スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1グランプリ2008準決勝・解説

M-1グランプリ2008の準決勝メンバーが決定した。全六十六組。追加合格、無し。それだけを見るとシビアに感じるが、過去の準決勝進出人数と比較すると、それほど大差は無い。予選結果だけを見ると、三拍子・キャン×キャン・超新塾といった準決勝の常連が落とされているので、「審査がシビアになってきたのか」と感じたが、こうして全体を眺めてみると、むしろ新しい風を送り込もうとしているような、そういう印象を受けた。やはり、昨年のサンドウィッチマン優勝が関係しているのだろうか。

しかしながら、準決勝進出コンビの名前を見てみると、やはり常連組が多いように思う。今年は優勝候補だろうキングコング。2002年大会から決勝戦の常連となっている笑い飯。岡山弁で構築するマイワールド漫才が人気の千鳥。昨年は惜しくも準決勝で敗退した麒麟。逆に昨年は見事決勝進出を果たしたダイアン。この中から、何組のコンビが決勝戦に進出するのか。また、どのコンビが落とされるのか。キングコングと麒麟は今年に賭けていると聞いているが、果たして。久しぶりにM-1復帰を果たした、南海キャンディーズの動向も気になるところだ。

また、今年で最後の出場となる、いわゆる“ラストチャンス組”も、なかなか味わい深いメンバーが揃っている。まず、北関東は栃木県出身の漫才師、U字工事。我が道を突き進む相方に悲愴感たっぷりにツッコミを入れる、ザ・パンチ。大会初期に決勝進出するも、その後は不調が続いている感が否めない、スピードワゴン。かつてのハリガネロックを髣髴とさせるスピーディーなボヤキが魅力の、マシンガンズ。今年も恐らく、この中から一組だけ決勝戦に進出することになるのではないか、と思われる。個人的にはマシンガンズを推しているのだが……果たして。

一方で、今回で初めての準決勝進出を果たしたコンビも少なくない。ウザったいデブキャラ漫才に定評がある。「惚れてまうやろ~」のフレーズで一気に知名度を上げたWエンジン。同じく「違うか!」のフレーズで人気急上昇中のものいい。これまで準決勝に進出しなかったことが不思議な風藤松原。ちょっと不思議な世界観で見る人をトリコにするノンスモーキン。この辺のメンバーから、いわゆる“麒麟枠”として決勝戦に進出するコンビが現れるような予感がするが、どうだろうか。

なんとなく波乱の匂いが立ち込めている、このM-1グランプリ2008。どのコンビが決勝進出しても、どのコンビが落とされても、まったく不思議ではない今大会の決勝戦には、一体どのようなドラマが待ちかまえているのだろうか。この年末も、M-1グランプリが熱い!

ところで、大竹まことは今年もちゃんと審査員に呼ばれるのだろうか。昨年、最終決戦でキングコングに票を入れたことで、一部の審査員制度の意味が分かっていない愚か者たちから「大竹空気読め」と批判されていた大竹氏。ネットラジオでも、「今年は呼ばれるかどうか不安」という旨の言葉を残していたらしいが……シティボーイズとして現在もコント界の第一線を走り続けている彼を、こんな下らない理由で審査員から引き摺り下ろすなんてことになったら、それこそM-1グランプリの名折れというもの。ラサール石井ともども、しっかりと審査員に呼んであげてもらいたいものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めて書き込みします。
個人的には流れ星・ギャロップ・NONSTYLEに期待しているんですけどねぇ。
NONSTYLEは今年も落とされるかなー。毎年今年は行くって言われてるんですけどねぇ。
流れ星とギャロップは今期に入ってからのオンバトでの勢いがすごい。
M-1でこの手腕を思う存分振るってほしい。

No title

私の今んところの予想は、キングコング、南海キャンディーズ、ザ・パンチ、ナイツ、オードリー、タイムマシーン3号、笑い飯、ギャロップ、NONSTYLE(敗者復活)です。
66組の顔ぶれを見るに、今年の傾向は、技術・構成>キャラクター・タレント性なのかなあと。
今年に入ってからのネタ番組の急増、及びそれにともなう芸人の過密化が、比較的サバけた大胆な審査を可能にしたように思います。
個人的には三拍子の敗退が残念でなりませんが。

No title

≫ルギーさん
NON STYLEは毎年言われてますね。この調子で、ラストチャンスまで引っ張られてしまうのかもしれません。或いは、そのまま出られず終いか。オンバトチャンピオンとして、一度は上がってもらいたいですけどねえ。流れ星も個人的に毎年決勝メンバーに予想しているんですが、なかなか上がれなくて。今年こそ、上がってもらいたい。ギャロップは、今年より来年が来そうな気がします。ヤマカン。

≫kakataishoさん
気が早い(笑) 確かに、去年よりもガチンコ感の強いメンバーですが、問題は決勝戦です。去年みたいに、変化球の集まりが散っていく感じになったら、イヤだなあ。三拍子の敗退は、本当に残念です。チャンピオン大会以後、どうも調子が良くないと聞いているだけに、心配です。

ネタバレに考慮した(つもりの)感想。

大阪準決勝、見てまいりました。なんとか立見席をゲット出来、早朝から並んだ甲斐がありました。
会場ウケのベスト3はモンスターエンジン、笑い飯、ダイアンで個人的評価もほぼ同じ。
但し、モンスターエンジンは大トリの期待感による後押しと、大阪での認知度が幾分作用したものと見られ、もし決勝に通ったとしても同じようにドッカンドッカン受けるかどうかは微妙なところ。それでも今年の麒麟枠を担うには充分な出来だったと思います。
笑い飯は旧作を引っ張り出してきての、危なげない横綱相撲。決勝での秘策があるのか?ダイアンは一箇所不自然なところがあったものの、納得の内容。去年よりは格段に期待できるでしょう。
あと個人的に良かったのがジャルジャル。内容的にはやはりコントなのですが、漫才として見てもほぼオッケー。二人の掛け合い、演技力、構成ともに抜群で、改めて才能をまざまざと見せつけられた感じです。ここも可能性は充分にある。
今年ラスト挑戦を公言した麒麟は、笑い飯とは対照的に、かなり変則的なネタをぶつけてきました。Wボケっぽいところもあったし、シュールに走った部分もある。全体的にフワフワした感じで、正直失敗作だと思うのですが、審査員の好みと思い入れによれば、先に挙げた組を差し置いて上がってくるかも。
千鳥はまた千鳥らしい下らないネタなんですが、去年のアレが不発に終わってる以上、越えたり付け加えたりするものはないかなあ・・・。
その他有力勢を挙げておくと、とろサーモンは久保田さんのキ○ガイキャラを前面に打ち出したネタですが、いつもどおり場がフワッとしてしまうことには何のエクスキューズもなかったのが難。天津は煮え切らないオタク漫才。アジアンもM-1向けのネタを作れずに苦しんでいるようでありました。
スマイルは畳み掛ける系の漫才で、菅家さんがオンバトの項で指摘したとおり、技術的にまだ発展途上な感じ。プラスマイナスは兼光さんのモノマネがネタの中核で、正直勝負捨ててきたと思ってしまった。銀シャリはフレーズごとの当たり外れがあり、まだまだ勝負するには早いのかなあという印象。ギャロップは技術だけだったなあ。
総評といたしましては、今年は大阪勢の合格者が少ないこともあり、始まる前はどれだけのものが見られるかということに、正直かなり不安だったのですが、フタを開けてみれば少数ながらもちゃんと見るべきものは揃っており、見る前のネガティブな印象を吹き飛ばしてくれました。
特に最初に挙げた4組は、大阪からの枠なんてことを考えなくても、素直に自信を持って決勝に送り出せるレベル。この中からの優勝も夢ではないでしょう。
あと私事なんですが、今回出てきたパプア。というコンビのボケの人が高校のクラスメートだったというのを事前に知らされており、初めてネタが見れたのは嬉しかった。(リズム芸でした。)自分と同世代の人が芸人として台頭しつつあることに感慨深いものを覚えました。以上、長文失礼。

No title

おお、ご報告ありがとうございます。予想の参考にさせていただきます。

ダイアン・モンスターエンジン両名は、ネット各所で高い評価を得ていますね。特にダイアンは、今年はかなりキテるみたいなので、決勝の舞台でも頑張ってもらいたいです。去年とのギャップを見せつけることが出来れば、決勝で「去年よりも格段に進歩した」として、点数を上げてもらえそうですし(計算高い)

笑い飯は今年も安定しているようで。このところ、最終決戦に縁が無くなってきているので、今年はしっかりと笑いを獲得してもらいたいものです。麒麟には期待していたんですが、なかなか難しいようで。準決勝の舞台で、勝負に来たのかもしれませんが。仮にもラストチャンスと言っているんだから、ちゃんと自信作で勝負してもらいたかったです。

ジャルジャルはDVDにも収録されている擬似漫才を見たかぎりでも、ポテンシャルが尋常じゃなく高いことが分かりますからね。技術という点では他の優勝候補と同じくらいのものを持っているのではないでしょうか。ただ、ここは個人的に、KOCの方で評価されてもらいたいんですけどね(笑)

今回のレポートから、去年のサンドウィッチマンによる敗者復活戦からの優勝というドラマの影響が、大会運営陣だけではなく、参加者にも届いているという印象を受けましたね。少なくともダイアンや麒麟は、あれでかなり奮起させられたのではないでしょうか。笑い飯や千鳥は相変わらずっぽいですけど(笑)

明日の決勝メンバー発表、なお楽しみになってきました。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。