチマン優勝にみんながみんな「吉本ざまあみろ!」って浮かれてるのを見たら個人的にはなんか醒めちゃうんですよねー。

今年はかわら長介氏を審査員クビにして他事務所の芸人を沢山あげて、2008以前の不満を全部かわら氏だけに(審査員は他に沢山いたにもかかわらず)おっかぶせるんじゃないかしらん

No title

>どらさん
>「大企業の横暴が気に入らない」
それは、あるでしょうねえ。とにかく吉本興業が嫌いな人っていますからね。…まあ、それならバックに吉本がいるM-1グランプリとかキングオブコントとか見るなよって話になるんですが。

>かわら長介氏
個人的には、お笑いの審査員には色んな思想を持つ人たちが集まったほうが、審査にバラつきが出て良いと思いますが、かわら氏がサンドウィッチマンを評価しなかったからって、彼だけを叩いてしまおうという風潮は、確かに解せませんね。少なくとも、ブログに書いてあったサンドウィッチマン評は、決して的外れではありませんでしたし。その辺り、上手くバランスを取ってもらいたいもんですが。個人的には、決勝メンバーの顔ぶれのバランスとしては、M-1グランプリ2002か2003あたりが丁度良かったと思います。“枠”で審査するのは問題があると思いますが、ちょっとくらいは意識してほしい気も…うー。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。