スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十一月二十日放送 感想文

東京03『コント:ビニール傘』(493kb)
偶然居合わせた三人がビニール傘を取り合う……という、日常に起こりうるリアルを大袈裟に切り取る手法は相変わらず。具体的なボケが殆ど無いのに、しっかりと笑いが起きているところは流石と言うべきだろうが、核となるボケが無かったためか、いまいちツボに入らず。ネタを温存しているのかな。ちなみに第六回単独ライブ『無駄に哀愁のある背中』収録コント。初見だったら、もうちょっと笑えたかもしれない。

えんにち『漫才:レポーター』(353kb)
かなりオーソドックスなシチュエーションに、えんにちだから出来る過激な要素の多いボケに、さりげなくベタなボケも絡まった秀作漫才。大爆笑とまではいかないにしても、そこそこ笑いも起きていたのに、この結果はなんだか意外。低い笑い声が多かったので、どっちかというと御年配にウケていたのかもしれない。「足が洗える」とか、ベタだけど好きだったのになあ。

U字工事『漫才:日本語を英語に』(465kb)
前半の宇都宮餃子事件のくだりで大爆笑。栃木県民であるU字工事が、近辺の群馬や茨城といった県に対して檄を飛ばすスタイルは、本当に外れが無い。おかげでベタな展開が続いた後半も、楽しく笑うことが出来た。田舎濃度の高い前半、田舎濃度の弱い後半。良いバランスだったなあ。

オードリー『漫才:選挙演説』(481kb)
若林が選挙演説を行い、春日が聴衆の様子を伝えるという変化球型漫才。これまでの春日がダメなツッコミを繰り出す漫才から、更に一皮剥けたような漫才で、かなり面白かった。漫才コントになった方が、春日の傍若無人な芸風が笑いになりやすい模様。本当に面白かったので、M-1での奮闘にも期待したいところ。

花香芳秋『哀川翔モノマネ』(453kb)
純粋にモノマネ芸。“ほっしゃん。”“松本潤”“小栗旬”など、普通のモノマネ師が手を出さないようなところに手を出していた。この辺り、山本高広と同じ傾向。ただ、分からない人には分からないネタが多かった気がする。花より男子とか、ルーキーズとか、見たことないから分からなかったなー。

・オフエア組
やさしい雨(325kb)
拳(313kb)
ハライチ(269kb)
ドラハッパー(197kb)
クロスバー直撃(129kb)

前回オンエアされたやさしい雨が、次点でオフエア。前回のオンエアを見たかぎりでは、やや見る人を選ぶコントをやっていたように感じたけれど、決して低いキロバトルではなかったので……認知されたら、強いかもしれない。

・オンバトヒーローズ:飛石連休

・次回
井上マー、エレファントジョン、オジンオズボーン、キンデルダイク(初)、ザ・ゴールデンゴールデン、スーパーマラドーナ、どきどきキャンプ、マシンガンズ、名刀長塚、や団

なんだか全体的にアングラ臭が漂う回。たぶん、名刀長塚や団の仕業だ。でも、それ以外にもクセモノが揃っている感。今期は安定しているどきどきキャンプ、知名度が上がってからは初の挑戦になるマシンガンズに期待。というか、マシンガンズは『エンタの味方!』DVDの出来が本当に良かったから、ここでその手腕を揮ってもらいたいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

や団をアングラってこの人知らないで書いているね。

No title

はい、名前のイメージで書きました!(バカ)
だって、なんかアングラっぽくないですか。「や団」って。平仮名なのが実にぽい!

本当はどんな芸風なのか、来週の結果を楽しみにしたいと思います。はい。

No title

東京03はサラッとあーいうオチを言えちゃう豊本さんがステキ。

えんにちは確かにもっと、点数が高くてもいいような気がしたなぁ。
あのレベルであのkbは個人的には???という感じでした。

逆に花香芳秋はそれほどツボにはこなかったなぁ。
モノマネは確かに上手いですし、エンターテイメントとして完成されてるんですけど、オンバトではモノマネは合わないというのが、はっきりと示された気がします。
林家彦いち師匠がオンエアされたときと同じような感覚でしたね。
モノマネで笑いを取ろうとするなら、コロッケぐらい笑いを追従したスタイルのモノマネじゃないといけないんだなと実感。


や団はNEET PROJECTのDVD(1つ目)で見て以来なんですけど、おもしろかったですよ。
ただ、記憶が確かなら、その後メンバーチェンジがあったとかなかったとか。
期待はしているんですけど、今回はどうかなぁ?と。

No title

えんにち明らかにカットされてるっぽいところがあったからど下ネタかどブラックネタ入れたんかもしれませんね。
オードリーはやってることめちゃくちゃでしかも元々そんなに好きじゃないのに笑ってしまった。これは強いかもしれない。
U字工事は(U字工事に限ったことじゃないけどここは特に個人的に)500超えないほうが好きですなー。なんでやろ。

No title

>佐々木さん
花香さんは、確かに。でも、キロバトルそこそこ高いですよね。だから、オンバトとしてはあれで良いのかなあ…とか思ったりもしましたが。ヘタにアクが強いと、お客さんが引いたりして、オンエアされにくかったりするかもしれませんし。

や団のネタは、この後で確認しました(「不良」と「水泳部」の短いヤツ)。そこそこコントのバリエーションが豊かで、面白いんですけど、展開に凝りすぎている気もしました。うーん。どうだろ。

>どらさん
ああ、そうか。カットか…。オードリーとU字工事は今回、本当に面白かったですね。特にオードリーは、かなりヤラれました。コンビの役割が逆だった頃に培ってきた芸人としての経験が、ちゃんと反映されているのかも。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。