FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハマカーン inエンタの味方! 爆笑ネタBEST10』

ハマカーン in エンタの味方!爆笑ネタBEST10ハマカーン in エンタの味方!爆笑ネタBEST10
(2008/07/02)
ハマカーン

商品詳細を見る

増田と岡田で「ますだおかだ」、品川と庄司で「品川庄司」、小木と矢作で「おぎやはぎ」……と互いの名前をコンビ名にした漫才師は少なくない。何の考えも持たず、ただシンプルにつけただけなのかもしれないが、結果として、個人の名前を覚えやすくしている。そういう意味では、良い方法なのかもしれない。ただ、この類いのコンビ名は、ちょっと古臭さを帯びてしまうという欠点もある(「おぎやはぎ」は語感が斬新ではあったが)。

で、「ハマカーン」だ。ボケの浜谷健司とツッコミの神田伸一郎によって結成されたためにこういう名前になっているが、なかなかに未来的な雰囲気を匂わせていて、良い。ハマカンじゃダメなんだよね。ハマカーンって伸ばす感じが実に良い。

しかし、その名前の新しさに反して、ハマカーンの漫才は非常にオーソドックス。日常のちょっとした風景をテーマにした漫才コントは、以前に発売された彼らのソロDVDのタイトル『対象年齢五歳以上』が示すとおり、老若男女を問わない笑いの世界を構築している。ただ、ネタで失敗をしてしまったときのアドリブ能力に弱冠欠けており、漫才師としてはまだまだ成長途中のコンビと言えるかもしれない。彼らならではのギャグも無いのも弱みだ。

そんなハマカーンが三年ぶりに発売した単独DVD『ハマカーン inエンタの味方! 爆笑ネタBEST10』。毎週、三組の若手芸人がテーマに沿ったネタを披露する番組『エンタの味方!』の中で、彼らが披露してきた19本の漫才の中から、ファンが選んだ10本の漫才を拾い出し、ランキング形式で収録している。

収録されている漫才は、どれも及第点以上の安定した出来である。個人的には『かけ引き』をオススメしたい。宮本武蔵と佐々木小次郎が繰り広げる下らない戦いっぷりが、楽しくて仕方ない。オンエアバトルでは低キロバトルを叩き出してしまったネタではあるのだが……。あと、『運動会』も良い。障害物競走に参加している息子を撮影するため競争に参加し、ジャマな他の選手を蹴っ飛ばしていく様子に、浜谷の攻撃性を見た。

そして、特典映像にはライブで披露した『ボスニア・ヘルツェゴビナ』をテーマにした漫才と、番組で未放送の『オススメ』漫才が収録されている。ロボットネタ、本当に好きなんだなあ……。

・本編(40分)
『エンタの味方!』で披露した漫才のうち十本を収録。
・特典映像(10分)
『未放送ネタ』(「ボスニア・ヘルツェゴビナ」「オススメ」)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。