スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『モエヤン まるだしヤッホー! ~タイツからヘアー~』

モエヤン First DVD まるだしヤッホー!~タイツからヘアー~モエヤン First DVD まるだしヤッホー!~タイツからヘアー~
(2009/02/20)
モエヤン

商品詳細を見る

ショートネタブーム全盛の今日。若手芸人たちに求められていたのは、その面白さよりも個性的な芸風であった。若手芸人の誰もが印象に残るフレーズ、キャラクター、スタイルを追い求めていた。そんな時代の中、とある女性コンビが注目を集め始めた。彼女たちの名は、モエヤンだ。

モエヤンの芸風は、とにかく変わっていた。まず、その衣装。彼女たちはネタを披露するとき、往々にして、それぞれ赤色と青色の全身タイツを身につけていた。女性が全身タイツを身につけるということは、そのボディラインが露わになるということである。これはお笑いの世界において、決して良い演出とは言えない。女性芸人には、その性的な部分を少しでも匂わせてしまうと、笑いが起こりにくくなってしまう傾向があるからだ。

しかし、モエヤンのネタにはそういう性的な雰囲気が、まったく感じられなかった。その理由は、恐らく彼女たちの全身タイツという衣装が醸し出す性的な雰囲気が滲み出るより先に、“モエヤン”というコンビのキャラクター化が成立したためではないかと思われる。お笑いの世界には、たびたびキャラクター化した芸人が登場する。過去の例を見ても、赤ジャージと青ジャージの音楽コンビとして知られているテツandトモ、パーティスーツに身を包んでジョークを連発するダンディ坂野、貴族を自称する髭男爵など、その数は決して少なくない。モエヤンも、そのグループの中に上手く滑り込んだわけである。

そんなモエヤンが此度、初の単独DVDをリリースした。タイトルは『まるだしヤッホー! ~タイツからヘアー~』。三流アダルト雑誌のキャッチコピーみたいなタイトルだが、既にキャラクターが確立されている彼女たちのこと。下手なことをして、大怪我をするような失敗はしない。だから大丈夫だろうと思っていた。

甘かった。まさか、ここまで派手に大失敗してくれるとは、思ってもみなかった。一応、値段があまりにも安かったので、それなりに酷い内容になるかもしれないとは予想していたのだが、その予想をあっさりと飛び越えてしまうほどに、酷い内容だった。

まず、何が酷いって、ネタが酷かった。先にも書いたように、モエヤンは既に「全身タイツの女性二人組」というキャラクターが成立しているので、それだけをイジるだけの内容だったとしても、そこそこ見られたものにはなっていた筈なのだ。

なのに、今作で彼女たちがしていることと言えば、やれ相方に変な化粧をするだけのコントだの、やれ男のパンツをずり下ろして「ノーパンヤッホー!」だの、やれエキストラ出演している人たちにもずく酢を飲ませて苦しめるだの(注:自分たちは飲まない)、何がしたいのか分からないことばかりをやっている。本当にこれを面白いと思ってやっているのか、ひたすら疑問符が頭に浮かぶ映像がだだ漏れるだけの時間が続いた。

ネタ以外の部分も酷かった。ネタ中にでっかい字幕を流したり、派手なBGMを加えたり、カメラワークが五月蝿かったりで、もうシッチャカメッチャカ。幕間に挿入されたトークも、話術が無いからキャンキャン五月蝿いわ、下ネタばっかり披露するわ、どうしようもない内容。これが“笑魂”シリーズよりも高値で売られてるってんだから、笑うしかない。全てを見終わった後は、なんだか知らないが背中が痛くなってきた。これは単に猫背だからか。うーん。

“全身タイツに身を包んだ二人組”という特異なキャラクターを演じることで、このショートネタブームの時流に乗ることに成功したモエヤン。しかし、彼女たち自身は、どうしてこのブームに乗ることが出来たのかを、あまり理解していなかったようだ。もし理解していたら、こんなにムチャクチャな作品を世に送り出していなかっただろう。というか、理解していなくても出すな!


・本編(48分)
「オープニング」『ルージュさん』『男のバカヤロウ』「Talk1」『ノーパンヤッホー』「ロケ(巣鴨歩き)」『チョリチョリシスターズ1』「ロケ(池辺を探せ)」『Quizもずく酢ヤッホー』『チョリチョリシスターズ2』「ロケ(トイレ)」『ノーズラヤッホー』「Talk2」『コリア★リズム』「ロケ(あらかわ遊園)」『ぶっかけ占い師』「Talk3」『わっしょい毛だらけヘア音頭』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感想の難しさ。

たとえアレ?と感じるようなDVDであっても、芸人さんの味方をしてきた菅家さんが、ここまで酷いというとはめずらしいですね。相当酷かったのでしょうね。お疲れ様でした。
内容を読むと、全身タイツであることにこだわりも愛着もなかったと見えますね……。
女性と思わせない武器って大事だと思うのですが、なんだかもったいないですね。

それから兵動さんのことでの書き込み、入れ込みすぎました。申し訳ありません。
それに兵動さん最大の長所にして短所に気づかないとは、恥ずかしくなりました。出直してきます。

ビックリしましたよ。僕は『エンタの神様』を観たことがないので、ひょっとしたら彼女たちがエンタでやっているのはこういうネタなのかなあ(出ていることは知ってた)という気もしたんですけども、それを考慮しても酷かったです。せめて全編、全身タイツだったら、もうちょっと印象も変わったと思うんですけどね。…でも、もう一回くらいは観ても良いかなあ、という気も。今回は第一印象だけで書いたので。もう一回観たら、印象が変わるかもしれません(テキトーだのう)。

>出直してきます。
お笑い虎の穴みたいなのがあるのかしらん。

まあ自分のblogだから
何書いても自由ですけどね
それぞれ見方、感じ方が違うんですから
あまり自分の意見が然りって
決め付けるのはどうかと・・・。
読んでいて嫌悪感すら抱きました。

他人の否定的な意見というのは、得てして不快なものです。そして、そういった否定的意見に対する反対意見から、議論は始まります。宜しければ、貴方の今作に対する感想・評論を伺わせてはいただけませんでしょうか。僕はどうしても、この作品を賞賛する気にはなれませんので。今作に対する肯定的な意見の程、お願いいたします。

>しかし、彼女たち自身は、どうしてこのブームに乗ることが出来たのかを、あまり理解していなかったようだ。
逆に理解し過ぎなんですよ、彼女達は
女芸人、というか芸人そのものにおいて反則行為な全身タイツモノ(○○ヤッホー)や顔落書きモノ(ルージュさん)、同性受けを視野に入れている「男のバカヤロウ」をやりつつの

で、終いには今度の単独ライブが、それらを全部ちゃぶ台ひっくり返して、自分達が一番得意なミュージカル風ですから

流しで固定ファン形成して、TVで確固たるモエヤンファンとは言い難いミーハー掻き集めて、で単独ライブでまとめてドーーーーン!(笑)

強かさで言えば、品川さん(笑)の比じゃないと思います


でもこれが、今レッドカーペットなどに出ている芸人に求められている(現実的な)生涯設計なのかなあとも思ったり

なんか嫌な戦略ですねえ。いやいや、生き残るためには仕方が無いことなのかもしれませんが、それにしたって粋じゃない。というか、それをやるんだったら、せめてテレビで見せているのと同じくらいのクオリティを、DVDでも見せてくれよと。反則を否定はしませんが、反則八割じゃ納豆食えないよ! なんなんでしょうかねえ。事務所の方針なんですかねえ。なーんか、気に入らないッス。

というか、その単独はDVDになるのかしら?(←やっぱりそこに目が行くワタシ)
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。