スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛石連休 第3回単独ライブ『帯に短しタスキに飛石』

単独ライブ 「帯に短しタスキに飛石」 [DVD]単独ライブ 「帯に短しタスキに飛石」 [DVD]
(2008/12/24)
飛石連休

商品詳細を見る

サンミュージックGETに所属している芸人さんといえば、ブッチャーブラザーズを筆頭に、ダンディ坂野、ど~よ、小島よしお、髭男爵、鳥居みゆき、さくらんぼブービーなど、個性的な芸人さんが多く所属している印象の強いのではないでしょうか。しかし一方で、地味でオーソドックスなスタイルの芸人さんも、少なからず所属していたりもするんですね。

そんな“地味でオーソドックスなスタイルの芸人さん”の最右翼と言えるコンビが、飛石連休です。お笑いブームが盛り上がり始める前に全盛期を迎え、その後もブームに乗ることなく、粛々とその活動を続けていた彼らですが。なんと此度、単独ライブDVDをリリースすることになりました。まあ、あくまで師走のサンミュージック祭第三幕としてですが。飛石連休第3回単独ライブ『帯に短しタスキに飛石』。ジャケットに単独ライブのナンバーが刻まれているところに、今後のやる気を感じますね。

飛石連休といえば、岩見さんのフワッとしたボケと、藤井さんのズバッとしたツッコミの活きた漫才が魅力のコンビですが、今回のライブでは、そういったスタイルの漫才は二本目の『四字熟語』のみ。それ以外のネタは殆ど、自分たちが楽しんでいるだけとしか思えないほどに、我が道を突き進んでいるネタばかりです。売れていない芸人であるということを逆手に取った、マイワールド全開のネタたち。なかなか、たまりません。

そのマイワールドっぷりが最も吐き出されたコントが、『自家製レッドカーペット』です。どういうネタなのかと申しますと、あまりにもお笑いブームの波に乗ることが出来ない二人が、なんと自分たちでレッドカーペットを作って、某番組に出演しているという体でショートネタを披露するというものなんですね。で、幾つかのネタを、既に某番組出演経験のある鳥居みゆき・髭男爵・小島よしおに提供してもらうという。もはや、自分たちの力で売れる気がありません。清々しいですね。ちなみに、藤井さんがR-1の予選で落ちたというピンネタも披露されていますが……なかなか、アレです。何がアレなのかは、僕の口からは言えません。

一方、幕間映像もなかなか飛ばしてました。前作でも登場していた、岩見さんの「呪怨くん」が再登場したり、藤井さんが嫌いなモノに挑戦したりする映像は想定範囲内だったんですが……いやー。「二人旅999」は卑怯ですよ。他のネタや幕間映像は忘れても、これだけは忘れないんじゃないかってほどに、強烈なインパクトでした。なんていうか……適材適所ですよね。うん。

飛石連休というコンビに対する僕の認識は、先にも書きましたが、“地味でオーソドックスなスタイルの芸人さん”でした。しかし、今回のライブで彼らは、とてもオーソドックスとは言えないほど、自己世界に埋没した芸風のネタを作り出していました。当人にとってそれが良いというのであれば、それでも良いんでしょうけれど……なんか、凄いコトになってきましたねえ。間も無く結成十周年を迎える彼らですが、本当に、どうなっていくんでしょうか。うーん。謎。

(あえて、例のハプニングにはノータッチ!)


・本編(96分)
『漫才1(ダンス)』『漫才2(四字熟語)』「呪怨くん 街角編」『メーテル』「二人旅999」『漫才3(ボケとツッコミを入れ替え「天使と悪魔」)』「好き嫌いはダメよ」『自家製レッドカーペット』「呪怨くん どっきり編」『漫才4(だるまさんが転んだ)』「呪怨くん おまけ」

・特典映像(4分)
「大フライングをVTR検証」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。