スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一月二十二日放送 感想文

アームストロング『コント:バイトの面接』(517kb)
ナチュラルな若者を演じさせると、このコンビは絶妙に良い味を滲み出すなあ。一応、バイト面接を巡る一本のストーリーがあるんだけど、ところどころで細かいボケが積み重なっていく感じが心地良い。最後に泣けるオチにしたのも、なかなか良かった。ただ個人的に、こういうノリの若者って大嫌いだ(笑) フハーッ。

ギャロップ『漫才:サメの対処』(389kb)
ハゲいじりのくだりで、どうしてもフットボールアワーを思い出してしまう僕。水泳中に見つけたサメが、思わぬ状況下にあるということをボケにしていたけど、それがあまり客に伝わっていなかった感。というか、物凄くスベってた。今期三勝目までは高キロバトルだったコンビとは思えない。いや、ネタ自体はそこそこ面白かったと思うんだけど……なんでだろうなあ。「ジョーズ」のテーマで盛り返していなかったら、かなりヤバかった。

流れ星『漫才:総合格闘技』(501kb)
無傷の二十連勝。このコンビがタカアンドトシやますだおかだ、アメリカザリガニを越えるとは! 世の中、何がどうなるか分かりませんな。前半、いつものネタよりもベタ度が高かった印象があったが、後半で思いっきり流れ星ワールドが炸裂して思わず吹いた。なんだ、あの奇怪な動きは! 終盤はちょっとくっちゃくちゃになってたなあ。今回の審査員、ちょっと分からない。

Wエンジン『漫才:えとうにゴマをする』(433kb)
ツッコミ役のえとうに、ボケ役のチャンカワイがゴマをすりまくるという漫才。こういう二人が芸人であるということを前提としたスタイルの漫才は正直好きではないのだけれど、チャンカワイの必死さ滲むキャラクターの完成度が高く、ついつい笑ってしまった。終盤の強引な展開には、ひたすら苦笑。というか、なんなんだこのカオス。

ダムダムおじさん『コント:池の精』(457kb)
いかにもマセキ芸能社って感じのコント。ちゃんとした芝居の構成が出来上がっている。かなりオーソドックスな展開のコントなんだけど、それを懇切丁寧に作り上げているから、笑いが起こるべきところでちゃんと笑いが起きる。良いねえ。次回にも期待したいところ。関係ないけど、ボケ役の二村さんが土田さんに見えて仕方が無い。ちょっと攻撃的なところとか。

・オフエア
佐久間一行(301kb)
マナティ(197kb)
ピーマンズスタンダード(189kb)
どきどきキャンプ(185kb)
横浜テヘロ(133kb)

六位に佐久間一行。およそ一年ぶりのオフエア。しかも、佐久間にとっては過去二番目に低いキロバトルという結果。彼のコントとしては、かなり挑戦的なネタだったらしいが……果たして、次の機会はあるのだろうか。どきどきキャンプは連勝ストップ。初のチャンピオン大会を目前で逃してしまった。来期に期待したいが……来るかな。

・オンバトヒーローズ:ますだおかだ

・次回
オードリー、くじら、さかなDVD、ザクマシンガン、Wコロン、どぶろっく、ななめ45°、パップコーン、ラバーガール、ラフ・コントロール

オードリー、ななめ45°、パップコーン、ラバーガールら四組が今期四勝を狙う。但し、ななめ45°とパップコーンは既に五回目の挑戦が決定済。果たして、どうなるか。また、ラフ・コントロールが今期三勝目狙い。既に四回目の挑戦が決定している。こちらも、どうなるか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。