スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『毎日かあさん』放送開始

西原理恵子原作の漫画をアニメ化した『毎日かあさん』の放送が4月1日から開始。第一回放送はスペシャルとして、前半の三十分にはアニメパートを放送して、後半の三十分にはバラエティパートを放送するという構成になっていた。……と思ったら、どうもアニメパートとバラエティパートは毎回セットにして放送されるらしい。うーん。どうなんだ、それ。

とりあえずアニメパートを見る。西原理恵子の化身「かあさん」の声を演じるのは、ミス巨漢の“森久美子”。違和感があるのではないかと危惧していたが、イメージと完全に合致する声で驚く。感情の表現も上手い。舞台に立ってる人は、やっぱり違うなあ。鴨ちゃんこと「とうさん」の声を演じるのは、すっかり芋洗坂係長の元相方というイメージがついてしまった“田口浩正”。こちらもなかなか、イメージと合致した声でビックリ。やけに良い仕事をしているなあと思ったら、監督が名人“本郷みつる”だった。そりゃ良い仕事するよな。ちなみに音楽は、栗コーダーカルテットのリーダー“栗原正己”。こちらも気合入ってます。

肝心の本編はというと、細々としたエピソードをとりとめもなく披露しているという印象。個人的には、子供たちが部屋に「天気図」の落書きをしたという話と、家族で海に行った話が印象に残っている。何度注意しても、海に立ち向かおうとする子供たちのパワフルさは、リアリティがあったなあ。結果、天丼になってたけど。あと、ビールを飲みすぎた父さんが寝小便しちゃう話もキョーレツだった。過去、家族をテーマにしたアニメにおいて、子供ではなく父親が寝小便をしてしまうような作品があったでしょうか!? 僕は知りません。

番組が半分ほど終わったところで、なにやら温そうなバラエティパートが始まったので、視聴終了。藤井隆は嫌いじゃないけど、有名芸能人の母親が登場だとか、母親芸能人として安達祐美を出すとか、幼稚園にジョイマンを放出するとか、個人的にあまり好きじゃない演出がされていたので、華麗にスルーすることにしたのである。ああ、でもひょっとしたら、バラエティパートの間にもアニメパートがあったかもしれないなあ。予告で見たカニの話、結局見られなかったし。

果たして『毎日かあさん』は、『あたしンち』並の地位を得ることが出来るのか! とりあえず、あのバラエティパートは無いほうが良い気がする! 俺だけか!?

余談。4月1日放送の『アメディゾン』最終回。何の前フリも無しに雨上がり決死隊の未放送トークの傑作選を放送、通常回と同じ演出で発表された五択問題の中へさりげなく「アメディゾンが終了する」という回答を挿入、そしてその事実を出演者の中でたむらけんじだけが知らなかったという展開。フツーのバラエティ番組だと思っていたのに、まさか最終回でそういうことをやるとは。ちょっとシビれた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まあ、昨今の事情が事情なんでしょうけれど

自分のはてダでも取り上げていた「アキカン!」とか、下手すりゃ「ドラえもん」までも、
最近どの時間帯のアニメ作品でも実写のバラエティパートがあるご時世ですし(笑)
アニメーターの金銭的な事情なのか精神的な事情なのか、アニメ単体では一テレビ番組として成立しない昨今なのか、そこら辺はよく分かりませんけれどもw

しかし、この春からの藤井隆の仕事の微増っぷりは何なんだ
オリラジ同様、一時期やたらと司会業をねじ込まれ、重い十字架を背負わせられていた頃が嘘の様だ

>>最近どの時間帯のアニメ作品でも実写のバラエティパートがあるご時世ですし(笑)
マジですか! イヤんなっちゃいますね、まったく。
それだけアニメーションの地位が下落しちったってことでしょうか。切ねぇなあ。

藤井さんの勢いは「あらびき団」での評価かしらん。
他のバラエティを詳しく知らないので、どうも曖昧模糊としております。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。