スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『21世紀大ナイツ展』

ナイツ単独ライブ「21世紀大ナイツ展」 [DVD]ナイツ単独ライブ「21世紀大ナイツ展」 [DVD]
(2009/02/25)
ナイツ

商品詳細を見る

 人には歴史がある。
 そんな当たり前のことを、僕らはときどき忘れがちだ。
 身の回りに生きている人、通り過ぎていく人、まったく関係ない人。全ての人たちには歴史があって、僕たちはその歴史の渦の中を生きている。
 でも、それを意識しながら生きていくことは、とても難しい。何故なら僕たちは、自分たちの歴史を構築することで忙しいし、そもそもそんな歴史を知らなかったとしても、それほど生活に支障は無いからだ。
 だからこそ、その歴史を知ったとき、僕らはなんとも言えない迫力を感じるのだろう。

 今作は、ナイツの単独ライブを映像化した作品であると同時に、これまでにナイツが培ってきた漫才師としての歴史を振り返った、いわば一つの歴史ドキュメンタリー作品だ。
 ナイツはライブ本編において、過去に自らが作り上げてきた漫才のスタイルを観客に提示していき、如何にして「ヤホー漫才」というスタイルを生み出すに至ったのかを、身を持って語っている。
 それは、現在の「ヤホー漫才」というスタイルが完成形であるという自覚と、ここから大きく変化する必要は無いという確かな自信の証明でもある。
 間も無く結成十年目を迎えるナイツ。そのスタイルで、演芸場の星となるか? ……もう既になっているって? これは失礼。

 それにしても、紆余曲折を感じさせられる歴史である。
 そもそも結成当時から、塙が交通事故によって足を痛めたために、立った状態を維持しなくてはならない漫才が出来ず、コントを選ぶしかなかったという突然の波乱万丈には、驚かされたというか、思わず噴き出してしまった。
 本編のオープニングでは、当時のコント『タクシー』が披露されている。確かな話術が培われている今だからこそ、それなりに観られるものになってはいるが、デビュー当時の彼らが同じネタを披露しているのを観たら、これとはまったく違う印象を受けることだろう。

 ライブが進むにつれ、ナイツの漫才スタイルは「時事ネタ」「漫才コント」「野球漫才」へと変化していく。
「時事ネタ」「漫才コント」と称して披露された漫才は、かつて『爆笑オンエアバトル』でも披露し、なんとかオンエアにこぎつけたネタだった。
 今観ても、なかなか面白い。話術の向上も関係しているのだろうが、それよりも、当時の彼らがちゃんと漫才師としてネタを作るということに、真剣に向き合っていたということなのだろう。
 非常によく出来た漫才だった。
 もしも今、彼らが通常のネタ番組で当時の漫才を披露したとしても、きっと違和感無く観ることが出来るだろう。
 最近まで披露していたという「野球漫才」には、現在の「ヤホー漫才」を感じさせられる展開が見られ、非常に興味深かった。おそらく、このスタイルを掘り下げて、彼らは現在の「ヤホー漫才」を発掘したのだろう。
 その歴史は、「ヤホー漫才」が決して偶発的に生まれたものではないことを意味している。
 それは、生まれるべくして生まれたのだ。

 人には歴史がある。
 芸人にも歴史がある。
 僕たちがテレビを観ながら、「面白い」だとか「つまらない」だとか言っている人たちにも、確かな歴史がある。僕たちはその表面の部分だけを見て、ああだこうだと文句をつけている。
 それを否定するわけではない。視聴者は、いつだって無責任なものだし、無責任であるべきだ。
 だけども、彼らの歴史についてちょっと考えてみるのも、悪いことではない筈だ。

 今作で、その歴史に一つの区切りをつけたナイツ。
 そこから更に、どのような歴史が刻まれるのかは、誰にも分からない。
 でも、その歴史がこれまでよりも面白いものになることは、間違いないだろう。
 たぶん。


・本編(55分)
『古代 コント文明の崩壊(2000年)』
『開会宣言 ~ オープニング』
『中世 時事ネタ漫才の誕生(2002年~2003年)』
『近世 漫才コント改革(2004年~2005年)』
『近代 動乱の野球漫才期(2006年)』
『ナイツ大陸』
『現代 ヤホー漫才の確立(2007年~現在)』
 「スポーツの祭典」
 「アニメの巨匠」
 「80年代のスター」

・特典映像(28分)
「CMN Cable Manzai Network」「ナイツ一問一答」「撮り下し長編最新ネタ『アメリカ』」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DVDで縦の世界(変遷)を見せつつ、最近テレビでは横の世界(演芸場でのオフレコ話)も披露
なんか凄いなと思う一方、ナイツ自体のタレント性が一向に乏しいという懸念も感じたり

タレント性に磨きがかかったその分、徐々にネタを求められなくなりつつあったオードリーと対照的

それなりに注目されている今のうちに、“寄席芸人”というジャンルを世間に知らしめるための、広告塔的なポジションを全うしようとしているんじゃないですかね。「爆笑レッドカーペット」でも、ナイツ経由なのか寄席芸人がちょくちょく顔を出していますし。昔、増田さんがM-1で優勝したときに、ライブに客を集めるように呼びかけをしていましたけど、その役割をナイツの二人が担おうとしているのかも。美談過ぎますかね。

オードリーはとにかく今、春日のキャラクターが突っ走っていて、一方で若林もちょっとずつ評価されてきているという、ちょっと足早な展開になっているのが気になります。M-1グランプリ2009までに、燃え尽きてしまうようなことがなければいいのですが…。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。