スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『爆笑レッドカーペット3時間SP』を見た

 あまりの人気で、某巨大掲示板ではアンチも見受けられるようになった、現在のお笑いブームの背骨番組『爆笑レッドカーペット』。今回はそれの3時間スペシャルということで、ちょっと期待していたのですが……割と今まで通りだった。いや、別に良いんだけれど、もうちょっとスペシャルらしいことというか、スペシャルならではのものというか、そういうのが欲しかったなあ。期待していた「THE THREE THEATER」も、あまり『爆笑レッドカーペット』と絡む意味が無かったし。期待外れとまでは言わないし、他に特番らしくする演出も思い浮かばないので、あまり強くは言いたくないけれど……番組としては、ちょっと中だるみの時期に来ているなあ、と思った。

 芸人のネタで印象に残っているのは、エレキコミックNON STYLE

 エレキコミックの出演には期待半分心配半分だったけれど、完全に心配していた通りになっていたなあ。エレキコミックといえば、確かにやついの顔が印象的ではあるんだけれど、あれではエレキコミックの味が出ない。もっと面白いコンビなんだけれど、その味が出せきれていなかった。むしろ、やついの顔ネタで行くのではなくて、このところのコントに共通するサブカル系のコント(例えば『漫画さん』とか)を持ってきたほうが良かったのではないかと思う。岩尾・日村・加藤のブサイクユニットコントに参加できなかった時点で、今日のエレキコミックは負けだった。今のショートネタブーム芸人以前のお笑いブームの芸人がやってしまう失敗例を、彼らは見事に見せてしまったなあ。

 逆に、上手く改変してきたのがNON STYLE。前に井上のイキりを押し出して、モノの見事にスベっていた彼らだけれど、今回はちゃんとした漫才で勝負していて、ちゃんと番組で求められているものを理解しているんだなあ……と、妙に感心してしまった。カムバックレッドカーペットにも出ることが出来たし、今回の結果は万々歳だと言って良いと思う。

 その他にも、ネタ作りの上手さに何度目かの感動をさせてもらったアントキの猪木、ヤポンスキーのネタをパクるというステキな暴挙に出た鳥居みゆき、どんどん芸人じゃなくなってきているこまつ、見るたびにネタが粗雑になっている気がするスマイル、一回でもスベれば終わりなネタを今回もやってのけた流れ星、何がしたかったのかイマイチ分からなかったピース、ネタを忘れたことさえもネタにしてしまったU字工事が印象に残っている。

 あ、あと「THE THREE THEATER」について。こういう書き方をするのはアレかもしれないけれど、なんだか『エンタの神様』みたいだなあ、と思った。“三つのシチュエーション”というところはアイディアだけれど、やってることは大して変わらなかったんじゃないだろうか(もちろん、芸人のネタにスタッフが関与するとか、ネタ中にテロップが流れるとか、そういう余分は無かったけれど)。今の時代には、これが精一杯なのかもしれないけれど、やっぱり『ウッチャンナンチャンのウリナリ!』と『笑う犬の生活』を青春期に通過してきた人間としては、もっとガッツリしたコント番組が欲しいと思わざるを得ない。

 ただ、『爆笑レッドカーペット』が、その特別番組の中でこういう番組の宣伝というか、介入を許したということは、なかなか好ましい傾向だと思う。ひょっとしたら、『爆笑レッドカーペット』終了後に、新しいコント番組を作ろうという魂胆なのかもしれない。もしも、そうなのだとしたら……スタッフには心底、エールを送りたいところなのだが。実際のところ、どうなのだろう。ウッチャンが関わってきたあたり、どうもそういうフラグが立っているような気がするんだよなあ。期待せずに、待ってみるか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

個人的には

ミル姉さんを久々に見れたことと、その衣装を保存していたフジテレビの倉庫に平伏す。

レッドカーペットは途中からしか見ていないので、感想を割愛。
ジョイマンの「部屋一面脱脂綿」は秀逸すぎるだろうということだけ。

「THE THREE THEATER」は個人的にはよかったと思う。
ショートネタブームの中、芸人の本来のガッツリしたネタを、芸人の素材のままで出来る番組はもう、オンバトぐらいしかないから。
特に、普段と違うネタを見せるという手段に出た「フルーツポンチ」と「しずる」は個人的に好きだった。

しかし、一組だけ異様に芸歴が長い分、ロッチはやっぱり上手いなぁ。

ウッチャンが個人所有してたのかもしれませんよ<衣装
しかし、正月にやってたのも見たけれど、ウッチャン(ないしフジテレビ)はホントにミル姉さんが好きなんだなあ。

ジョイマンは今回、かなり良かったような記憶が。
ただ、何を言っていたかと聞かれると、まったく覚えてなかったり(笑)
風とともに去りぬ。

いや、僕も良かったとは思いますよ。<「THE THREE THEATER」
ただフジテレビには、もう一歩ほど前に出てきてもらいたいですね。
僕は贅沢なので、どうもそんなこと思ってしまいました。ハイ。
「フルーツポンチ」「しずる」の二組は、本当に秀逸でした。「ロッチ」も。
それと、「柳原可奈子」のネタ本数が心配になりました。はい。

あ、そうだ。あと、何気に状況に合わせて一言ボケを言うコーナーが好きでした。
カメラアングルとか、各芸人の店員っぽい演技とか。なんかニヤってしたなあ。

初めまして。いつもブログ楽しく読んでますよ。

エレキコミックはラジオでラーメンズの片桐にレッドカーペットの話をフラれて今立がドエラく口ごもってたから嫌な予感してましたけどね(苦笑)
1分だから1分だからと仕切りに繰り返してたんですよね。

なんかねー、ネタの選択は勿論だけど大事な所で力を発揮出来ないなぁと歯がゆく感じるコンビ。
DVDを見ると実力は若手の中でも正直頭2つくらいは抜けてる存在だと思うんですけどね。去年出した単独DVD二本やエレ片コントの人にしてもネタも映像もセンスは抜群だと思います。
けどそのせっかく持ってるセンスをよそで上手く使えないんだなって。
感性は鋭いから、これでテレビや客を意識した、あざとい計算も出来るようになれば売れると思うんですけどね。

まぁ次回のオンバトヒーローズがエレキコミックなんで、私はそこで今一度エレキコミックの方針を再確認したいと思います。そんな深いコーナーではないですが(笑)

初めまして。

ああ、「大笑い」をつけられていたから、てっきり真に受けてしまっていると思っていましたが、当人たちもスベったことを理解していたんですね。って、そりゃそうか。次の挑戦で頑張ってもらいたいです。出るかどうかは分かりませんが。

エレキコミックは、本当にここ数回の単独ライブを観ても、かなりクオリティの高いコンビだということは分かるんですけどね。もうちょっと売り出し方を考えれば、もっと売れるコンビだと思うのですが…やっぱり事務所がなあ。「事務所の話は言うな!」

あ、次回のオンバトヒーローズはエレキコミックですか。なるほど、それは僕も確認を…あー、でも次回のオンバトの放送って、そこそこ先…。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。