スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NON STYLEにて』を振り返る

NON STYLEにて [DVD]NON STYLEにて [DVD]
(2008/02/13)
NON STYLE

商品詳細を見る

先日放送されたM-1グランプリ2008について、あちらこちらで様々な評論がなされている。あまり有名ではない大学をそこそこの成績で卒業している自分としては、よく分からない話も多い。例えば、サンキュータツオを中心とした「手数論」も、そのうちの一つ。面白い視点ではあると思うけど、なんだかしっくりといかない。だからといって、NON STYLEの漫才を無闇に持ち上げて「サブカル的笑いの時代は終わった!」みたいなことを言う人にも同意したくないけど。そんな時代があったとは。

今作は、今年の2月に発売された、NON STYLEにとって初めての単独DVD作品だ。2007年8月に東京で行われたイベント、「東京にて」の様子を収録している。なお、このイベントは大阪・名古屋でも行われており、東京でのイベントはその締めくくりであった。

M-1グランプリ2008でのNON STYLEは、石田がボケるたびに繰り出していた“自戒ボケ”が注目されていたが、今作では、まだそのスタイルの漫才は見出されておらず、以前よりネタのテーマになっていた“井上のイキり”が前面に出された内容になっている。とはいえ、それまでの“井上のイキり”をイジり倒すだけの漫才とは違い、随所に石田のオーソドックスなボケが詰め込まれており、漫才師として一歩前進しているように感じさせられる内容ではあった。

それにしても。NON STYLEの漫才を観るたびに思うのだが、彼らの漫才はこう……掴み所がない。石田のボケには爆笑するし、井上のイキりにも苦笑するんだけれど、後で思い出し笑いをするような引きが、彼らの漫才には無い。その理由について、前述のサンキュータツオ氏は“圧倒的な「軽さ」”と表現している。確かに、そうかもしれない。分かりやすさに徹底した言葉選び、とてつもなく激しい動作を用いたボケは、老若男女に伝わりやすい一方で、かなり軽い。お笑いがスキマ産業化している昨今において、NON STYLEの様なオーソドックスな笑いを生み出すタイプの漫才師が台頭してきたというのは、考えてもみれば、不思議なことなのかもしれない。

以前、僕はNON STYLEを、彼らと同様にオーソドックスな言葉や激しい動きで笑いを取る漫才師である中川家と比較して、「NON STYLEが真正面から中川家と戦っても勝つことは出来ない。だから彼らは、井上のイキりを武器にした」と書いた。しかし此度、彼らはイキりネタを殆ど封印し、新たなスタイルを見出すことにより、M-1グランプリで優勝を果たした。それが意味することが何なのかは、僕には分からない。ただ、老若男女に受け入れられる以上のスタイルを彼らが見出し、それで審査員たちを納得させることに成功した、ということだけは言えるのではないかと思う。一休みたいだな。

あの人が喜びそうな言い方をするのであれば、NON STYLEは個性的な笑いが渦巻く時代の中、あえてその個性を抑えることで、逆にオーソドックスな漫才を生み出すという個性を提示したと言えるのかもしれない。しかし、その芸人としての個性の弱さが、如何せん気にかかる。一応、井上はイキりキャラとしての個性があるが、それも石田のツッコミが無いと成立しない。一方の石田は身体の弱さをネタにしているらしいが、漫才でこれだけ動き回っているのに、身体が弱いもへったくれもない。そういえば、審査員の上沼恵美子が「フリートークは苦手」と語っていたが……。

2006年に「新人演芸大賞」を受賞し、2007年に「爆笑オンエアバトル」チャンピオンとなり、2008年に「M-1グランプリ」のチャンピオンとなったNON STYLE。年を追うごとに、その評価は全国的なものへと変わっている。はっきり言って、現行の漫才師の中で最も勢いのあるコンビだと言えるだろう。そんな彼らは、これからきっとタレントとしての能力も査定されていくことになる。その時、彼らはどのような評価を受けることになるのだろうか。


・本編(82分)
「オープニング」『漫才:待ち合わせ』『漫才:迷子』『コント:カーナビ』『漫才:野球』『ショートコント』『漫才:いじめ』『コント:探偵』『漫才:格好いい女性の振り方』

・特典映像(30分)
「Day of the legendプロモーションビデオ」
「Day of the legendプロモーションビデオ メイキング」
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[DVD] NON STYLEにて

やっぱりNON STYLEは最高だ。(≧∇≦) 「NON STYLEにて」はNON STYLE第1作目のDVD。 2作目の「NON STYLE LIVE 2008 in 6大都市~ダメ男vsダテ男~」も面白かったけれど、「NON STYLEにて」もいい! 石田さんのボケじゃないけれど、笑いながら太もも叩きすぎて太も...

コメントの投稿

非公開コメント

トロネイに構うのはやめません?
何か菅家さんの方がカッコ悪く見えますよ。

俺はカッコ悪いの!

いや、別に構ってるつもりはないんですが…少なくとも、今回はただNON STYLEがM-1で優勝したというのを受けて、改めて感想を書きたいと思っただけなので。最後の方で余計なことを言っておりますが、基本的なスタンスとしては、ただNON STYLEというコンビに思ったことを書いただけです。あい。それにしても、他人の神経を逆撫でするのが上手い人ですよねえ(あ、また余計なこと書いた!)。

勉強になります。

なるほど。NON STYELは、高い実力を持ちつつも、スタイルを変えながら今日まで来たのですね。
読んで思ったのは、NON STYELの今の漫才は、極めて教科書的なんだなあということでした。
M-1終了後、NON STYELの漫才に否定的な意見を沢山見たのですが、それは、教科書なんてつまらないと言うのと、似ている気がします。
でも、まさしく一休さん的なのですが、つまらないから、後に残らないからこそ、教科書は存在価値があると思うのです。
彼らが今出てきた意味は、私はあると信じています。それではまた……。

追伸 自戒ボケを漫才以外でしているのを見ました。使い勝手はあるのかも?

意味…あるとは思います。ただ、どれほどの意味があるのかどうかは、今の僕にはよく分かりませんが。何かある…のかなあ。自戒ボケをフリートークでも使うような器用さがあれば、なんとかなりそうな気もしますが。がんばれー。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。