FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キャン×キャン inエンタの味方! 爆笑ネタBEST10』

キャン×キャン in エンタの味方!爆笑ネタBEST10キャン×キャン in エンタの味方!爆笑ネタBEST10
(2008/07/02)
キャン×キャン

商品詳細を見る

太陽の様なエネルギーを感じる。やたらと笑顔が輝いている。顔がどことなく濃い。いわゆる本土の芸人とは一線を画した世界観を持つ。……これらが、沖縄県出身の芸人に共通する点である。沖縄県出身の芸人は、何かが違うのだ。それは出身地に対する観客の意識だとか、沖縄独特の方言だとか、そういう低レベルな言葉で表せるものではない。ただ、とにかく何か違うオーラを感じさせるのだ。

沖縄県にあるお笑い団体「オリジン」に所属していた経験のあるキャン×キャンもまた、他の漫才師とは一線を画したオーラを持っている漫才師だ。

キャン×キャンの漫才設定は、「新婚の夫婦」「芸人を志す息子と父」「陸上選手とインタビュアー」など、オーソドックスなものが多い。それ故か、導入部分は非常に口当たりが良い。しかし、彼らの漫才は決してオーソドックスなものではない。オーソドックスな漫才とは、ちょっと違う路線を進んでいるような漫才を、彼らは見せる。その、オーソドックスとのズレの理由を、とりあえず“沖縄”というところに見出しているのだが、どうだろうか。

そんなキャン×キャンが初めて発売した単独DVD『キャン×キャン inエンタの味方! 爆笑ネタBEST10』。毎週、三組の若手芸人がテーマに沿ったネタを披露する番組『エンタの味方!』の中で、彼らが披露してきた19本の漫才の中から、ファンが選んだ10本の漫才を拾い出し、ランキング形式で収録している。

個人的にオススメするのは『ときめき』。夫婦生活に憧れる玉城に実際の夫婦生活を長浜が教えるという漫才だが、「UG=ユニット玄関」「嬉しくてウレションしちゃった」「四コママンガ「ほのぼのインダスクン」」など、とにかく長浜のナンセンスなボケが素晴らしい。

ただ、本作に収録されている漫才の出来は、正直なところバラついている。特に番組後期に披露された漫才は、長浜の発想よりも玉城のことをイジるだけのものもあり、なかなか辛い。ランクインしている漫才も、その多くが番組初期の作品なので、ひょっとしたら番組後期の彼らはネタに悩んでいたのかもしれない。番組で最も安定したネタを提供していた印象のあった彼らだが、こうして一度に観ると、随分と印象も変わるものだなあ……と、なにやらシミジミとしてしまった。

ちなみに、特典映像にはライブで披露した『ボスニア・ヘルツェゴビナ』をテーマにした漫才と、番組で未放送の『オススメ』漫才が収録されている。テーマ自体は悪くないが、使い回しのギャグの多さが目立つネタだった。やはりネタ枯れか……?

・本編(40分)
『エンタの味方!』で披露した漫才のうち十本を収録。
・特典映像(10分)
『未放送ネタ』(「ボスニア・ヘルツェゴビナ」「オススメ」)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。