スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ながら見「ザ・スリーシアター」感想

まずは皆様、新年明けましておめでとうございます。何がおめでたいのかどうかは分かりませんが、とにかく、年が明ければおめでたいという風習に従って、おめでたいのでございます。本年も当ブログを宜しくお願いいたします。

そんな今年の笑い始めは、「ザ・スリーシアター」でした。……いや、まあ正しく言うと「ぐるナイおもしろ荘」で観たザ・ギース『いい声110番』の方が早かったんですけど。もっと言うと、「ガキ使」でビビりまくるココリコ田中の方が早かったんですけども。まあ、細かいことは置いておくとして。

今回の「ザ・スリーシアター」は、お馴染みのレギュラーメンバーによるコラボシアターと、スペシャルメンバーによるワンシチュエーションシアターの二部構成。スペシャルメンバーには、アルコ&ピース・少年少女・どきどきキャンプ・チョコレートプラネット・鳥居みゆき・ななめ45°の六組が選出。流石はウッチャン司会のコント番組、かなり分かってるメンバーですね。

コラボシアターでは、柳原可奈子が良くも悪くも頭一つ抜けていた印象。キャラの完成度はバツグンに高いんですけど、全体的にネガティブな感じが漂っているのが、なんとも。ある意味、正月に最も合わない芸人さんかもしれません。柳原以外では、はんにゃが印象的。金田さんの“ヘタレ”の一言では片付けられないキャラクターが、もうたまらんかったです。Wikipediaによると、金田は志村けんに憧れて芸人さんになったのだそう。なるほど。逆に、印象に残らなかったのは、ジャルジャルの二人。コラボになると個性が活きない……。

あと、物凄く印象に残ったのは、ロッチの『路上詩人』のコントにウッチャンが参加したスペシャル版。今回、ウッチャンは二本のコントに参加していて、どっちも面白かったんですけども。このロッチとのコラボコントは、ただ単純にウッチャンがロッチのコントに参加しているだけという。ウッチャンはロッチがお気に入りの模様です。そういえば、「笑う犬」ではネプチューンやビビると絡んでたな。ナベプロ芸人と相性が良いのかも。

スペシャルメンバーによるコントは、いずれもハイクオリティ。マジで笑いを取りに来ている印象です。ちなみにシチュエーションは「オフィス」。どきどきキャンプのケータイネタ以外は、全て初見のネタでした(ケータイコントは爆笑オンエアバトルで放送済)。印象に残っているのは、アルコ&ピース『ボウリングのスコア買取センター』、少年少女『OLのおやつ』、鳥居みゆき『魔女見習い』の三本。特に少年少女のOLコントは、ネタの本編に入るまでの行程が非常に上手く、妄想的な展開をスムーズに楽しむことが出来て、とても面白かったです。ウッチャンも気に入ったらしく、全組がネタを終えた後、しきりに「少年少女」の名前を口にしていました。今年、大ヒットなるか。

全体を通して、なんとなくフラストレーションの溜まるコントが多かった印象。む。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。