スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『けものへん』(大橋ツヨシ)

けものへん (ぶんか社コミックス)けものへん (ぶんか社コミックス)
(2004/09/25)
大橋 ツヨシ

商品詳細を見る

『エレキング』で知られている大橋ツヨシが「みこすり半劇場」にて連載していた「けものへん」を中心とした四コマ作品集。比較的ナンセンス度が強いと言われている『エレキング』とは違い、こちらは犯罪ネタ・ウンコネタの頻度が高く、どちらかというとブラック度・下ネタ度の強い内容。それ故に『エレキング』読者には人気が無く、あまり評価されていない様だ(amazonレビューを見ると、かなり厳しい意見が寄せられていた)。ただ、最初期の頃の作品はナンセンス度が強く、回を増すごとに犯罪ネタ・下ネタが増えていたので、これは雑誌のカラーに合わせてのことだったのではなかろうか。大橋に罪は無い。

個人的には、妙に爽快感のある作品が多く、それほど嫌悪感は抱かなかった。電車内でいちゃつくカップルを外に放り出したり、赤点を取った息子を説教する親に「子育てっていうテストがあったら80点取れんのか?」と言い放ったり。日常で我慢されていることの多いだろう不快な事象を、次から次へと切り捨てていく爽快さ。大橋のシャープな作風が、またその爽快感に拍車をかけている。でも、こういう作風が合わないという人の気持ちも、分からなくもない。表現が過剰である分、傷つく人も多くなるのが世の常なのだ。ちなみに連載の終盤では、再びナンセンス度の強い作風に戻っている。作者としても、そちらの作風で行きたかったということなのかもしれない。

個人的には、裏アキレス腱のヤツが好きだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。