スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バカリズムライブ 科学の進歩』

バカリズム ライブ 「科学の進歩」 [DVD]バカリズム ライブ 「科学の進歩」 [DVD]
(2008/11/26)
バカリズム

商品詳細を見る

「科学の進歩」は、バカリズムのオーソドックスな一人コントから始まる。舞台は現代。博士と助手がタイムマシンを完成させ、歓喜の声を上げている。早速、タイムマシンに乗り込む二人。マシンの中は乗り心地が良く、シートは革張りだ。二人はタイムマシンでジュラ紀に向かうが、マシンを何かにぶつけるわ、スピード違反で切符を切られるわで、もうウンザリ……。

ところどころで見られる、ちょっと捻くれた感じのボケは、確かにバカリズムのそれ。でも、これまでバカリズムが作ってきたコントに見られた発想の鋭さは、そこにはない。鋭利な笑いは丸くなると同時に、バカバカしい方向へと肥大を始め、シュールからシンプルなナンセンスへと変わっていった。これは退歩なのか、それとも進歩なのか。少なくとも以前より、その笑いに余裕が出てきたようだ。

例えば、『DFの高飛びFWの餌食』というタイトルのコントがある。大会一週間前の日、サッカー部の顧問が部員の一人を呼び出し、実は彼がサッカー部ではなく将棋部だということを告白する、というコントだ。「シュートを打つときに“王手!”と叫ぶ癖がある」など、シュールなボケが挟み込まれることもあるが、その「サッカー部部員が実は将棋部部員」シチュエーションの持つシンプルなナンセンスさが、シュールなボケをマイルドにしている。以前のバカリズムは、ボケのインパクトの方が勝っていた。

ただ一方で、悪代官と越後屋の定型句をこれでもかと掘り下げた『WARUYONO!』の様に、従来のバカリズムが持つシュールな言葉遊び全開のコントも披露されている。新しい笑いを見出しつつも、その鋭さを完全には捨てていない。その意味で、この公演は非常にバランスの取れた内容になっていたと言えるだろう。

個人的には『にゅーす』というコントが、妙に印象に残っている。バカリズム演じるニュースキャスター(ダボダボのスーツを着て、鼻の下にチョビ髭をくっつけている)が、子どもっぽい語り口でニュースを伝えていく……という内容のコントだ。ニュースキャスターを子どもにしただけのシンプルな置き換えコントなのだが、バカリズムの子ども演技が妙にリアルなためか、それとも“ニュースキャスターを子どもにする”というシチュエーションに風刺の様なものを感じたからなのか、笑える・笑えないを超越した緊張感を覚えてしまった。

過去にソフト化された公演(「宇宙時代 特大号」「生命の神秘」)と比べて、その完成度が格段に上がっていたように思う、この「科学の進歩」。それなのに、バカリズムの笑いにはまだまだ伸びしろがあるように感じられるのが、恐ろしい。感じるだけなので、ひょっとしたらこれが限界なのかもしれないけど。

ちなみに、オープニングテーマ「科学の進歩のテーマ」とエンディングテーマ「どき2がつづくなら」は、バカリズムライブでお馴染みのオクムラアイコ作曲によるもの(ちなみに、作詞はバカリズム)。前作同様に良い仕事をしている。いつか、まとめてCD化されれば良いのに。


・本編(70分)
『プロローグ「科学の進歩」』『オープニングテーマ』『DFの高飛びFWの餌食』『総合医者』『あの坂をのぼれば』『贈るほどでもない言葉』『俺とお前とブラットピット』『WARUYONO!』『にゅーす』『誰がために』『エンディングテーマ』

・特典映像(18分)
『科学ポエム』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オクムラアイコ=奥村愛子

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E6%9D%91%E6%84%9B%E5%AD%90

どっかで聞いたことある名前だったので、探してみました。
外部リンクから見て、間違いない模様。

No title

らしいですね。僕も以前から「あの人と同じ名前なのかー」と思っていたんですが、まあ、曲のノリはまったく違うし、別人だろうなあ…と、勝手に決め付けていたわけですが。奥村さんがあの曲を書いたということにも驚きですが、それ以前に、どうして升野さんは奥村さんに曲を依頼したのかが謎です。旧知?

No title

繋がりは不明ですが、奥村さん、升野さん、堂島孝平さんで一緒にロフトでライブやるぐらい仲が良いみたいです。

ちなみに、もうyoutubeに上がったりしてますがこの次のライブ「勇者の冒険」のテーマもop・ed共にかなりいい曲です。

No title

なんとなく、サブカル畑って感じの三組ですな。QJかしらん?

勿体無いから、まだ見ないもんね!<勇者の冒険
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。