スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛び込むスピード

初めて、彼らの音楽を聴いたのは、確かBSで放送されていた「オーガスタキャンプ」での、『少年花火』だったと思う。比較的、楽曲に対してこだわりを持っているタイプのミュージシャンが多いオーガスタにおいて、彼らはそのやぶれかぶれで繊細な言葉を武器にしていた。一目で、惚れた。

その後、彼らがデビューシングルを発表したという話を耳にした。タイトルは『自殺志願者が線路に飛び込むスピード』。その、あまりにも衝撃的なタイトルに、思わず目を疑った。実際に聴いてみると、とてつもなく激しい憤りと熱情に満ちていて、再び惚れた。アルバムはCCCDだったので買わなかったけれど、このシングルだけで、彼らの他に類を見ない存在感を理解することは出来た。

あれから、六年が経過した。色々なことがあった。コマーシャルに彼らの楽曲が使用されたり、ボーカルの竹原が映画に主演したり、オフィスオーガスタを離れたり、ラジオで松本人志がエールを送ったり。本当に、色々なことがあった。そんな2009年。僕は、最新のアルバム『野狐禅』はまだ買っていなかったけれど、まだまだ野狐禅というミュージシャンのことを見守っていくことを止めようとは思っていなかった。それなのに。

野狐禅はホームページ上で解散を表明した。理由についてもホームページに書かれているらしいのだが、今は読む気になれない。そんな余裕がない。悲しいとかいうことではなく、切ないということでもなく、ただ、とにかく残念だという気持ちでいっぱいである。さようなら、野狐禅。また会う日まで。



純粋に、好きな曲。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

菅家しのぶ

Author:菅家しのぶ
お笑いDVDコレクター。2014年5月からコンテンツリーグ発行のフリーペーパー『SHOW COM(ショーコン)』で名盤DVDレビュー「神宮前四丁目視聴覚室」を連載中。

連絡用メールアドレス
loxonin1000mg@yahoo.co.jp

Twitterアカウント
https://twitter.com/Sugaya03

検索フォーム
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。