FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小原正子に惚れた日

『爆笑レッドカーペット』で、久しぶりにクワバタオハラの漫才を観た。驚いた。正直、将来的にも漫才師としてはつまらないままだろうと踏んでいたのだが、ここまで彼女たちの漫才が改善されているとは思わなかった。

 当時、何が酷かったって、小原正子のツッコミが酷かったのだ。くわばたの妄想言動をまったく止められず、最終的にブチ切れて漫才を終わらせるというスタイルは、目を覆いたくなるほどに酷かった(『エンタの神様』で、このネタを改悪したネタを見たときは、目を覆うどころか、潰したくなったが)。

 しかし、今日の『レッドカーペット』での小原正子は、素晴らしかった。くわばたの妄想を止めない程度のツッコミを挟み込み続け、最後にそれまでの苛立ちを全て詰め込んだハリセンで思いっきりツッコむという、実に美しい漫才だった。これまでに観たクワバタオハラの漫才で持ち上がってきた溜飲が、あの一本の漫才で一気に下がった(ちょっと大袈裟か?)。

 また観たいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは!いつもブログ楽しく読んでます。
小原のつっこみの向上っぷりは凄いなぁと自分もびっくり。自分はちょっと前から爆笑問題のラジオに出ているのを聞いて昔より上手くなってるし面白くなってると思ってましたが。
伊集院光のラジオに出ていたころはつっこみもトークも少し下手とかそういう次元じゃなかったですから(苦笑)

この前小原自身が雑誌で他の女芸人をテレビで見ていて(ハリセンボンとエドはるみだったかな)触発されて、お笑い頑張らなきゃと書いてたので個人的には更なる向上を期待してます。

ただ正直ボケのくわばたの成長はあんまり見えない、とも思ったり(笑)

自分は小原は元々それほど悪くはないと思っていました。
むしろくわばたが中途半端でもう少し吹っ切れなければいけないと思います。
ピン時代は割りと内気なネタをやっていたので、今のキャラに合わないのかもしれませんが。

くわばたさんについては、ああいう類いのボケをやっているという時点で、ちょっと見切りをつけてしまっているのですが。こちらもちょっとずつ妄想に拍車が掛かってきている気がします。いや、気がするだけなので、本当に拍車が掛かっているかどうかは分かりませんが。そこまでしっかりとクワバタオハラに興味もありませんでしたし(笑)

ただ、小原さんが成長している(ように見える)ということは、同時にくわばたさんも何かしらの成長を果たす(果たさなくてはならない)ことになってしまうでしょうね。そうじゃないと、コンビのバランスが悪くなってしまいますから。上手くやれば、関東の女性漫才師としてリード出来るポジションになるかも…そういえば、関東の若手で注目されている女流漫才師、あんまりいない気が…。

>ピン時代
個人的には、漫才の時に演じているキャラクターよりも、ピン時代のコントの方が面白かった印象があります。もう、何年も前に「芸腕グランプリ」で観たときの印象なので、確実なものではありませんが。

そのこともあって、このクワバタオハラの漫才師としての技術アップぶりは、なかなか感慨深いものがありました。ショートじゃないネタも観たいですねェ。
プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。